第42回サンスポ千葉マリンマラソンの感想、体験談(2018年1月21日ハーフマラソンレビュー)

第42回サンスポ千葉マリンマラソン送付物

2018年1月21日(日)、第42回サンスポ千葉マリンマラソンのハーフマラソンに出場しました。

他の種目は10キロと2キロがあります。

当日は快晴、微風(2m)、気温スタート時7度の絶好のコンディション!!

コースも走りやすいフラットなコース

同じコースを走るのに陸連登録者にだけ公認コースという、ちょっと変わった規則。

ゲストには高橋尚子さん、ダンカン、千葉ロッテマリーンズの佐々木千隼選手の3名が来て、トークショーなどを開催して楽しい雰囲気で始まりました。

僕にとっては良い大会に思えましたが、実はこの大会には大きなトラブルがありました。「最低・最悪の大会」と表する人が少なくありません。

最も大きな問題がハーフの制限時間が2時間45分と明記していたにも関わらず、2時間30分程度で終了して失格扱いにしたこと。

これは決して許されませんね。。

さらに後方の人には紙コップが切れたため、手をコップ代わりにしてペットボトルの水を飲んだとのこと。

これもビックリです!

Qちゃんが、ハイタッチなどで孤軍奮闘していただけに、至極残念なことです。

僕のレース的なこことをいうと、「完走できただけ良しとするか」という程度の不本意な走り。足が悪く練習できないので仕方ありません。。(^_^;)

それでは、順を追って解説します。

1)事前送付物

下記が大会の約3週間前の12月31日に送られてきた手引きやゼッケン、計測チップなど。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン送付物

やはり事前送付に限ります!当日受付に並んで必要なものをもらってからゼッケンやチップを付けるなどナンセンス。。

その面ではいいのだけけど・・・。これが手荷物預かりの用紙。

手荷物預かり用紙

細かい書き方を見ながら自分でゼッケン番号を書かなくてはならない!!

なんじゃこれはーーー!!(^_^;)

1)会場到着まで

会場への最寄り駅はJR京葉線、海浜幕張駅。そこから徒歩15分。

それ以外に、JR総武線、京成地番線、幕張本郷駅から専用シャトルバス20分(有料)

僕は新木場駅から京葉線に乗って、海浜幕張駅へ。

開会式が8時30分に始まるのに、7時40分に到着とかなり早い。それでも駅はマラソン客でいっぱい!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン海浜幕張駅

人の流れに沿って南口を出ます。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン海浜幕張駅

ここは千葉ロッテマリーンズの本拠地球場、ZOZOマリンスタジアムがあるところ。

だから駅前にマスコットキャラクターなどのオブジェがあります!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン海浜幕張駅南口

海浜幕張駅の前。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン海浜幕張駅南口

海に向かって歩いて行きます。人の流れがあるので間違いようがありません。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン海浜幕張駅南口

左に見えたのは、アパホテル東京ベイ幕張。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン海浜幕張駅南口

さらに海に向かっていく。幕張海浜公園が見えてきました。ここが会場。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン幕張海浜公園

右にZOZOマリンスタジアムが見えました。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン幕張海浜公園ZOZOマリンスタジアム

この大会は毎回、この球場を使用していたのですが、今回は大規模改修工事のために使用できず。そのため横の幕張海浜公園を使用することになりました。

3)会場到着からスタートまで

プログラム配布所。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンプログラム配布

だだっ広い会場!今日は15000人余りの参加!この公園があるからこそできること!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場

会場案内図。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場案内図

青いのがステージ。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場ステージ

既に屋台が開いています。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場出店

トイレ。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場トイレ

逆側から見たトイレ。手前が大小兼用。左側が男性の小用。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場トイレ

手荷物預かり所。1回200円の有料。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン会場荷物預かり所

シャトルバスもそうだが、こういうものは無料でやって欲しいもの。

僕は預けるのを止めた。

折角あらかじめ荷物預かり用紙に番号を書いたのが無駄になった!!

本来、預けるのは面倒な作業。だから持ってくるお金は最低限の金額だけにして預けない方が便利。もちろん盗まれるリスクはあるが、多くの人がやっていることなので、大丈夫というヨミだ。

男子更衣室。僕は全て外で行ったので使わなかった。晴れで温かい恩恵だ!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン男子更衣室

僕が着替えた場所からの風景。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン幕張海浜公園

8時30分に開会式始まる。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン開会式

高橋尚子さんが登場!話しっぷりが流ちょうだしやはり明るくていい!!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン開会式高橋尚子さん

以前、このコースで1時間8分台の自己ベストを出したのだと。

女性で8分台・・・・。さすがオリンピック金メダリストで国民栄誉賞!!別格!!(^o^)

第42回サンスポ千葉マリンマラソン開会式高橋尚子さん

その後、千葉ロッテの佐々木選手とダンカンとトークショー。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン開会式高橋尚子さんダンカントークショー

楽しくて良いのではないでしょうか。

途中でハーフマラソンのスタート位置がなかり遠いことが分かり、場所を移動。この丘の中腹辺りであれば、盗まれにくいでしょう!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン風景

その中腹からみた景色。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン風景

スタート40分前にトイレに行くも長い行列!結局10分待ってできた。

第42回サンスポ千葉マリンマラソントイレの行列

大はもっと長い!

第42回サンスポ千葉マリンマラソントイレの行列

スタート20分前になったので、スタート位置に走って移動。

これがアップ代わり。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート前

スタート近くのトイレ。こっちの方が空いていた。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート前トイレ

「ハーフマラソンスタート地点」と書かれているアドバルーン。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート前アドバルーン

どんな遠くからでも見えるので、これは良いアイデア!!

10キロのスタート地点にも上がっていた。

整列はゼッケン最初のアルファベットがAの人が先頭で順にB,C,D・・・と並ぶ。なんとVまである!僕はE。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート前整列

1ブロック600人なので、僕の前のDまでに2,400人近くいることになる。

自撮り。今日は「稲取キンメマラソン」でもらったキンメTシャツ。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート前自撮り

燃える赤が、青空に映える!!(^_^)v

僕が整列した位置。Eの中でも中間ぐらい。右にアドバルーンが見えます。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート5分前

スタート5分前の自撮り!

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート5分前

4)スタートからゴールまで

スターーート!!!

 

スタート直後。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート直後

スタート(合図)6分後

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート直後

スタート10分後には美浜大橋から右側に東京湾が見えてきました。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート直後

このコースはフラットなため、この橋だけが唯一のアップダウン。

といっても、標高の違いは7m程度だから知れています。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンスタート直後

6キロ地点。折り返してきてトップグループのランナーです。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン6キロ地点

第42回サンスポ千葉マリンマラソン6キロ地点

10キロ地点。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン10キロ地点

中間地点であり折り返し地点が見えてきました。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン10キロ折り返し地点

12キロ地点。やや向かい風。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン13キロ地点

14キロから17キロまでは稲毛海浜公園を走ります。

ここは1ヶ月前の12月24日、走った場所。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン稲毛海浜公園

そのときとはほとんど逆流(笑)

第42回サンスポ千葉マリンマラソン稲毛海浜公園

給水は7.5キロ、12キロ、16キロ地点の計3カ所と少ない。

いくら冬とはいえ、前半はまともな直射日光を浴びるためすぐに暑くなることもあり、もう1カ所は必要だと思う。

特に最初のポイントが7.5キロというのは遅すぎる。

あまり給水を必要としない僕ですら待ち遠しかった。

それと用意されているのがほとんど水だけだったのには驚いた。

このレベルの大会でスポーツドリンクも用意するのが当たり前だろう。

水だけだとカリウム不足で選手に問題が起こる可能性がある。

その上冒頭に話したように、途中でコップ切れを起こす大失態があったのだから、運営者には猛省が必要だ。

 

ここで僕のレース解説を手短にします。

最初の作戦は終盤までは死んだふり(ペースを抑える)をして、16キロから本気で走るというもの。

結果として最後まで死んだ状態でした!(笑)

前半抑える走りはできたと思う。しかし体力が衰えているせいか、16キロ地点でエンジンをかけようとしてもかからず。

それどころか、19キロでの下りで持病が発生。

吐き気をもよおし10秒ほど止まる。ゆっくり走り出してしばらくして元通りになるのだが、後のペースアップを考慮して30秒ぐらいのロスだろう。

最終的に、最近は連続して100分を切っていたがそれも切れなかった。

5)ゴールから帰路に着くまで

なにはともあれ、、、

ゴーーール!!!

 

まずは、それなりのペースで完走できたことを喜ばなくては!!(^_^)v

ゴール直後振り返ったところ。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンゴール直後

すぐにドリンクサービス。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンゴール直後ドリンクサービス

アクエリアスのペットボトルをもらった。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンゴール直後ドリンクサービス

ただし珍しい大きさの300ml。ちょっとせこいのでは?

通常の500mlになぜしないのか。。(^_^;)

次に参加賞のシューズケースをもらう。

ドリンクとシューズケースをパシャリ!

第42回サンスポ千葉マリンマラソンゴール直後完走参加賞

シューズケースを袋から出してみる。結構大きいが、あまり使わないな~~。。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンシューズケース

計測チップの回収場所の1つ。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンゴール直後チップ回収

レース後の自撮り!右奥に見えるのが、ZOZOマリンスタジアム。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンゴール直後自撮り

完走証はこの場では出ないのが残念!

1週間後にネットからダウンロードできるというが、他の多くの大会と比べて遅いな~。。

速報値で僕のタイムはネットで1時間42分ぐらい。

左足ふくらはぎの故障だけでなく、全体的におかしくなっているようだ。

来週の藤沢マラソンは欠場しよう!(笑)

 

この大会は「公認」と「一般」に分かれている。

「陸連登録」と「陸連未登録」ということだろう。

これは男子ハーフ「公認」の表彰式。ダンカンが司会です。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン表彰式

第42回サンスポ千葉マリンマラソン表彰式

これは女子ハーフ「公認」の表彰式。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン表彰式

第42回サンスポ千葉マリンマラソン表彰式

お腹が空いたので、屋台で「肉うどん」(600円)を食べる。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン肉うどん

ウマイ。(^o^)

屋台に行列が出来はじめています。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン屋台

仮装表彰などのない大会なので、仮装している人は少なめだった。

しかしこんな気合い入っている集団もいた!(*^_^*)

仮装

生ビールのジョッキと泡を表しているのだろう。お疲れ様!!(^o^)

記録掲示板。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン記録掲示板

帰路に着く。歩道橋を登り会場を撮影。

第42回サンスポ千葉マリンマラソン帰り

会場は広すぎて1枚で全体を撮れない。

これは逆側の景色。

第42回サンスポ千葉マリンマラソンZOZOマリンスタジアム

まだランナーが走っている。ところがなぜかみんな歩道を走っている!

