第19回 関東マスターズロード選手権の体験記(2017年6月4日ハーフマラソンの感想)

2017年6月4日、第19回 関東マスターズロード選手権のハーフマラソンに参加しました。

その体験記(感想)です。

結果からいうと、コースは良かったが暑かった!!

記録快適な真面目な大会。

公園内ということもあり、応援などほとんどありませんが、公認コースでもあり、記録を目指すのであれば良い大会なのではないでしょうか。

参加者のレベルも高く、同じ年齢層でさえ平均以下のタイム(1時間50分46秒)でした。。。(T_T)

ちなみに、募集要項の「参加料等」に記載されているのは下記でした。

(入園料込)マスターズ会員 4,000 円、一般 4,500 円、学生 3,800 円 弁当 800 円 記録集 1,000 円

それでは順を追って体験記を書きます。

1)国営昭和記念公園到着からスタート前まで

会場は立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園

「国営」というところに目が行きますね。

この大会を検討するまで、こんな素晴らしい公園があるとは知りませんでした。

広さ165.3ヘクタール!

以前はアメリカ軍基地で、それが1977年に日本に返還されたものらしい。

だからこれだけ広大で自然に恵まれた土地として残ったのでしょう。

最寄りの駅はJR青梅線・西立川駅

駅のすぐ目の前にあります。

駅から公園入り口方向の写真。入り口までが広く長い!

国営昭和記念公園入り口

晴れてすがすがしい!!

公園内に入ると、簡単な案内版があったが、その後の案内に乏しく少し迷った。

写真は途中の池。ボートがたくさんあります。

国営昭和記念公園入り口内の池

池を回り込んだら、レストランとたくさんの椅子があります。

深い緑と水に囲まれて素晴らしい公園です!!「国営」ならではですね!

国営昭和記念公園入り口内

さて、公園入り口から10分ぐらい歩いて、大会会場に着きました。

「東京マスターズ陸上競技大会」と書かれた横断幕が掲げられており、

「本格的~~~!!」(^o^)

第19回 関東マスターズロード選手権横断幕

大会名は「関東マスターズロード選手権」なはずだが、「陸上競技大会」などと書かれると身が引き締まります!

広い野原の奥に大会本部のテントがあります。

第19回 関東マスターズロード選手権会場

受付を終えて、さーーヤルゾ!!と自撮り!(*^_^*)

芳川の自撮り

開会式の様子。

第19回 関東マスターズロード選手権開会式

開会式では宣誓もありました。

第19回 関東マスターズロード選手権開会式2

開会式が開かれた広場横の並木道。

ここがハーフマラソンのスタート地点。

日陰になっていて気持ちいいです!!

第19回 関東マスターズロード選手権スタート地点

5キロと10キロのスタートはハーフマラソンの1時間ほど前なので、それまでに5キロ、10キロ出場者はレースを終えている。

ゴールは開会式が開かれた野原。

野原と表現したが、地図上では「陸上競技場」となっている。

しかし雑草が足首まではえている野原といって良い状態の「陸上競技場」だ。

ここに入ってくると特に上位の人は、会場放送でゼッケンと居住地、名前が呼ばれ、なんだかヒーロー(ヒロイン)気分が味わえるようだ!

ハーフマラソンの出場者は全部で300名ぐらい。

2)ハーフマラソンのスタートからゴールまで

スタートは11時

6月でこの時間帯は暑くなって厳しい~~!

特にこの日は快晴なので、早朝は涼しくてもその後気温がぐんぐん上がる!

だいたい26度

それでも高い木々が多いので、日陰が多いことに期待しよう。

コースは1周5キロを約4周

箱根駅伝の予選会が開かれるコースの一部だとのこと。

スターーート!!!

みんな早い!!

出場年齢層は高いが走り慣れている人ばかりな感じ。

僕は後半つぶれないように自重して慎重な走り。。

とはいってもやはり周りに影響されたのだろう。結構良いペースだ。

最初の1周(5キロ)は23分ちょうど。(キロ4分36秒平均)

上の写真のようにスタート地点は気持ち良い日陰だったが、その後はほとんど日向だった。

木陰に期待しすぎた。。木陰は全体の1割程度だろう。

だから直射日光が厳しい~。

そのためみんな、道路の左右にある日陰を求めて左右に走るような状態。(^_^;)

給水は1周に2回。あまり冷えた水ではないものの、火照った身体には救いになる!!

少し飲んだ後、残りを頭からかぶる。

帽子のツバからポタポタ落ちるしずくが冷たく感じられ気持ちいい。

起伏は以外とあった

決して平坦なコースとはいえない。

2キロ近くほぼ登りばかりというところがあり、元気なうちはあまり気にならないが、

疲れてくると身体にこたえる。。。

2周目(6~10キロ区間)はキロ4分52秒平均に落ちた。

ただこれぐらいまでは計算内。これから頑張れれば自己ベストも夢じゃない。

ところがやはり甘かった!

走り込みの足りない僕にとって、この登りが厳しかった。。

3周目(11~15キロ区間)はキロ5分14秒平均まで落ち込んだ。

キロ5分33秒かかった区間もあった。

3周目でこれでは最後の4周目も思いやられるというもの。。。

案の定、16~21キロはボロボロ。。キロ平均6分3秒。

19-20キロ地点の登りでは暑さと疲労、そして登りの筋力が残っていなく、歩いた。

この1キロは7分32秒かかった。(T_T)

ゴールの「陸上競技場」に入ってきて、名前が呼ばれるかと思ったが何もなかった。。

やはり上位ではない証拠。

それでも、ここを最後の力をふりしぼって、

ほぼ1周して、、、

ゴーーール!!!

3)ハーフマラソンゴール後

ゴール後、すぐに受付で、記録証が発行された。

タイムは1時間50分46秒。

僕としてはこの暑さ、このコースという環境ではまずまず。

ところが後で調べてみると、平均より下位だった!

しかもそれが50~54歳という年齢層の中での話!!(^_^;)

このタイムで同一年齢層で下位とはやはり異常にレベルが高いと言える!!

ちなみにランネットで公開した男性全年齢のハーフマラソン平均タイムは2時間8分12秒だ。

もらった記録証。

第19回 関東マスターズロード選手権芳川の記録証

あと、スタート前にもらった参加賞のTシャツ。

Mizunoと入っているし、デザイン的に気に入った!!(^o^)

練習で使える!!

第19回 関東マスターズロード選手権参加賞のTシャツ

帰りに公園内のレストランでお食事。

まだあまり食欲ないが、休みたかった。

レストランの席から池を臨む景色。

あ~、心が和む!

ただし、カツカレーを頼んだが正直マズかった。。。(笑)

昭和記念公園内の食堂

遊ぶには最高の環境!

走るには暑すぎ(笑)

昭和記念公園内の食堂からの景色

後日、茅ヶ崎での練習で参加賞のTシャツを着た。

イーーー感じ!!

第19回 関東マスターズロード選手権参加賞のTシャツ自撮り

以上です。

その後、同じ大会に出場した多くの感想を読みましたが、暑さや起伏が大変だったという感想が少なかった!

参加者レベルが高いとはいえ、僕はまだまだ修行が足りないということだろう。

もっともっと早くなったら、リベンジで出場したい!!

参考サイト:

東京マスターズ陸上競技連盟ホームページ

終わり

スポンサーリンク