第30回小田原尊徳マラソン体験談(2017年3月12日ハーフマラソン感想)

2017年3月12日、第30回小田原尊徳マラソン(ハーフマラソン)に出場しました。

スタート時気温7度、しかもほとんど無風ということで、

マラソンには絶好のコンディションでした!!

コースも比較的平坦で、約10キロを2周する心理的負担もない非常に走りやすいコースでした。

実はこのレースは僕にとって初めてのハーフマラソン大会。

だからとにかく”完走”が目標でしたが、それが達成できて非常に良い想い出になりました!!

以下体験談です。

1)小田原アリーナ(小田原市総合文化体育館)到着からハーフマラソンスタートまで

会場はJR小田原駅から乗り換えて小田急小田原線富水駅・蛍田駅から徒歩約13分。

僕が蛍田駅から歩いたときには、小田原尊徳マラソンに出場する選手たちの大行進になっていました。

ただ流れに沿って歩けばいいので楽!(笑)

そして小田原アリーナ前まで来ると、歓迎の旗が並んでいます!!

嫌が追うにもテンションアップします!

第30回小田原尊徳マラソンのスタート近くの旗

そして、スタート地点にやって参りました!

その先に見える建物が小田原アリーナ

第30回小田原尊徳マラソンのスタート地点と小田原アリーナ

小田原アリーナ内は広くて、自由に使える感じ。

体育館の入り口は既に陣取っている人が多いので、少し奥へ。

アリーナの座席に荷物を置き、その隣の席で着替えをすれば良いのでラク!!

寒さをしのげるという意味でも良かった!

ハーフマラソンのスタート時間は9時ちょうど。

開会式は8時10分から。

外の気温が6度、7度と寒いこともあり、開会式は少し見る程度。

ゲストの松野明美さんが、元気いっぱいの挨拶をしていた!

第30回小田原尊徳マラソンの開会式の松野明美さん

真冬のような寒さの中では、スタート何分前に走るまんまの格好になってスタートラインに付くかが問題。

早すぎると凍えるし、遅すぎると後ろの方にしか入れなく遅い人を抜くのに苦労する。

体を温める程度のウオーミングアップ後、約15分前にスタートラインに並んだ。

なるべく前の方に並び、もっぱら抜かれるような状況であれば、前がつかえて走りにくいということはない。

写真は並び始めたところ。

一応、早い人は前のブロックで、そうでない人は後ろのブロックに並ぶように決まっている。

僕は前のブロックではあるが、既に多くの人がいて、スタートまでは30メートルぐらいある。

第30回小田原尊徳マラソンのスタート15分前のスタート地点

並び始めで自分も撮っておく!

僕としてはこのステージに上がれることだけでも幸せ!!

第30回小田原尊徳マラソンのスタート15分前

2)ハーフマラソンスタートからゴールまで

気温は7度と寒い。しかもほぼ無風なので、マラソン日和といえる!

僕としては気温が4度以下であれば手袋が必要だが、7度であれば必要ない。

ラッキー!!!

僕として初めてのハーフマラソン。

だから目標はとにかく完走!

ただしそれなりに練習してきたので、できればだけど100分を切りたい。

コースは小田原アリーナを中心に酒匂川の周りを2周する。

作戦としては1周目は余裕を持って走ること!

つまり前半飛ばしすぎないこと!

9時ちょうどにスタート!!!

実力以上に前の方からスタートしたせいか、凄い勢いで抜かれる!

ただし、抜く人も少なくない。

スタートして1キロぐらいすると、狭いダートコース(舗装されていない土のコース)に入った。

ウッソー!

足下悪いし、狭い道の中でかなりの混雑状態!!

ただそれも長くはなく、すぐに舗装道路になる。

途中住宅街で頻繁にカーブがり、中には鋭角的なカーブもあり少しごちゃごちゃしているところがある。

しかしそれは一定の区間だけなので、全般的にはフラットで走りやすい!!

今日は体が軽く調子が良い!

周りに煽られたせいもあり、途中ラップが異常に早い!!

最初の2キロが8分40秒。

無理のない走りをしているつもりだったが、その後もキロ4分30秒台のペースが続き、

前半の10キロが45分16秒。

これはほぼキロ4分30秒のペースだ!

それまでの練習では考えられないペースなので、ウェアなどが全体的に軽いことと調子が良いことの両方の理由があるだろう!

それほど苦しくないので、これは最終的に100分切れそうに思えた!!

ところが、実際にはそう甘くはなかった!!!

15キロまではペースは落ちたものの、キロ5分以内で走ることができた。

ところが左足を痛めてそれをかばいながら走り出したのをきっかけに足も体も動かなくなった!!(汗)

15キロ以降、ペースは落ちる一方!

まだ6キロもあるので完走も危うくなる始末!

18キロぐらいからはただただ抜かれるだけ!

10人ぐらいの集団に抜かれたときは情けなかった!!(>_<)

最後の1キロは必死でもがいた!!

6分30秒ぐらいかかった。

足の激痛をこらえながら歩を進め、歩くギリギリぐらいまでいった。。。

前半の快調ペースから考えると、最後の6キロは「つぶれた!!

それでもなんとかゴール!!!

感激!!!

体の疲労感とは裏腹に、初ハーフマラソンを悪くないタイムで完走できたことで、最高の気分!!

もちろん自撮り!!(笑)

第30回小田原尊徳マラソンのゴール後

タイムはネットで1時間42分58秒

結果からいうと、前半飛ばしすぎたということ!

まだハーフマラソンを走りきる体力がないのに、調子に乗りすぎた。

それでも前半の貯金によって、キロ5分平均を切ることができたわけで、この結果には満足!!

3)ゴール後、完走証をもらう

ゴール後、小田原アリーナ内に戻り着替えた。

完走証をもらうために長蛇の列を並んだのだが、随分待たされた!!

プリンターが5台ぐらいあるのだが、壊れたり不調になったりしたこともあり、

待ち時間にウンザリ!!

ボロボロの体にこれは体にこたえる!(>_<)

やっと入手した完走証がコレ!

第30回小田原尊徳マラソンの完走証

全年代の優勝者は1時間10分を切っており、レベル高い!!

各年代の表彰式も次々と行われていた!!

僕が入っている50歳代男子での表彰式には熱い視線を送った!

「いずれは僕もこうして表彰されたいな~」と。(^_^)v

下記は今回のトップクラスの選手の結果。

第30回小田原尊徳マラソンの結果

最後ボロボロになったとはいえ死力を尽くすことができた!

そのうえで、良いタイムも出た!!

ペースを上手に調整すれば100分切れる感触も得た!!

走りやすい良いコース!!

また出場します!!!(^^)/

追伸)

このときは次は100分切れるはずと思っていたが、その後8月になってもさっぱり切れず。

4月と5月に1回ずつハーフマラソンを走ったが、どちらも気温27度の中だったことでまともに勝負できず。

その後夏場に入っても走ったが、やはりすべて23度以上で良いコンディションでは走れていない。

結果として、2,3月が一番早かったというなんとも残念なものとなった~~。。(T_T)

終わり

スポンサーリンク