第42回サンスポ千葉マリンマラソン帰り

当然僕がゴールするときは車道を走ってきたのに。。。

時間は12時26分。スタートから2時間36分しか経っていない。

制限時間は2時間45分(多分グロス)。

このとき理解できなかったが、出場者のレビューを読んで理由が分かった。

冒頭に書いたように制限時間前にゴールを締め切って失格者扱いにされていたまさにそのときの写真だ!!

「制限時間内だ」とホッとして帰ってきたらゴールがない!

係員に理由を聞くと、「締め切った」という返事。当然計測もされていない。。。。(>_<)

過ぎてしまったことはどうしようもないが、著しい不利益を被った人には、何らかの救済策や真摯な謝罪が必要だろう。

 

 

 

 

 

 

第19回ハイテクハーフマラソンの感想、体験談(2018年1月14日レビュー)

第19回ハイテクハーフマラソンゴール地点

2018年1月14日、第19回ハイテクハーフマラソンのハーフに出場しました。

やはり1万人規模の大会になると華やかですね。

マラソン自体はもちろん、それ以外でも楽しめました!

ゲストが多く、ステージでは歌謡ショウなども行われたし、出店もたくさん出ていました。

天気は快晴スタート時4度風が4mとやや強くて、これは多少タイムに影響しそう。

コースはフラットで1回折り返すだけの非常に良いタイムが出やすいコース。そしてなんと言っても陸連公認コース!

また、この大会の参加者限定で、事前クリニックが昨年11月に東京神保町行われました。講義とランニングがあるのですが、僕は講義だけ参加しました。

ゼッケンや資料は事前に送られてきました。

ハイテクハーフマラソンの送付資料

大会の2週間以上前の12月29日に到着。

それでは、順を追って解説します。

1)会場到着まで

最寄り駅はJR赤羽駅

僕の住む茅ヶ崎からは、湘南新宿ラインでも上野東京ラインでも直行で行けます。

どちらで行っても1時間10分程度。

だから非常に便利です。

赤羽駅東口を出ます。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅

そして左を曲がると「一番街」が見えます。ここを通り抜けます。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅

時間は8時24分。歩いている大部分は大会参加者でしょう。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅前

一番街は5分程度で終わります。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅一番街

一番街を出たら右折して真っ直ぐ行けば荒川に着きます。参加者の行列です。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅から会場へ

新荒川大橋に着きました。会場はこの左の方なのでこの橋の下をくぐらなくてはなりません。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅から会場へ

荒川河川敷に降ります。

第19回ハイテクハーフマラソン赤羽駅から会場へ

降りたら左に曲がって橋をくぐります。

第19回ハイテクハーフマラソン荒川河川敷

2)会場到着からスタートまで

すぐに会場のテントが見えてきます。1番手前にたくさんのトイレが見えます。

第19回ハイテクハーフマラソン荒川河川敷会場

トイレの先には子供の遊ぶ施設「キッズランド」があります。ここまで用意するとはスゴイ!!

第19回ハイテクハーフマラソン荒川河川敷会場

飲食系の出店が並んでいます。

第19回ハイテクハーフマラソン荒川河川敷会場屋台

もうすぐ9時スタートの2ペアマラソンが始まるので既に体操を行っています。

第19回ハイテクハーフマラソン体操

ここがすべての距離のゴール地点。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール

救護所も大がかりで、消防士などスタッフがたくさんいます。

第19回ハイテクハーフマラソン救護室

手前が女性用更衣室。向こうの青テントが男性用。

第19回ハイテクハーフマラソン更衣室

1番奥の方にあるトイレ。手前男性用、真ん中男女兼用、向こうが女性用。

第19回ハイテクハーフマラソントイレ

9時のペアマラソンスタート後、9時20分に3キロマラソンのスタートです。

第19回ハイテクハーフマラソン3キロスタート

スタートしました!

第19回ハイテクハーフマラソン3キロスタート

ハーフマラソンはウェーブスタートといって6組に分かれます。

10時、10時15分、10時30分の3回に分かれ、それぞれ上流コースと下流コースがあります。上流コースは文字通り最初上流に向かって走って戻ってくる。下流コースはその逆。

コース図(ハイテクハーフマラソンHP:http://www.hi-sports.com/half/access.html)

僕は10時15分スタートの上流コース

これは僕にとって嬉しいこと。前半がわずかとはいえ登りで後半下りなのと、前半が向かい風で後半追い風。疲れる後半が楽の方が断然いい!!(^o^)

9時20分が過ぎるとトイレに急に長蛇の列ができた!100mぐらいある。

第19回ハイテクハーフマラソントイレの行列

列が長いのは、男子用と男女兼用。ほとんど列がないのが女性用。男性と比べて女性の参加者が圧倒的に少ないのに、同じぐらいの数のトイレを用意しているからこうなる。

後で調べたら完走者数は男子5741人、女性1459人。割合でいうと8:2。トイレは5:5(笑)

僕は会場の外のすぐ近くにあるトイレへ。列は短いがトイレ数が少ないので15分ぐらい待っただろう。

第19回ハイテクハーフマラソントイレの行列

実は右に男性用2つと、左の扉に男女兼用のトイレがあったのに、途中まで誰も左のトイレを使っていなかった。ある人がみんなを追い越してそこに入っていって分かった!

計測用タグが独特!紙製のタグを両足に付けなくてはなりません。

第19回ハイテクハーフマラソン計測タグ

しかもつぶれてもいけないし、円が小さくてもいけないというデリケートなもの。常に何かに引っかかって破れないかと気が気でない。返却しなくて良いというメリットはあるものの、存在が気になるし、かっこ悪いので止めて欲しい。。。普通のタグのようが良い。

今日は帽子なしのサングラスで走る。頭が涼しいほうが良い。

第19回ハイテクハーフマラソン自撮り

恒例のスタート5分前の自撮り。

第19回ハイテクハーフマラソン自撮り

寒さを押して20分前から並んだので良い位置取りができた。スタートラインが近い。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート

3)スタートからゴールまで

スターーート!!!

 

スタート前後の1分。有馬記念の出走のようなファンファーレが流れます!(笑)

スタート直後

第19回ハイテクハーフマラソンスタート直後

1キロ地点。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート直後

4キロ地点。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート4キロ

5キロの給水地点。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート4キロ

給水所は5キロに1回、スポドリと水があります。

6キロ地点。1キロごとにこのような看板が出ていて分かりやすい。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート6キロ

7キロ地点。10時にスタートした第1ウェーブの選手が向かって走っています。たまたまなのですが、右の紺色のランナーはゲストの松本翔選手

第19回ハイテクハーフマラソンスタート6キロ

東大出身最強ランナーと言われる人。今回の結果は1時間6分24秒で6位でした。

7.5キロ地点。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート7キロ

8キロ地点。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート8キロ

9キロ地点。水門の上を渡ります。

第19回ハイテクハーフマラソンスタート9キロ

ここまでずっと向かい風でしたが、この区間は突風のような向かい風でした!

この写真の先のバスが止まっているところが折り返し地点で10.5キロです。

第19回ハイテクハーフマラソン折り返し地点

ここで僕のレース解説をします。

まずハーフマラソン練習を始めて1年あまりの間で最も長引くケガをしており、今回も走れる確信がない中での会場入り。ただ先週も同じような症状の中15キロ走れたので、今回も完走できるはずという希望的観測。

目標は高い方が良いということで、今回の目標は1時間35分。

ちょうどキロ4分30秒平均。コース、気温ともに絶好の条件なので、不可能ではないと思いました。レース展開は最初の6キロを今までで1番手を抜いて、6キロ地点、11キロ地点、16キロ地点の3段階でペースを早めるという上級者クラスの目標を立てました。

誤算だったのが風が強いこと。天気予報では秒速4mですが、河川敷なのでもっと吹いていたように思います。その風向きによってペースが変わるので計算通りにはいくわけがありませんでした。

最初の6キロがキロ平均4分39秒

7~11キロが4分43秒。ただしトップ向かい風区間があったことが影響しています。

12~16キロが4分31秒。見事に思えるかもしれませんが、これは追い風が強かったことが大きい。

17~21キロが4分40秒。この区間は横風が多く意外にもあまり追い風がなかった。

結局は風に大きく影響を受けてしまい、わけが分からなくなった。

ただ言えるのは後半が明らかな追い風でありながら、あまりペースアップできなかった。

やはり思惑通りにはいかない!

15キロ地点。

第19回ハイテクハーフマラソン15キロ地点

足の故障がずっと突っ張った状態で違和感があったが、最後の5キロぐらいからは消えた。

とにかく大事に至らず最後まで走れることに感謝!!

4)ゴールから帰路に着くまで

今回は最後に体力が残っていなく、ラスト100mのダッシュすらできなく、、、

ゴーーール!!!

 

自分の時計で自己ベストの1時間37分よりかかっていることを確認。

すぐに記録証が出ないのが残念!

すぐにホットボディタオルを手渡される。これは温かくてありがたい!

次にスポーツ飲料をもらう。

その2つをパシャリ!

第19回ハイテクハーフマラソンゴール後ホットタオルとドリンク

次はバナナ!!1本まんまもらえる!(^o^)ありがたい!!

第19回ハイテクハーフマラソンゴール後バナナ

振り返ったところ。ペットボトルがたくさん置いてあります。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール後

バナナの次は完走Tシャツ配布所。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール後Tシャツ配布

そのTシャツとともにランチパックももらった!!

第19回ハイテクハーフマラソン参加賞Tシャツとパン

天気が良く、少しは温かくなっているので、屋外で着替え。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール後休憩と着替え

荷物受け渡し所で荷物を受け取る。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール後荷物置き場

まだレースは続いています。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール地点

ゴール30m前の曲がり角。上流と下流コースがゴールで一緒になります。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール地点

これがゴール。左の高い所にいる人がMC。色々励ましてくれます。

第19回ハイテクハーフマラソンゴール地点

もうお昼でお腹空いた!!もらったドリンクでランチパックを食べる。

第19回ハイテクハーフマラソンのドリンクとランチパック

そういえばどちらもヤマザキだ!感謝!(^_^)

記録掲示板。

第19回ハイテクハーフマラソンの記録掲示板

ゲストの猫ひろしがブースを設けて、猫グッスを販売している。

第19回ハイテクハーフマラソン、猫ひろし

今回の記録は1時間12分26秒の44位。セカンドベストとのこと。

猫ひろしが見えます。グッズを買わないと一緒に写真は撮れないしサインももらえそうにない。敷居高いね。。。(^_^;)

第19回ハイテクハーフマラソン、猫ひろし

塩豚汁(300円)も食べる!

第19回ハイテクハーフマラソン、出店

ゲストの福島和可菜さんの歌謡ショウ。彼女は「女性芸能人マラソン最速」。

第19回ハイテクハーフマラソンのゲスト福島和可菜

今回のハーフも1時間26分28秒で走り、それを終えてから2曲フルで歌った!!スゴイ!!(^_^;)歌もうまいし明るいし、好感持てます!!(^^)/

第19回ハイテクハーフマラソンのゲスト福島和可菜

ステージ上の映像が手前の画面に出ています。

第19回ハイテクハーフマラソンのゲスト福島和可菜

福島和可菜さんの歌謡ステージ中の会場の模様。1分50秒。

表彰式。これは45歳以上男子。

第19回ハイテクハーフマラソンの表彰式

45歳以上女子の表彰式。

第19回ハイテクハーフマラソンの表彰式

今回の大会はなぜか一般の部(44歳以下)と45歳以上の2つに分かれている。

「45歳以上は一般に入らないのか?」とツッコミを入れたくなるが。。(^_^;)

僕としては55歳以上、最低でも50歳以上にして欲しかった!!(^o^)

そもそもこの大会は国内最大級のハーフマラソン大会

だから少なくとも10歳刻みの表彰があるべき!!

10歳刻みのハーフ日本一を決める大会とすれば、さらに盛り上がるはず。

後でネットで確認すると僕のネットタイムは1時間38分33秒

45歳以上の部でグロス順位3291人中566位

男子全体では5741人中1368位。やはり全体レベル高い!

感想としては、しっかり完走できただけ満足!(^^)/

ここ1ヶ月はほとんど練習できず、1~2週に1回のレースにただ出場しているだけ。

これで早くなるはずないし、力を維持できていれば御の字だろう。

まだレセプションは続いているが帰路に着く。

会場全景。

第19回ハイテクハーフマラソン終了

行きにも通った一番街の人気店。右に黄色く見えるウナギ屋。長い行列が出来ています。

第19回ハイテクハーフマラソン一番街

完走Tシャツ。デザイン微妙。。(^_^;)しかも2018年や第19回が入っていない!

第19回ハイテクハーフマラソン完走Tシャツ

背中。「KENSO」とはスポンサーの建築会社の名前。

第19回ハイテクハーフマラソン完走Tシャツ

家に帰って記録証を写真入りで自作。速報値なので全体人数が間違っています。正しくは3291人(完走者)。

ハイテクハーフマラソン記録証

KENSOの存在感がすごいね!(^_^)

 

<まとめ>

色々な意味で楽しめる大会だった!!

荒川河川敷では何度も走っているが、今回ほど走りやすいコースは初めてだ。

舗装状態が良いし、アップダウンも最低限折り返しが1回だけ

これが公認コースなのだからそれだけでも素晴らしい!!

もちろん運営もしっかりしていたし、特にゴール後の流れが非常に良かった

MCや音楽なども大会の盛り上がりに不可欠ですが、それも良かった。

でも改善して欲しい点はいくつかあります。

ゲストが下の写真のようにたくさんいるはずなのに、ほとんど紹介がなかった。

僕はハーフ出場者としては早めに着いたが、スタートするまで全く紹介がなかった。

ゲスト

猫ひろしが来ているのが分かったのは、ゴールしてしばらくしてからだ。

またゲストとの関わりがあまりにもなかった

それぞれ交代で、レース前、レース中、レース後にMCをやるとか、途中や最後にハイタッチをするとか。。。

以前松本翔さんがゲストで出ていた大会では5キロ1周するたびにハイタッチしてくれたものだ。

あと、ゼッケンに付いている抽選券をどこで投票すれば良いのか分からなかった。

説明が足りないと思う。

計測用タグは本文にも書いたが、このかっこ悪いのは止めて欲しいなーーー!

輪の形に気を遣うので、あらかじめ付けて持って行くことができない。

あとはトイレですね。寒風の中15分も立って待つのは辛い!

 

それでも全体的に非常に良い大会!!

またぜひ出場したいです!!(^o^)

 

参考:

第19回ハイテクハーフマラソンホームページ

日本陸連公認、日本最大級のハーフマラソン大会です。記録更新を狙うトップランナーから、初めてマラソン大会に参加する初心者にもやさしいフラットなコースです。

【 ハーフマラソン男⼦ ⼀般の部】結果(速報値)

【 ハーフマラソン男⼦ 45歳以上の部】結果(速報値)

【 ハーフマラソン⼥⼦ ⼀般の部】結果(速報値)

【 ハーフマラソン⼥⼦ 45歳以上の部】結果(速報値)

冬のマラソン大会に良いお勧めのアウトドアジャケット

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

冬のマラソン大会に出場するときに、安心して任せられる防寒ジャケットを持っていますか?

僕はスポーツ用としてちょうど良いのがなかったので、ネットで探した結果、期待以上に良いものが見つかりましたのでご紹介します!!

まず機能が良いわりに安いのが驚き!

そして既に数回着てますが、少々の寒さでは全く問題ありません

先日の早朝は気温1度でしたが、じっとしていても大丈夫でした。(もちろん下半身も温かくしての話ですが)

また何より格好もいいですね!スタイリッシュで気に入っています!(^_^)v

 

これ、アマゾンで買いました。

商品名は長いのですが、、(^_^;)

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート 防水防風 アノラック ウンテンジャケット スキーウェア 登山服

 

商品名に「防水防風」「スキーウェア」「登山服」と書かれているので、どこで着ても間違いないでしょ!!(^o^)平地のマラソン大会ぐらいではもったいないぐらいかも(笑)

あと、「ウンテンジャケット」になっていますが、これ「運転ジャケット」のはずないですよね。。。マウンテンジャケットのはずです!(笑)

色は男女用合わせて8種類ありますが、僕が買ったのは赤。

アマゾンに表示されている写真はこれ↓

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

僕が撮った写真はこれ↓

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

随分色あせてよれよれに見えますが色に関しては光の加減です。

実際は鮮やかな赤です。

また実際にはよれよれではありません。。(^_^;)

僕が撮った方は膨らんでいて幅に余裕があるように見えますし、実際に動きに問題ありません。しかもインナーの生地が体にフィットしているので、ほどよい密着感があります。

後ろから見た写真↓右肩部分のマークが見えるようにフード部分を少しずらして撮りました。

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

暖かいインナーが見えるように前を開いて撮りました。↓この黒いインナーが防寒のポイントでしょう。

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

フード部分。これもかぶるとフィット感抜群!

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

左腕部分のポケット↓デザインもいいですね!

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート

僕が着ている写真も1枚↓谷川真理さんと撮ったもの。あまり見えませんが。。。

谷川真理と撮影

 

色は男性用4種類と女性用4種類。

(ヒラロキ) Hilarocky メンズ レディース アウトドア ジャケット 裏フリース 3in1 コート8種類

左の4つが男性用(Menアーミーグリーン、Menブラック、Menブルー、Menレッド)

右の4つが女性用(Womenパープル、Womenブルー、Womenレッド、Womenロースレッド)

 

僕は身長173cm、体重65kgですが、2XLでちょうど良かったです。まだ十分余裕あるぐらいでもありますが、かといってゆるい感じではありません。

僕が買ったのは5,880円ですが、値段は変わることがあると思います。

あと1つだけ良くない点がありました。

それは送られてきたときに新品の臭いがきついです。ゴムのような臭いです。

ただし、1-2日風通しの良いところにつるしておけば(僕は椅子の背もたれにかけましたが)ほとんど消えます。

アマゾンの販売ページにはたくさんのレビューも掲載されているので、それも参考にされると良いでしょう!!(*^_^*)


https://www.amazon.co.jp/gp/product/B074FS3Y7B/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=osakanagurume-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B074FS3Y7B&linkId=d753fc3cee36fa4e4a3e7a5d3bdd7988

第2回UP RUN綱島鶴見川ウインターマラソン の感想、体験談(2018年1月6日15キロのレビュー)

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン自撮り

2018年1月6日(土)、第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンの15キロに出場しました。

真冬にしては温かい陽気で、楽しむことができました!

走り慣れている早い人が多く、こういう年初からレースに出場する人はやはり違いますね!

今まで河川敷といえば、荒川か多摩川でしたが、鶴見川は今回が初めて。あまり頻繁には開催していませんが、僕のうちから近いこともあり良い選択肢になりました。

種目は30キロ、ハーフ、15キロ、10キロ、5キロがあり、僕はスピード練習を兼ねて15キロに出場。

コースは河川敷の舗装道路の片道2.5キロの周回コース

15キロでは3周です。

常に他のランナーを見ることができるので良い刺激になります。

それでは会場到着から順を追って解説します。

1)会場到着まで

会場の最寄り駅は東急東横線綱島駅。おしゃれな町ですね。

僕が住む茅ヶ崎からは横浜経由で50分ほどで着きます。最も近い会場の1つと言って良いでしょう。

綱島駅東口。

第2回UP RUN綱島鶴見川ウインターマラソン綱島駅

しかも嬉しいことに、会場は綱島駅東口から徒歩4分

途中の信号。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン

あっという間に鶴見川に到着。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン鶴見川到着

下った先に会場のテントが見えます。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン会場

2)受付からスタートまで

この写真は会場から徒歩1分のローソンの前から撮ったもの。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンローソン前から

トイレはないため、ここですることになります。

みんなスタッフにトイレはどこか聞きますが、ここを紹介されます。

それを掲示するのはさすがにはばかられるのでしょうか?

ローソンにとってもお客さんだから容認しているのでしょうね。

ただ渡るときは車の通行量が多いので注意が必要です。

会場受付。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン受付

出場距離ごとに受け付けます。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン受付

今回は全体の参加者が200名あまり。

5,10,ハーフ、30キロがそれぞれ50人程度。

15キロが20人程度とのこと。

受付前の道の来た方向を撮る。右にわずかにローソンが見えます。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン会場前

参加賞はネックウオーマー兼キャップ。今年の冬は特に寒いので使えそう!

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン参加賞

走っていて耳が痛くなることがあるので、このキャップはいい。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン参加賞

左に見える3つのテントが簡易更衣室。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン更衣室

この更衣室の受付の間にブルーシートが敷かれており、僕はそこで着替えて荷物を置きました。貴重品預かりはないので、お金や貴重品は最低限だけにする必要がありますね。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン更衣室

ここがスタート・ゴール地点。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンスタートライン

逆側からの景色。スタートはこの方向で走ります。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンスタートライン

最初のスタートは30キロの10時15分。

30キロ参加者の記念撮影。この後レース説明を受けます。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン30キロ説明

次のスタートはハーフマラソンで10時30分。

その記念撮影。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンハーフマラソン記念撮影

30キロ(6周)のスタート。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン30キロスタート

記録会的な大会ですが、かなりガチ真剣なのが分かると思います。^^

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン30キロスタート

次にハーフマラソン(4周+α)のスタート。距離調整のため最初に100mあまりを往復してから4周することになります。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンハーフマラソンスタート

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンハーフマラソンスタート

次に15キロ、10キロ、5キロが一緒に11時スタート。

撮影会、レース説明、そして体操です。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロ体操

スタート地点に折り返し用コーンが置かれています。道幅が狭いのでしっかり減速しなくてはなりません。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン折り返し

給水ポイントはこのスタート地点と、コースの折り返し2.5キロポイントの2カ所にあるので十分です。水とスポーツドリンクがあります。

いよいよ15キロのスタート。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン自撮り

ゼッケンの最初の数字で出場種目が分かるので、走っている間に確認できます。

最初の文字が僕と同じ8の人が15キロ出場者です。

恒例のスタート5分前の自撮り。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン自撮り

先にスタートしたランナーが折り返しています。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンスタートライン

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンスタートライン

実は僕は足を痛めていて、今回が完全なる故障上がり。

2週間の間まともに走っていないうえ、まだ違和感あり。

今まで痛めた事がない左足の膝裏下部。

来週以降に重要なレースが目白押しということもあって、今回棄権するかどうか迷っている中での参加。

ただアップで走った感じではとりあえずスタートできそう!

下記がコース図。

引用:UPRUNホームページhttp://up-run.jp/6975/

3)スタートからゴールまで

気温8度の晴れ、風速1mの絶好のコンディションの中、

スターーーート!!

15キロスタート前後の38秒。

スタート直後。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロスタート直後

5キロ、10キロ出場者も一緒なので、強烈に早い人も多い!

1キロ地点の下り坂。上から下の道に降ります。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロスタート直後下り

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロスタート直後下り

少しすると今度はS字の登りがあり。鋭角的に2回曲がることになります。

この写真、分かりやすいですね。黒い人が左に曲がって登っています。その後右に曲がって上の土手を走っているのが赤い人です。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロスタート1キロ地点

前に見える橋を渡ります。橋に入るときと出るときで狭い道を直角に曲がることになります。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロスタート1キロ地点

向かって走ってくるランナーがいるし、自転車も走っているので危ないこともあります。

2.5キロの折り返し地点。給水ポイントが見えます。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロ2.5キロ給水地点

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロ2.5キロ給水地点

この後、スマホが作動しなくなり写真撮れず。。

電池が切れた模様。

コースは基本フラットですが、1周に登り2回、下り2回あり

それと狭い道幅での折り返し2回と直角の曲がり4回、鋭角な曲がり4回があるので、河川敷としては変化に富んでいる。言い方を変えると良いタイムが出にくいコースだ。早く走れる人ほどタイムロスは大きいでしょう。

僕のレース解説をします。

ケガをこじらせないことが優先なので、目標タイムなし。

1,2周は流して走って、最後の1周が1番早くなるように走るプラン。

1週目、流しているつもりだが、その割に息が荒い。ブランクが長いせいだろう。

1週目はキロ4分40秒ペース

1週終わるところで棄権するかどうか少し迷った。これだけ走れたのだから無理する必要はない。ただケガというのは走っていて悪くならないこともあれば逆に良くなることもある。

だからとりあえず継続。

順位を期待したが、早々と圧倒的に早い人が前に2人いるのが分かり優勝は断念。

2週目はキロ4分44秒ペース

ここでも棄権を考えたが、過去17レースで一度も棄権していないこともあり、また減速しなければならないほど悪いわけでもないので、継続!!

3週目はペースを上げてスタート。11ー13キロまでは想定していた良い走りができていた。ところが13キロ地点のちょっとした下りで首の付け根に痛みが走り立ち止まってしまった。

この症状は以前からたまにあるもので、首の後ろの付け根左側が一瞬痛みが走ると同時に吐き気をもよおし体の力が抜けてしまというもの。昨年のレースでも一度同じ症状で立ち止まった。

気を付けていれば大丈夫なのだが、今回は足の故障に気を取られケアしていなかった。

ただし、重症ではないのですぐにゆっくりと走り出し、ほどなく良いペースに戻すことができました。ロスは30秒ぐらいか。。。

3周目はこんなトラブルがありながらキロ4分31秒ペースで走れた!!

1,2週目は手の抜きすぎか!?(^_^;)

4)ゴールから帰路に着くまで

棄権するどころか、スピードをめいっぱい上げて歓喜(^_^)vの、、

ゴーーール!!!

直後水を渡してもらった。ありがたい。

ブルーシートの上の着替えていると、わざわざ完走証を渡しに来てくれた。

完走証。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン15キロ完走証

タイム1時間9分36秒。(キロ平均4分38秒)

14人中4位

1周目の途中で1人に抜かれて、その人が見事なビルドアップ走法で2週目途中からぐんぐんと置いて行かれた。3周目に差を詰められるかと思ったが甘かった。

だから4位は分かっていた。15キロにしてはレベル高い!(^_^;)

ゴール地点を後ろから撮る。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンゴール

タイムの計時はゼッケンの下部に着いている銀色の部分に計測器を当てることによって計れるというもの。その計時を行っているところ。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンゴール

ゴール後のお菓子が充実している!!(^o^)/

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンゴールのお菓子

ありがたくいただく!!

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソンゴールのお菓子

とにかく完走できて良かった!!

足もスタート前と比べて悪くなっていない。

タイムも上出来!

最後に喜びの自撮り!!(*^_^*)

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン完走後の自撮り

会場全景。

第2回UP RUN(アップラン)綱島鶴見川ウインターマラソン会場全景

<まとめ>

僕にとって嬉しい収穫が2つあった。

1つは故障が治り走れる目処がたったこと。

もう1つはうちから1時間圏内に気楽に出場できる大会があるのが分かったこと。

練習としては十分だ。

それに気温8-10度で日差しが温かい中、走っている間も走り終わってからも非常に気持ちの良い環境で走れた。

改善点としては、やはりトイレはコンビニを利用しなくてはならないことだろう。

利用するために礼儀として何か買わなくてはならないと思う。

そうなると有料利用といういことになってしまう。

簡易トイレ2台欲しいところ。

あとスタート地点で道を完全にふさいでしまうので、一般の人が困惑することがあった。

道を空けるように明確な指示をするべきだろう。

UP RUNの大会出場はこれが3回目だが、運営は概ねしっかりしているし、対応もにこやか丁寧で好感持てる。

 

スタッフの働きぶりや心遣いはマル!感謝!

またぜひ参加したい!!

 

P.S.

大会6日後の1月12日にホームページで参加者全員の記録発表と写真掲載があった。

http://up-run.jp/wp-content/themes/UP_RUN/kekka/300106kekka1.pdf

参考:

UP RUNホームページ

http://up-run.jp/6975/

第1回谷川真理クリスマスマラソンの感想、体験記(2017年12月24日稲毛海浜公園)

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン谷川真理さんと2ショット

2017年12月24日(日)、第1回谷川真理クリスマスマラソンのハーフマラソンの部に出場しました。

会場は千葉市の稲毛海浜公園のフラットな5キロ周回コース。

第1回ということで、かなりグダグダなところもありましたが、楽しい大会でした!

 

気温は8~10度で曇り、風速は2mぐらいなので、コンディションとしては最高に近いと言って良いでしょう。

僕もベストタイムを出すことができました!(*^_^*)

それでは順を追って解説します。

1)事前送付物と会場到着まで

最初にメールで連絡があったのが6日前の12月18日。

「ギリギリまで人数調整をしたため発送作業が大変遅れている」との趣旨。

確かに1週間前まで募集を行っていた。

結局郵送物が到着したのは、2日前の22日。

第1回谷川真理クリスマスマラソン事前送付物

これではほとんどの人が不安になりますね。

ただ最悪届かなくても、当日会場ですべてできるようにするとのことでした。

 

会場の最寄り駅はJR京葉線稲毛海岸駅、次がJR総武線稲毛駅

僕の住む茅ヶ崎からは東海道線から横須賀線・君津行きに乗り換えるのがベスト。

今回は戸塚駅乗り換えが良かった。これで約1時間40分。

稲毛駅西口

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛駅

バス停2番に並んで会場の稲毛海浜公園行きを待つ。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛駅バス停

ただその先の1番の方が先に来たのでそれに乗る。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛駅バス停

バス停稲毛海浜公園到着!

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園バス停

バス停から海の方向へ歩く。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園バス停

ここが海浜公園入り口。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園

右を見ると走るのに良い道路。やはりここを走ることになる。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園

左を見ても同様。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園

さらに海方向へ。既に海と砂浜が見えます。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園

突き当たりを右に曲がって300mぐらい歩くと会場です。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園

第1回谷川真理クリスマスマラソン会場

2)会場到着からスタートまで

到着が8時55分。ハーフマラソンの受付に並んだ。

第1回谷川真理クリスマスマラソン受付

あまり長い列ではなかったが、段取りが悪く随分時間がかかった。

受付人数が足りないのと、渡すものが手元に用意されていないので、

1つ1つダンボールを探して渡していたからだ。

開会式の予定が9時ちょうどだったが、9時10分頃始まった。

第1回谷川真理クリスマスマラソン受付

向かって右側が大会名の冠にもなっている谷川真理さん。昔の女子長距離会のスターです。

第1回谷川真理クリスマスマラソン開会式

調べたら僕と同期の55歳だった!(^o^)

開会式の動画。約2分。

開会式を観衆の後ろから撮影。

第1回谷川真理クリスマスマラソン開会式

開会式をステージの後ろから撮影。

第1回谷川真理クリスマスマラソン開会式

手前が救護所。左の青い屋根のテントが男性用更衣室、右の赤い屋根のテントが女性用更衣室。

第1回谷川真理クリスマスマラソン更衣室

更衣室が空いていて良かった!!

時間的にハーフマラソン出場者しか入ってこなかったからだろう。

手前がジュースやハーブティーなどが有料で出されている。奥が荷物置き場。

第1回谷川真理クリスマスマラソン荷物預かり所

仮設トイレは全くない。スタッフに聞いて200mぐらい先に公衆トイレがあるのが分かった。

第1回谷川真理クリスマスマラソントイレ

最初の種目であるフルマラソンのスタートは9時30分。

ハーフマラソンは10時ちょうど。

フルの体操が始まりました。時間はもう9時半間近。

第1回谷川真理クリスマスマラソン体操

第1回谷川真理クリスマスマラソン体操

フルマラソンとフル駅伝のスタート地点。

第1回谷川真理クリスマスマラソンフルマラソンスタート

結局9時33分頃にようやくスタート!こんなのあり?(^_^;)

第1回谷川真理クリスマスマラソンフルマラソンスタート

今回の大会は難民支援のためのチャリティを兼ねている。

その証として青いクリスマス帽子と白いヒゲが配られた。

今回は帽子をかぶらないつもりだったが、折角もらったので、いただいた帽子をかぶって走ることにした!ヒゲはさすがに・・・。(^_^;)

第1回谷川真理クリスマスマラソン自撮り

真ん中のピンクの帽子の女性がゲストランナーの中野陽子さん

第1回谷川真理クリスマスマラソン中野陽子さん82歳

御年82歳で世界記録を6つ持っていると!!

フルマラソンは71歳から初めて、ベストは4時間7分!!(-_-)

恒例のスタート5分前に自撮り!

第1回谷川真理クリスマスマラソン自撮り

3)スタートからゴールまで

スターーート!!!

 

スタート前後の22秒動画。

参加人数が少ないこともあり、先頭に近いところからスタート。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート

最初に距離の調整のためにコースを逆走して往復約1キロを走ってから4周回る。

スタート5分後。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート

スタート1キロ地点。再びスタート地点に戻ってきた。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート6分後

スタート2キロ地点。海沿いの長い直線が続きます。右側が東京湾。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート10分後

スタート4キロ地点。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート4キロ地点

スタート5キロ地点。国道沿いの直線が続きます。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート5キロ地点

1週目の終盤の給水所。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート給水所

毎回「頑張ってくださーい!」の声援をいただきました。

2週目の途中に見えた広場で凧揚げをやっている模様。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン9キロ地点

途中のクネクネ回る区間。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン10キロ地点

このコースは海沿いの直線が1番長く走りやすいし、逆側の国道もほとんど直線。ただ、公園内を走る1.5キロぐらいの区間は曲がりや折り返しが多い。

11キロ地点。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンスタート11キロ地点

2周目の終了地点。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン2周目終了地点

公園内給水地点。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン14キロ給水

14キロ地点。曲がりの多い区間です。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン14キロ給水

ここで僕のレース解説をします。

3週間前の湘南国際マラソンの最初の21キロが99分だったので、ハーフだけを走るのであれば97分は出るはずとの考えから、今回の目標は97分

開会式で谷川さんが「最後の1周が1番早いように走るのがベストになりやすい」と言っていたことを実行しようと決意。

だからあくまで最初の3周では”頑張らない”。

今回はその作戦が成功した!!

最後の5キロに余裕があったので、明らかにペースを上げることができたし、最後に快走できるというのは気持ちいいもの!!

途中計時に関して、僕の時計の記録はおかしかったが、後日大会本部から発表があって良かった!!

 

1番最後を参照してください。

あとはっきり分かったことだが、途中公園内の曲がりの多い区間では明らかにタイムが落ちていた。概ね15秒ぐらい。

1.5キロの間に10回以上曲がりがある。

このタイムロスがかなり大きい!

・・・・・ということはまだタイムに伸びしろがあるということだ!(^_^)v

あとポーチのチャックが壊れていたために、スマホを最初から最後まで持ったまま走った!

持っている方の手は冷たくてしょうがないので、頻繁に持ち替えた。

なんとかなるものだ。(^_^;)

 

4)ゴールから帰路に着くまで

ゴーーール!!!

すぐに電光掲示板がある。リアルタイムでばっちり出ている!

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンゴール後掲示版

僕は1時間37分ちょっとでヤッホー!!!(^_^)v

狙い通りの自己ベスト!!

振り返ったところ。右のスタッフの女性がキビキビと案内してくれます。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンゴール直後

今回は計測チップは足に巻き付けるタイプ。これを回収。

「お疲れ様でした!」とねぎらってもらい記念品をもらう。

達成感で1番嬉しいとき!

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンゴール後記念品

もらった入浴剤。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンゴール後記念品

すぐに完走証をもらう。ゴール後1分もかかっていない!!

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソンゴール後完走証受け取り

うれしい完走証。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン完走証

1時間37分16秒。

順位も期待したのだがそれは甘かった。年代別(50歳代)5位。

表彰は3位まで。

やはり90分を切らねば!

あとエントリー人数又は出走者人数を記載して欲しかった。

それがないと何人中の結果なのかが分からず評価のしようがない。

 

あと驚いたのがドリンクがない!あるのは有料の飲み物だけ!

これ、あり得ない!!(-_-)

持っていたゼリーを食べてしのいだ。。。

会場逆側からの全景。サンタの置物が最も目立たないところにある(笑)

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン会場全景

今回このサンタ帽子をかぶって走ったが、折角だからヒゲも付けてみる。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン自撮り

なかなかよくできたヒゲだ!!(笑)

谷川真理さんも中野陽子さんもハーフマラソンを走ったはずだが、僕の後ろだったので走っているところは見ていない。

ただ終盤で谷川真理さんが逆走して「しっかり自分のペースで走ってください!」と応援してくれた。

谷川真理さんに撮影の列が出来ていたので僕も自撮りで撮らせてもらう。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン谷川真理さんと2ショット

自己ベストだったことを言うと。「おめでとうございます!!」と祝福してくれた。この左手もそれを表してくれたと思う。(^_^)v

大会はまだまだ続きます。

12時30分に5キロ、10キロのスタート。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン5キロ、10キロスタート

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン5キロ、10キロスタート

ペアマラソン5キロのスタート。

第1回谷川真理クリスマスマラソンハーフマラソン5キロペアスタート

他にファミリーラン(親子の部)もあり。

13時30分から表彰式があり閉会は16時。さらに公園のヨットハーバーにあるカフェ「vesupucci(ベスプチ)」でクリスマスパーティーがある。

僕は帰路に着く。

稲毛海岸の浜。この独特の屋根が懐かしい!!

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海岸

結構ここが好きで若い頃数回来た。20年ぶりぐらいだろう。

千葉市中心方面。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海岸

大会で走っている人が見えます。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海岸

フラワーミュージアム。

第1回谷川真理クリスマスマラソンフラワーミュージアム

公園の出口。スタッフが案内と交通整理をしています。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園出口

ここを手前方向に4回直進しました。(*^_^*)

そしてこの道です。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園出口

出口から1分でバス停があります。

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園バス停

バスから見えた大会走者。がんばれーーー!!(^o^)

第1回谷川真理クリスマスマラソン稲毛海浜公園バス

参加賞のTシャツ。

第1回谷川真理クリスマスマラソン参加賞Tシャツ

 

<まとめ>

第1回ということを差し引いても改善点は数多くある。

スタート、ゴール地点のドリンクがないのは最悪だし、仮設トイレもない。

開会式やスタート時間が遅れているのに時間の訂正も謝罪もなく進行している。

最初の受付の段取りが悪く無駄に時間がかかった。

荷物置き場が狭すぎて乱雑に積み重ねるだけ。引き取り時には誰もおらずフリーに持って行ける状態。

コース途中の誘導員が少ないうえ、指示が不明確な人が多い。もっと赤い指示棒を持つなどしてはっきりと示して欲しい。実際に1回迷って数メートル戻ってしまった!

ハーフスタート時にコース一杯に人であふれ、フルの人が走ってきたときに走路がないなど、走者への配慮がないことが多かった。

MCはトイレや着替えの場所、種目ごとスタート地点や走る方向など様々な必要事項を案内するべき。

大会前の案内が遅かった。ゼッケンやチップも事前送付にして欲しい。

参加賞Tシャツの「Tanigawa」が「Tanjigawa」になっている。。(^_^;)

 

これらのようなグダグダがありましたが、明るい谷川真理さんやコースの良さのおかげで楽しめました!

自己ベストも出たし良い想い出になりました!!

特に今年から始めたハーフマラソンの年内最終レースがこのような形で終われてハッピー!!(^o^)

 

 

終わり

参考:

第1回谷川真理クリスマスマラソンホームページ

P.S

大会翌日の25日の夜には結果発表のメールがありました。非常に明確に掲載されており、これはいい!!

http://japan-sca.or.jp/pdf/result_171224.pdf

これによると、ハーフ男子優勝者は1時間7分13秒。全体完走者99人。

50歳代の男子優勝者は1時間32分8秒(全体10位)。完走者32人。DNF(途中棄権者)2名。DNS(スタートしなかった)7名。

さらに28日には、ラップタイムの発表がありました。

それによると僕のラップは次のように明らかに4周目が1番早い結果でした!(^^)/

カッコ内がラップタイム。

折り返し地点4:52 (4:52)、1周27:49 (22:57) 、2周51:11 (23:22)、3周 1:14:44 (23:33) 、4周1:37:16 (22:32)

キロ平均1周目4:35、2周目4:40、3周目4:43、4周目4:30。

僕の計時がおかしかったのでスッキリした!!(^_^)v

 

第12回かさま(笠間)陶芸の里ハーフマラソン大会の感想、体験記(2017年12月17日レビュー)

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会表彰式吉田香織さん

<約4,400文字:一般完読時間7分>

2017年12月17日(日)、第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会に出場しました。

さすがに日本のマラソン100選に選ばれたことがあるだけの大会!

コースは陸連公認コースなので、運営、応援、コースなど全てが良かったです!!

 

当日は晴れ時々曇りの好天に恵まれましたが、かなり寒かったです。

ハーフマラソンのスタート時10:40の気温は6度。最高気温が9度でした。

さらに風も比較的強く、平均4mほどあったので、走っている最中でも向かい風を浴びると寒く感じるほどでした。

 

僕個人としては、思っていたよりはるかに起伏のあるコースでした。高低図を見ると20m程度の高さが3カ所程度になっていますが体感的にはもっと大変に感じました。

普段から平坦なコースで練習をして、平坦なコースを選んで大会に出場していることが1番の原因かもしれません。。(^_^;)

そのうえ、向かい風になると完全にペースが落ちるほどの強風だったことでも苦戦しました。

 

それでも色々な面で楽しめました!!

では、順を追って解説します!

1)かさま陶芸の里ハーフマラソン本部(笠間芸術の森公園)到着まで

大会当日の12日前に、下記郵送物が届きました。

かさま陶芸の里ハーフマラソンの事前郵送物

プログラムとゼッケン、継続チップなどです。

事前送付してもらえると、ゼッケン、チップともに事前に装着して臨めるので絶対これに限ります!

会場は茨城県笠間市。

無料シャトルバスは笠間駅と友部駅から出ています。

茅ヶ崎からだと東京や上野経由で常磐線友部駅が便利。

ただ当日出発だと、茅ヶ崎駅を朝4時台の電車に乗らなくてはならない。

この冬の寒空に避けたいことなので、上野で前泊することにした。

おかげで当日朝は、6時頃の電車でも少々早すぎるぐらいでした。

常磐線水戸行きに乗車。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン常磐線

各駅停車なので、1時間40分ほどかかって友部駅に到着!

改札の向こうの左側に案内の人がいます。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン友部駅

外に出るとすぐに無料シャトルバスが待っています。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン無料シャトルバス

ちなみに友部駅から会場まで約20分。これが笠間駅からだと約10分

運転手が途中道を間違えたりで(笑)少し時間がかかって、両方の意味で汗をかきかき到着!!(^o^)

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン無料シャトルバス

2)会場到着からスタートまで

会場は笠間市芸術の森公園。その名の通り様々なオブジェが置いてある。そして広大で魅力的な公園です。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン笠間芸術の森公園

来た道を振り返ったところ。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン笠間芸術の森公園

屋台もたくさん出ています。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン会場

ここは参加賞引き替え所。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン参加賞受け取り

既に長蛇の列です。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン参加賞受け取り

参加賞は評判の良い笠間焼きの湯飲み。それといなり寿司がもらえるとあってすぐに欲しがる人多数!^^

レースが終わった後でも引き替えられるので、一旦諦める。

事前送付物に入っていた内容。コース図と高低図。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソンコース略図

この高低図から見ると平坦に近いコースのように見えるがドッコイ!

タイムスケジュール。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会タイムスケジュール

会場に到着して最初に感じたのが、小中学生が多いということ!

出場が推奨なのか強制なのか、多分半強制じゃないかと思うが大勢の小中学生の出場者がいた。おかげで凄く活気があって良かった!

この大会はハーフ以外に5キロ、3キロ、2キロがあります。

手前が男子更衣室。奥が女子更衣室。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会更衣室

このときの気温は3度程度なので、なるべく更衣室内にとどまりたい!

8時40分に開会式が始まる。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会開会式

ステージがほとんど高くなっていないのが独特!

開会式を学生の後ろから撮る。大人と違って真面目!(笑)

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会開会式

開会式を見ている人たちを撮る。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会開会式

開会式を裏側から撮る。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会開会式

ゲストランナーで笠間特別観光大使であるNEVA GIVE UPも紹介された。

招待選手の吉田香織さんはハーフマラソンのスタートまでには到着するとのこと。

開会式は20分程度で終了。

まだハーフマラソンスタートまで1時間40分もある。

この寒さの中、これはキツイ。ここはもっと短縮して欲しい。

再び男子更衣室へ。ただしほとんど一杯。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会男子更衣室

高いところから撮った会場。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会会場全景

参加賞引き替え所の行列がほぼ無くなったので引き替えた!

これがいなり寿司。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会いなり寿司

レース後に食べたが、くるみやごまが入っていて美味い!!

ただ、日持ちのためだろうかだいぶ酸っぱかった。

これが参加賞の笠間焼きの湯飲み。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会参加賞湯飲み

簡単に空けられないので、帰ってからのお楽しみ!

参加賞とともにもらったプログラム。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会プログラム

スタート30分前の10時10分に荷物を預けることにする。

左側の列でゼッケンナンバーの付いた大袋を渡され、そこにすべての荷物を入れ、正面の列に並ぶ。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会荷物置き場

これは2度手間

ゼッケンシールと大袋を事前に送っておけば、このような2度手間にならない。

寒風の中、走るまんまの格好で並ぶのだからキツイよ!!(^_^;)

これが荷物置き場。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会荷物置き場

ここからスタート地点までがまた遠い。

徒歩5分なので、快適な気温ならどってことはないのだが。。。

走ってスタート地点へ。

スタート直前の自撮り。今日は寒いので帽子なし。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会自撮り

今日の一大ポイントはシューズ!アシックスの新商品、ターサージール6

笠間ハーフマラソンシューズ

まだ練習で1回はいただけだが、そのときの感触が凄く良かったので今日大抜擢!^^

色もいい~!!!^^

今放送されている「陸王」にあやかって「無敵」にしようかとも思ったが、どこでも売り切れのようだ。。

スタートの整列は20分前からで、タイムが1時間15分以内、1時間30分以内、1時間45分以内、2時間以内などと細かく分かれているので、スムーズだった。

僕は1時間45分以内の場所に並んだ。

スタート10分前。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会スタート地点

スタート5分前の自撮り!

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会スタート地点

3)スタートからゴールまで

10時40分、

スターーート!!!

 

スタート前後の50秒動画。

スタート直後。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会スタート直後

スタート3分後。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会スタート直後

1キロ地点。この先下りになっています。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会スタート1キロ地点

2キロ地点。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会スタート2キロ地点

1キロごとにこのような案内版がきっちりと掲げてあって素晴らしい!

日本3大稲荷神社の1つと言われる笠間稲荷神社の前。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会笠間稲荷神社前

鳥居と和太鼓の応援を振り返ってパシャリ!

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会笠間稲荷神社前

この通りは商店街で賑やか!!

途中何度も和太鼓の応援があってありがたい!

声援も多く温かい大会だ!

3キロ地点。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース前半

5キロ地点。遠くで右に曲がって走っている列が見えます。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース前半

のどかな田園風景!

その右に曲がったところ。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース前半

向かい風が強くてちょっとキツイ。

9キロ地点。第1折り返しのすぐ後。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース前半

前に見えるサンタのように仮装している人も多かった。

今回は仮装している人で早い人が多かった。

全身青レンジャーの人なんか、僕よりはるか先を走っていた。。(^_^;)

14キロ地点。左のレーンに見える青色のマットは折り返してきた人の15キロのチェックポイント。ここでチップが測定される。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース後半

5キロごとに敷かれており、これが途中計時に反映される。

友部駅手前。右の遠くに見えるのが友部駅。ここで折り返す。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース後半

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会レース後半

僕のレース解説をします。

2週間前の湘南国際マラソンのフルの最初の21キロが1時間39分でした。

全く飛ばしている意識がない中でのものなので、僕としては絶好調。

だから今回は条件さえ整えば1時間37分は出ると思っていた。

ところが結果として1時間40分かかった。。

理由としてはやはり坂と4mぐらいの風だろう。

どちらも明らかに影響があった。

最初の5キロがキロ平均4分47秒という非常に遅い入り。

坂と風の影響が大きいので、各区間のペースを言ってもしょうがないのだが、ここまで遅かったのはちょっと驚き。

5~10キロが平均4分42秒。

11~15キロも4分42秒。

16~20キロが4分45秒。

あれれ!素晴らしきイーブンペース!(笑)

特に友部駅を折り返してからの最後の7キロはほとんど向かい風で非常に厳しかった!

18,19キロ付近はキロ5分台まで落ちた。

多分その前の7キロは追い風だったのだろうが、強風の場合はマイナスの方が大きい。

さらに最後の1キロを切ってからの登りもラストスパートの気合いがそがれるぐらいの過酷なものだった。(^_^;)

それでも大きなタイムの落ち込みになっていないのは、成長の証か!?^^

こうして、

 

ゴーーール!!!

4)ゴールから帰路に着くまで

最後まで諦めず必死で走ったがゴール後時計を見て、意外と時間がかかっていたことで残念!

まず計測チップを自分で外さなくてはならない。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会ゴール後

僕は座り込んで行った!(^o^)チップとバンドを箱の中へ。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会ゴール後

すぐに証明書がもらえるという!!

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会ゴール後

チップはまだ箱の中なのになぜ???

今まで誤解していたようだ。チップを機械にでも入れてデータを取り込むと思っていたが、何もしなくてもゴールした時点で分かるんだね!!(^o^)

改めてスゴイ!!

これがゴール後1分でもらった完走証!!

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会完走証

5キロごとの通過タイムが出ているのが特長ですね。

ネットタイム1時間40分12秒

種目順位501人中69位。

すぐに水とスポーツドリンク、そして温かいコーンスープを飲みに行く。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会コーンスープ

特にコーンスープが心と体に浸みる!!

憩いと充実のとき。バナナも自由に食べられて嬉しい!

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会コーンスープ

既に表彰式が始まっている。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会表彰式

39歳以下女子ハーフマラソンの表彰式。1位と2位の選手が見えます。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会表彰式

その撮影会。手を挙げている人がゲストランナーの吉田香織さん。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会表彰式吉田香織さん

前列左から1位、2位、3位、4位。

40歳以上女子の表彰式。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会表彰式

速報板もあり。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会速報版

男子ハーフ50~59歳で69位に僕の名前あり。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会速報版

そのトップランク。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会速報版

トップは1時間20分7秒。50歳以上だとだいたいこれぐらいだ。

1時間30分ちょうどだったら21位。

僕はまだまだ。。。(^_^;)

出店がたくさんあり。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会屋台

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会屋台

お腹が空いたので茨城の食と書いてある「のっけ盛りやきそば」を食う。

ロースポーク入りで美味しかったが、少ししょっぱかった。。

ゴール直後は気がつかなかったが、地元で製造されたチョコとまんじゅうも振る舞われていた。そこに長蛇の列で既に遅し。。。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会お菓子支給

帰りは来たときと同じ無料シャトルバスで友部駅まで行く。

ここで20分間立つことになりきつかった!

でも常磐線ではちょうど特急があり、上野までゆっくり座れて良かった!!

参加賞の笠間焼きの湯飲み茶碗を空ける。

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会参加賞湯飲み

味わいがあっていい~~!!(^o^)

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会参加賞湯飲み

これは使おう!!

 

<まとめ>

運営がしっかりしており、最初から最後まで余計なストレスなく楽しめた!!

市民やスタッフの応援が多くありがたかった。

笠間市の街中から田園広がる郊外まで堪能した。(^_^)v

往復コースが2回あり、向かって来るランナーを見るのは刺激になる。

何より陸連公認コースというのが素晴らしい。

最初に渡された高低表は縮尺が小さいので平坦にしか思えないが実際には厳しい起伏がある。(日本のマラソンの平均レベルかもしれないが)

茅ヶ崎から片道3時間以上かかり、少し遠いのだけが難だが、またぜひ参加したい!!

 

参考:

第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会ホームページ

2017年12月17日(日)茨城県笠間芸術の森公園で開催される、第12回かさま陶芸の里ハーフマラソン大会の公式サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧いただけます。

大会翌日の18日(月)には、結果が反映されていました。

また3日後の20日(水)には、「ランフォト」という写真入りの記録証を自分で作成する方法が送られてきました。ゴール地点での何枚かの写真から選ぶことができます。無料だしこれはいい!!(^_^)v

僕が作成したのはコレ↓

ランフォト記録証

 

終わり

 

第12回湘南国際マラソンの感想、体験談(2017年12月3日)

第12回湘南国際マラソンメイン会場

2017年12月3日(日)、第12回湘南国際マラソンのフルマラソンに出場しました!

その感想と体験記を記します!

天気は快晴、微風で富士山もくっきり!気温はスタート時9度(最高15度)いう絶好のコンディション。

コースはほとんどフラットなうえ、直線コースが続き2回の折り返しがあるだけの最高といって良いコース。

さすがになかなか予約が取れない人気大会。

運営もスタッフも素晴らしく、本当に良い大会でした!!

ただし僕個人でいうと、初めてのフルマラソンということもあり後半はあり得ないほどのボロボロ!!いや、セオリー通りと言っても良いのかもしれません。

ハーフマラソンの経験がほとんど役に立ちませんでした。。。

それではたくさん撮った写真と動画を利用して、詳しい感想と体験談を順を追って解説します!

1)送付物と事前準備

事前送付物は2回に分けられて届きました。

1回目は参加賞Tシャツ。

2回目はプログラム、ゼッケン、計測チップなど。

左がプログラム、右がゼッケンと計測チップ。

第12回湘南国際マラソンパンフレット

ゼッケンに書かれている[B]というのは目標タイムに合わせたスタート時の整列の順番。

A~Gまであり、僕は前から2番目ということ。

参加賞Tシャツ。前。

第12回湘南国際マラソン参加賞Tシャツ

後。

第12回湘南国際マラソン参加賞Tシャツ

まず最初に思ったのが「なぜ横しま?」

今まで続いていた湘南国際マラソンTシャツのデザインが完全に変わりました。

生地も薄くなってしまいました。

 

マラソン前日には、僕のユニフォームにゼッケンを付けました。

第12回湘南国際マラソンユニフォーム

あまり寒くはないのでノースリーブで!!

シューズに計測チップを装着!

第12回湘南国際マラソンシューズ

シューズは陸王でもR2でもなく・・・虎走(笑)

2)会場到着からスタート前まで

最寄り駅は、JR大磯駅又は二宮駅

僕が住む茅ヶ崎からはそれぞれ2駅と3駅先だけの近さ。

6時15分のに乗ろうとしたら、6時8分の湘南国際マラソン用臨時列車が出ていてラッキー。

それが茅ヶ崎駅に到着したところ。

第12回湘南国際茅ヶ崎駅

この時間だとまだ空いています。

プログラムに書かれていたお勧めの空いている駅は二宮駅なので、そこまで乗りました。

二宮駅構内に無料シャトルバス乗り場への案内があります。

第12回湘南国際マラソン二宮駅

二宮駅を出ると早くも長蛇の列。

第12回湘南国際マラソン二宮駅

住宅街をぐるっと大きく回ります。

第12回湘南国際マラソン二宮駅

大きく1周して再び駅前へ。だいたい20分ぐらいで乗れました。

第12回湘南国際マラソン二宮駅

無料シャトルバスで、会場の大磯プリンスホテル駐車場に到着!

第12回湘南国際マラソン無料シャトルバス

快晴で富士山も綺麗に見えます!

第12回湘南国際マラソン富士山

会場へは徒歩5分ぐらい歩きます。

第12回湘南国際マラソン大磯プリンスホテル

会場に到着したところで、大勢が撮影しており、何かと思ったら富士山!

いい~~眺めです!(^_^)v

第12回湘南国際マラソン大磯プリンスホテル

太平洋相模湾が見えてきました!

第12回湘南国際マラソンメイン会場

フィニッシュ(ゴール)地点。

第12回湘南国際マラソンメイン会場

第12回湘南国際マラソンメイン会場

仮設トイレ。

第12回湘南国際マラソン仮設トイレ

中からカギをかけるとランプがつくし、作りも普通の仮設トイレより高級なもの。

屋台が並んでいます。

第12回湘南国際マラソン屋台

大磯プリンスホテルのプールのある高台からメイン会場を撮る。

第12回湘南国際マラソンメイン会場

その後ろを振り返って、プールと海を撮る。

第12回湘南国際マラソンメイン会場

青空だとプールも綺麗に見えます!

第12回湘南国際マラソンメイン会場

7時45分から開会式が始まりました。

第12回湘南国際マラソン開会式

有名人としては河野大会名誉会長(外務大臣)千葉真子さん

河野外務大臣は以前から湘南国際マラソンの名誉会長でしたが、まさか外務大臣になって忙しい中来られるとは思いませんでした。

河野外務大臣の挨拶。

第12回湘南国際マラソン開会式

広大な荷物置き場。

第12回湘南国際マラソン荷物置き場

ゼッケンの末尾番号ごとのテントに行かなくてはならない。

1から順に並んでおり、僕は6だったということもありかなり遠く感じた。

スタート整列は1時間前からということだが、僕は指定されたBブロックに30分前に並んだ。

第12回湘南国際マラソンスタート整列

・・・が、一旦並んでからやはり直前に済ませた方が良いと思いすぐ近くにあるトイレへ。

そしてトイレが終わった8時45分にはもう列が移動していて「急いで下さい!もう進みました!」のアナウンスあり。

急いで走ったが間に合わず、後ろのCブロックの中に入ってしまった!

この辺り、あらかじめ何時に進むと教えて欲しかった。

Cブロックの中で、スタート地点まで走ってます!^^

第12回湘南国際マラソンスタート整列

8時55分にスタート式。

Cブロックでは、遠くにスタート地点が見えるのですが、かすかに音が聞こえるだけ。

スタート5分前の恒例の自撮り!右奥の富士山が綺麗!

第12回湘南国際マラソンスタート整列

3)スタートからゴールまで

9時にスターーート!!!

 

スタート前後の4分間動画。スタート地点には河野大会名誉顧問、千葉真子、そしてトレンディーエンジェルの2人がいます!

スタート直後の西湘バイパス上。

第12回湘南国際マラソンスタート

第12回湘南国際マラソンスタート直後

スタート2キロ地点。早くBの中に入りたいという気持ちで端っこからどんどん抜いていきます。

第12回湘南国際マラソン2キロ地点

6.6キロの第2給水ポイント動画。13秒。

7キロ地点。相模川を渡る湘南大橋。

第12回湘南国際マラソン7キロ地点

10キロ地点。茅ヶ崎市内。

第12回湘南国際マラソン10キロ地点

18キロ地点。藤沢の江ノ島近くまで来ました。

第12回湘南国際マラソン18キロ地点

19キロの第1折り返し地点。江ノ島入り口。

第12回湘南国際マラソン第1折り返し地点江ノ島

第12回湘南国際マラソン第一折り返し

第1折り返し地点(江ノ島入り口)のコマ送り動画。16秒。

20キロ地点。沿道の応援も奇抜なのが多いです!着ぐるみや大型パネル、パフォーマンスなど。

第12回湘南国際マラソン20キロ地点

優雅なダンスで応援してくれています!みんな走るのを見ないでダンスを見てますね~(^_^;)

第12回湘南国際マラソン20キロ地点ダンス応援

20キロ地点。折り返し前のランナーがたくさん見えます。

第12回湘南国際マラソン20キロ地点

25キロ地点。富士山が綺麗です。

第12回湘南国際マラソン25キロ地点

右側に最後方の伴走者がいます。

第12回湘南国際マラソン25キロ地点

これまでは比較的順調だったが、28キロ地点で足に異変が起こり、歩き出す

しばらく歩いて再び走り出すも2~300mでまた限界が来て歩き出す。

そんな感じの繰り返し。

最初は比較的健康な方の左足が痛かったが、かばって走るので結局両足が痛くなる!

しかも足の根元から足裏まで全体が痛いという経験のない事態。

もう1歩1歩に激痛が走る始末!(T_T)

32キロ地点の給水ポイント。振り返って撮影。平塚市内。

第12回湘南国際マラソン32キロ地点

もうボロボロなので、タイムは諦め取材に専念(笑)

沿道の人やスタッフの声援は本当にありがたい!

特に歩いている僕に対して声がけをしてくれる。

それに対して身体が動いてくることはある!

ただそれでも根性だけではどうにもならない状態だった。(^_^;)

同じ給水所。

第12回湘南国際マラソン32キロ給水所

32キロ給水所の動画。20秒。

34キロ地点。大磯町の湘南バイパス。

第12回湘南国際マラソン34キロ地点

ここで既に6キロもの間、激痛に耐えて進んでいるが、ゴールまでまだ8キロある!

気が遠くなりそうだが、もう開き直るしかない!

振り返って撮影。

第12回湘南国際マラソン34キロ地点

ここで僕のレース解説をします。

当初の目標は3時間30分。これはハーフで出している1時間38分から計算すれば無理のないタイム。

ところが既に書いたように28キロ地点で突然クラッシュ!!

想定外の早いつぶれかたに、少々驚いたし情けないの一言!(^_^;)

前半は順調でした。

というか結局その飛ばしすぎがたたったということもあるでしょう!

当初は抑えて走る作戦でいたのですが、時計の1キロごとの合図の音が周りの音にかき消されて聞こえないこともあり、あまり時計を見ないままのレースになりました。

自分では抑えているつもりでしたが、後で見てみるとびっくりの早さ。

最初の10キロが45分30秒だったので、キロ平均4分33秒

これは僕のハーフマラソンの最初の10キロのペースと同じ。

周りの雰囲気やペース、それに走りやすいコースなどが影響したのでしょう。

11-15キロはキロ4分44秒ペースとかなり落ちました。

最初からこれぐらいであるべきです。

16-20キロはキロ4分55秒ペース。この落ち込み方は最悪パターン。

既にキロ5分で走るのもきつくなってしまった!

21-28キロがキロ5分14秒ペース。

目標は最後までキロ5分以内だったので、既に大きく遅れてきた。

ただここまでは通常のレースペースの範囲内。

28キロ地点で足のトラブルが起こってからは、、、、、

概ねキロ7分以上!!

1番遅い区間だと8分以上もかかり、平均でも7分20秒

騙し騙しも14キロやっていては、もう騙しようがない。(^o^)

 

ストレッチをやっても無理!

幸い景色が良いので”お気楽に”パシャリ!(^_^)

この後、大磯プリンスホテルの会場を越えて走って、二宮町の第2折り返し地点まで行きます。これ、精神的にキツイ!(^_^;)

同じ1キロでも終盤はめちゃくちゃ長く感じるし。。。

38キロ地点。

第12回湘南国際マラソン38キロ地点

この先に第2折り返し地点があります。

第12回湘南国際マラソン38キロ地点

38キロ地点で、4時間ちょうどのペーサーに追い越された。

このとき逆に「まだそんなレベルで持ちこたえているんだ」と励まされたぐらい。。。

4)ゴールから帰路に着くまで

ラスト1キロを切ってもやっぱり歩きを入れなくてはならないほどの状態。

最後の200mだけはペースを持ち直して、

 

ゴーーーール!!!

 

結果、ネット4時間2分ぐらい

この程度で済んでむしろホッとしたぐらい。

4時間を切る切らないのこだわりもない。

ゴール後すぐに完走メダルを首にかけられ、達成感MAX!!!

このメダルのデザインも今までとは大きく変わり、これはセンスいい~~~!!

オリンピックメダル見たい!!(^o^)

スタッフの人に頼んで記念撮影!

第12回湘南国際マラソンゴール地点

ゴール後すぐに手渡されたミネラルウオーター。

なぜか美味しく感じる。いや、当然美味しい!!(^o^)

第12回湘南国際マラソンゴール地点水の配布

振り返ってフィニッシュ地点。僕だけでなくみんなボロボロの感じが滲み出ていた。

第12回湘南国際マラソンゴール地点

計測タグの回収場所。足をパイクに乗っけるとスタッフがやってくれる。ありがたい!

第12回湘南国際マラソンゴール地点

この大会はフィニッシュ地点に時計があるので、自分のタイムはだいたい分かる。

しかし正式なタイムは後日にならなくては分からないし、完走証も後日郵送される。

だから、よく他の大会であるようなタイムが書かれた完走証を提示することができない。

これは改善の余地がありそう。

 

フィニッシュゾーンと荷物置き場の間のスペース。僕もここで座り込みました!(笑)

第12回湘南国際マラソンゴール地点

ゴール後は満足感と情けなさ、、いや満足感でいっぱい(笑)だが、、、

身体が限界!!

しばらく休みながら着替えて、なんとかそろりそろ~り歩いて帰路に付くことに。

ステージでは表彰式などレセプションが行われていた。

ニューバランスチームの記念撮影。彼らはペーサーとして走った人たちらしい。

第12回湘南国際マラソンゴール地点

ラスト400mの地獄坂!!ヘアピンカーブなうえ急峻な坂になっている。

第12回湘南国際マラソンゴール直前

第12回湘南国際マラソンゴール直前

行きは5分で着く道も帰りは10分以上かかっただろう。^^

帰りの無料シャトルバスも二宮駅行きと大磯駅行きがある。

右が二宮駅行き。左が大磯駅行き。

第12回湘南国際マラソン帰りのシャトルバス

電車で座れるのは二宮だと思い、僕は二宮駅行きに乗る。

第12回湘南国際マラソン帰りのシャトルバス

この予想は当たりました!二宮駅から東京方面の電車に座れましたが、次の大磯駅から乗った人は座れませんでした。^^

完走メダルを改めて撮る!!凝ったおしゃれなデザイン!(^o^)

第12回湘南国際マラソン完走メダル表

真ん中に描かれているのは女性が髪をなびかせているところでしょう。

ここのデザインは湘南国際マラソンの系譜を受け継いでいます。

完走メダルの裏。

第12回湘南国際マラソン完走メダル裏

完走メダルの横。

第12回湘南国際マラソン完走メダル横

 

<まとめ>

既に書いたように大会自体は素晴らしいものでした。

このロケーションや環境というのは、他ではマネのできないものです。

ただし改善点はあると思います。

まず陸連公認コースにして欲しい

往復コースで起伏がないということから考えると、公認を取るのは簡単なはず。

しっかり計っていないのか?(笑)

日本のトップランナーは同日開催の福岡国際マラソンに出場しているとはいえ、

有名選手が出ていないのは、そういう理由もあるのではないか。

あと細かいことだけど、今年から給水コップが紙からプラスティックになった。

これが散乱すると、バリバリ踏みつける音とともに周りに転がって邪魔!

柔らかい紙であれば、それほど気にならない。飲みやすさも紙のようが上。

ここでわざわざ高級なコップにする必要がないのでは。。

完走証のことは既に書きました。レース後すぐに欲しい気持ちがあります。

 

僕のレースの話はもうしません(笑)

僕の足の持久力がハーフ以上は持たないということ。

僕がハーフ向きであることが改めてハッキリしたという意味で良かった!!

あらゆる意味で間違いなく一生の想い出になる!(^^)/

 

来年の湘南国際マラソンはハーフマラソン(制限時間1時間30分!)に出場したい!!(^_-)

 

 

終わり

P.S.

大会翌日の4日にはホームページに順位とグロス・ネットタイムの速報値が掲載されました。

これは素晴らしい!!僕のネットタイムは4:01:23。

ただし、記録証のお届けは2018年1月になるとのこと。

 

 

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンの感想(写真多数・2017年11月12日の体験談、評判、レビュー)

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

<約5,000文字:一般完読時間8分>

2017年11月12日、第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンに出場しました。

その感想、体験談を書きます。

まず概要から。

参加者が約11,000名、ハーフマラソンだけで約6,000名の大規模大会。

子供や家族、カップルが一緒に出場できる種目がありみんなが楽しめます。

ハーフマラソンの制限時間も3時間と長く初心者でもOK。

仮装表彰もあるため、非常に奇抜な格好で走る人も多く楽しさ満載です!

さすが、全国ランニング大会100選に選ばれただけのことはあります!!

 

そして天気も良く素晴らしい大会でした!

何より驚いたのが沿道の応援

特にたくさんの園児の声援やブラスバンド演奏が凄く励みになったし、見ていても楽しかった!

磐田市をあげてのお祭りという雰囲気で、スタッフの対応も皆さん明るく気持ちの良いものでした。

コースは磐田市内を1周するもので飽きないし、走りやすいコースでした。

ジュビロ磐田の選手は表彰式、サイン会に出ていた他、沿道からも応援してくれていました。

大きな特徴としては、細かく年代別に分かれて順位が発表されるし6位まで表彰されることです。40代以上の参加者にとっては嬉しいこと!

 

それでは、会場到着からレース終了まで詳しく体験談をレポートします。

1)事前送付物

本番当日の2週間前の10月28日に次の郵便物が到着しました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン郵送物

プログラムとゼッケン、計測用チップなどが入っていました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン郵送物

ジュビロ磐田の櫻内渚選手会長のメッセージも書かれており、テンション上がります!!(*^_^*)

2)第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンの前日

ハーフマラソンスタートが9時20分、開会式が8時20分と早いため、前日泊をしました。

宿泊を決めたのが郵送物が届いてからだったので、もう磐田市内のホテルは無理だろうと、他で探しました。磐田駅の3つ隣の掛川駅で7件ほど調べても満室。

結局さらに一駅離れた菊川駅から徒歩4分の「ホテルたちばな」取ることができました。

やはり2週間前では遅すぎますね。

前日の11月11日に磐田駅に行きました。

改札正面にジュビロくんがお出迎えしてくれました!(笑)

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅

11月16日で24歳になるんですね。

駅前、町中とも驚くほど閑散としていました。。

これが磐田駅。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅

看板があって良かった!

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン看板

磐田駅から4駅離れた菊川駅。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン菊川駅

僕が宿泊したホテルたちばな。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン菊川駅ホテルたちばな

駅から近いし、フロントの対応が良く、部屋も綺麗で良かったですよ。

朝食が無料で付いているのですが、7時からなので利用しませんでした。

3)第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場到着からスタートまで

磐田駅に付いたらスタッフの方達が誘導してくれました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅早朝

北口を出て左折し回り込みます。

シャトルバスのバス停。5分間隔ぐらいですぐに来ます。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅シャトルバス