第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンの感想(写真多数・2017年11月12日の体験談、評判、レビュー)

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

<約5,000文字:一般完読時間8分>

2017年11月12日、第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンに出場しました。

その感想、体験談を書きます。

まず概要から。

参加者が約11,000名、ハーフマラソンだけで約6,000名の大規模大会。

子供や家族、カップルが一緒に出場できる種目がありみんなが楽しめます。

ハーフマラソンの制限時間も3時間と長く初心者でもOK。

仮装表彰もあるため、非常に奇抜な格好で走る人も多く楽しさ満載です!

さすが、全国ランニング大会100選に選ばれただけのことはあります!!

 

そして天気も良く素晴らしい大会でした!

何より驚いたのが沿道の応援

特にたくさんの園児の声援やブラスバンド演奏が凄く励みになったし、見ていても楽しかった!

磐田市をあげてのお祭りという雰囲気で、スタッフの対応も皆さん明るく気持ちの良いものでした。

コースは磐田市内を1周するもので飽きないし、走りやすいコースでした。

ジュビロ磐田の選手は表彰式、サイン会に出ていた他、沿道からも応援してくれていました。

大きな特徴としては、細かく年代別に分かれて順位が発表されるし6位まで表彰されることです。40代以上の参加者にとっては嬉しいこと!

 

それでは、会場到着からレース終了まで詳しく体験談をレポートします。

1)事前送付物

本番当日の2週間前の10月28日に次の郵便物が到着しました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン郵送物

プログラムとゼッケン、計測用チップなどが入っていました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン郵送物

ジュビロ磐田の櫻内渚選手会長のメッセージも書かれており、テンション上がります!!(*^_^*)

2)第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンの前日

ハーフマラソンスタートが9時20分、開会式が8時20分と早いため、前日泊をしました。

宿泊を決めたのが郵送物が届いてからだったので、もう磐田市内のホテルは無理だろうと、他で探しました。磐田駅の3つ隣の掛川駅で7件ほど調べても満室。

結局さらに一駅離れた菊川駅から徒歩4分の「ホテルたちばな」取ることができました。

やはり2週間前では遅すぎますね。

前日の11月11日に磐田駅に行きました。

改札正面にジュビロくんがお出迎えしてくれました!(笑)

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅

11月16日で24歳になるんですね。

駅前、町中とも驚くほど閑散としていました。。

これが磐田駅。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅

看板があって良かった!

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン看板

磐田駅から4駅離れた菊川駅。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン菊川駅

僕が宿泊したホテルたちばな。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン菊川駅ホテルたちばな

駅から近いし、フロントの対応が良く、部屋も綺麗で良かったですよ。

朝食が無料で付いているのですが、7時からなので利用しませんでした。

3)第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場到着からスタートまで

磐田駅に付いたらスタッフの方達が誘導してくれました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅早朝

北口を出て左折し回り込みます。

シャトルバスのバス停。5分間隔ぐらいですぐに来ます。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅シャトルバス

ただし残念なのが有料ということ。

片道230円で、「おつりが出ない」「遠鉄バス以外のICカードが使えない」と。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン磐田駅シャトルバス有料

両替機はあるのですが面倒だし不便!何より全員参加者なのだから無料にして欲しい!

なんなら参加費に加えても良いのだし。。

シャトルバスで10分程度で会場に到着!

ヤマハの大きな建物があります。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場

この周りはヤマハの建物だらけで、さながらヤマハ王国です!

誘導員に促されて歩きます。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場

ヤマハスタジアムの豪快に大きい証明が見えています。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場

本会場の横にヤマハスタジアムがあります。

綺麗!そしてこのグランドと観客席の一体感が最高!!

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場ヤマハスタジアム

グランドには降りられませんが、観客席とトイレは使用自由です!

まずは参加者のビッグタオルを受け取ります。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場タオル引き替え所

参加賞は他にTシャツと地場産野菜があって、それら3つのうちのどれか。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場Tシャツ引き替え所

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場地場産野菜引き替え所

選べるのであればTシャツにしたはずですが、僕にはビッグタオルが割り振られたようです。。

荷物置き場だけでもこの広さ!!

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場荷物預かり所

スタート前給水所。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場スタート前給水

更衣室に行こうとしたら「塩分チャージ」の飴の試供品を4つももらった!

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場塩分補給

男子更衣室。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場更衣室

手前が男子更衣室、向こうが女子更衣室。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場更衣室

更衣室の横にある仮設トイレ。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン会場仮設トイレ

僕は早いうちにヤマハスタジアムのトイレで用をたしました。

それのほうが落ち着いてできます。^^

磐田市のイメージキャラクターしっぺいが歩いています。

磐田市のイメージキャラクターしっぺい

市内に伝わる霊犬伝説「悉平太郎(しっぺいたろう)」をモチーフにしたもので、磐田の平和を守るかしこくて優しい犬とのこと。メロン好き。

開会式前のチアリーディングのお披露目。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンのチアリーディング

結構レベル高いと思ったら「ジュビロジュニアチアリーディング『ジュビーズ』」でした。

8時20分から開会式が始まりました。

第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンの開会式

選手会長の櫻内渚選手からの挨拶。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン開会式

昨年は成績が低迷していて心苦しかったが、今年は上位にいるので胸を張ってここにいます、

という話がありました!!

準備体操の時間。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン体操

スタートの20分前にスタート地点に向かいます。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタートの整列

会場から5分ぐらい歩きます。気温13度。風はないが寒い。

みんな半袖か長袖だけど、僕だけ気合いのランニングシャツ(笑)

20分我慢して風邪さえ引かなければこれで正解なはず。。

スタートブロックが予想タイム順になっている。これはGブロック。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタートの整列

Fブロック。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタートの整列

僕はBブロック。絶え間なくジュビロ磐田の応援歌が流れています。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタートの整列

すぐ前に1時間45分のペースメーカーがいて、先のAブロックに1時間40分のペースメーカーがいる。僕の申告タイムが1時間40分以内だったはずなので、こんな後ろにいるのはおかしい。

実力より大幅に早いタイムを申告する人が多いので、遅く調整しているのだろうか。。。

ちなみにペースメーカーは次のようにたくさんいる。

1時間30分、1時間40分、1時間45分、1時間50分、2時間、2時間30分。

僕は結局最後までペースメーカーを見ることはなかった。他の大会でやっているように頭に風船を付けるぐらいしないと、ゼッケンだけでは遠くから分かりようがない。

僕は最初1時間30分のペースメーカーを視野に入れて走りたかったが、全く出来ずじまいだった。。。

恒例のスタート5分前の自撮り!!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタートの整列自撮り

僕だけ寒々しい(笑)。ただ人混みの中ということもあって大丈夫!

4)スタートからゴールまで

スターーート!!!

 

スタート前後1分の動画。BGMに「ジュビロオレー」が流れています!!^^

スタート地点から30秒後。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタート

スタート3分後に力強いブラスバンド演奏!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンブラスバンド演奏

ここでテンション爆発!(^^)/

横を通ったときは何の曲か分からなかったが、後ろから聞こえてくる曲は確かに聞き覚えがある!そうだ!僕が大好きなチェイスの「黒い炎」だ!!

なんと50年前の曲!!半世紀経っても色あせないブラスロックの名曲中の名曲!!

なんて選曲だぁ~~(泣)

スピードを出してはいけない序盤にテンション爆発!(笑)

スタート5分後。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタート3分後

「磐田東高校応援団」と書かれています。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンブラスバンド応援

あまりよく撮れませんでしたが、ここでも応援の演奏!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンブラスバンド応援

だいたい2キロ地点。だいぶ自由に走れるようになりました。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンスタート10分後

「磐田西幼稚園応援団」横断幕。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンレース中

そして園児たちのロータッチ隊!!

ジュビロ磐田メモリアルマラソン沿道応援

沿道の応援が素晴らしかったが、特に凄かったのが園児たちの声援!!

10カ所近くあったと思うので、磐田市の幼稚園全てが繰り出しているのでは。。

ロータッチでは数十人並んでいるが、手がなんと小さく柔らかいことか。(笑)

こういう機会じゃなくてはできることでははい。

パワーいただきました!!

ジュビロ磐田の選手の応援。胸に名前が書いてあります。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン選手の応援

途中4カ所ほど選手の応援があったらしいが、2カ所しか気がつかなかった。

ファンランでゆっくり走っている人には良いが、スピードを出している者にとっては、なかなか分からないし、分かってもあっという間に通り過ぎて誰だかも分からない

かなり高いところで旗を振るとか、目立つ横断幕を張るとかして欲しいな!

4キロ地点のブラスバンド応援。これは衝撃的だった!

ジュビロ磐田メモリアルマラソン応援

前の女子生徒が一斉にのけぞったり、かがんだりしながらの激しいアクション入りで吹奏楽を吹いている!!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンブラスバンド

応援に気迫がこもっている!!^^

給水ポイント。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン給水所

給水ポイントは途中に5カ所あり十分でした。

手渡ししてくれる人もいて助かる。

水とスポーツドリンクが中心。JAの前ではメロンが出ていました。

距離表示も1キロごとにきちんとされています。

10キロ地点。住宅街ばかりではなく、田んぼの中も走ります。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン沿道応援

農家の人(?)の太鼓の応援!

ジュビロ磐田メモリアルマラソン沿道応援

12キロ地点。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン沿道応援

ここで僕自身のレース解説をします。

当初の作戦としては、前半慎重になりすぎないようにそこそこのペースで走る。

残り5キロになったら全力で走るというもの。

前回自分の感覚だけで走って成功したので、今回も途中時計を見ないで走った。

だから下記計測時間は結果論。

コースは全体的には平坦は方ですが、途中3カ所ほど大きな起伏がありました。

1~10キロまでちょうどキロ4分30秒ペース。僕にとって非常にいい~。

飛ばしている感覚なく、このペースで走れるようになったのは大きな喜び!

11~15キロは4分40秒ペース。これも悪くはない。

16~20キロは4分46秒

もうラスト5キロとか3キロで「さあ、ペースアップ」などと思っても、実際にはペースが上がらない。(^_^;)

ラストスパートが出たのは最後の1キロだけだろう。

沿道の応援を見るのも楽しかったので、今までの中では一番長さを感じなかった。

5)ゴールから表彰式、そして帰路につくまで

特に最後の200mは思い切りダッシュをかけて、

 

ゴーーール!!!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンゴール

すぐにチップ回収場所で、靴に付けたチップをスタッフに取ってもらう。自分がやらなくて良いのでありがたい。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンゴールチップ回収場所

すぐにキレートレモン500mlを渡してもらう。これもありがたい!!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンゴール

さらに流れで完走証発行所へ行く。まだゴールから1分程度しか経っていないのに、すぐに完走証が渡される!!

素晴らしく良くできている!!

しかも各所でスタッフの方みんなが素敵な笑顔でねぎらってくれる!!

僕のタイムはネットで1時間37分53秒

完走証。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンゴール完走証

だいたいベストタイム(笑)。前回、同様のタイムが出たときは荒川河川敷だった。そのときと比べて今回は曲がりが圧倒的に多いしそこそこ起伏もあるコースだったので、今回が生涯最高の走りだったと言える!!

種目をハーフ男子50~59歳として順位が出ているのは特徴的。

気分がいいし、自撮りでパシャリ!!

ジュビロ磐田メモリアルマラソンゴール自撮り

速報掲示版。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンゴール速報板

仮装審査表彰式。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

元日本代表でもあり、今年活躍している川又選手がいます。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

川又選手は全種目の入賞者と表彰式後に写真撮影をしてくれるそうです。

ハーフ男子16~29歳表彰式。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

ハーフ男子30~39歳表彰式。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

ハーフ女子16~39歳表彰式。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン表彰式

とび賞サイン会。今回は順位の末尾が「2」の人。

ジュビロ磐田メモリアルマラソンサイン会

元日本代表、浜松出身の山田大紀(ヒロキ)選手がサインしていました。

僕は101位なのでダメ。最後に一人抜かさなければ良かった(笑)。

仮装の人たち。鉛筆と消しゴムとマリオ。(^o^)

ジュビロ磐田メモリアルマラソン仮装

ハーフ男子50~59歳の速報掲示版

ジュビロ磐田メモリアルマラソン速報

僕は101位。スタート人数936名。完走者は927名。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン速報

男子全世代の総合順位は自分で計算した結果、あくまでグロスタイムでの話だがスタート人数4371名中515位。

表彰式が終わったので帰路につくことに。バス停手前の建物。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン帰路

磐田駅行きのバス停へ。やはり230円かかります。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン帰路

最後に、これが参加賞のビッグタオル。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン参加賞タオル

生地も分厚くて良品です!バスタオルに使えそう。

 

<まとめ>

非常にエキサイティングで楽しい大会でした。

町を挙げての歓待が良かった!!

応援も運営も素晴らしく、ジュビロ磐田ファンになりそうです(笑)。

子供や家族、ランニング初心者みんなが楽しめるので、他のJリーグもやった方がいいですね!

ジュビロの黄金期を知る僕としては、その聖地に来れた感慨もあり。

もう1つ良いところは、翌日にはホームページで全員の結果(速報値)やスタート人数、完走人数などのデータが掲載されていること!!これは今までない経験ないですね。

 

ただ欲を言えばジュビロ磐田の選手にもっと出て欲しかった。

昨年は名波監督がスターターだったとのこと。そういう演出をして欲しい!

「俊輔」も見たかった!

沿道応援ももっと直前にはっきり分かるようにして欲しかった。

 

今でもジュビロの応援歌が耳から離れません。(^_^;)

来年も出場します!!

以上、第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンの感想、体験談でした!

 

終わり

 

引用:第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソンホームページ

ジュビロ磐田のホームタウン静岡県磐田市でおこなわれる「ジュビロ磐田メモリアルマラソン」の公式ホームページ。

 

 

 

東京トライアルハーフマラソン2017の感想・体験談(写真多数・2017年10月28日口コミ、評判、レビュー)

東京トライアルハーフマラソン2017

<約5000文字:一般完読時間8分>

2017年10月28日、「東京トライアルハーフ」に出場しました。

この大会は東京マラソン財団のオフィシャルイベントで、成績上位者と抽選の両方によって、

2018年の東京マラソンの出場権が得られるというものです。

感想としては、

まず事前の雨予報がはずれて最後まで、ほぼ降らなかったのが良かった!

何せ関東はここ3週間記録的な雨続きで、僕も過去2周連続雨中のレースでした。。

また眼前に東京スカイツリーが目の前に見えるロケーションの中、スムーズな運営がされていて楽しめました!!

コースは平坦で走りやすく、ペースメーカーが様々なタイムでたくさん配置されていたのも特徴。そして日本陸連公認コース

僕はお陰様でベストタイムを出すことができました!!(^^)/

それでは写真入りで会場へのアクセスからゴール後まで体験談を書きます!

 

1)東京トライアルハーフマラソン会場到着まで

会場の最寄り駅は京成線の「四ツ木駅」

僕の住む茅ヶ崎からは東京・上野ラインで新橋まで行って、都営浅草線に乗り換えるのがベストでした。

そこから直通で行くことができます。

下の写真は都営浅草線ー京成線の路線図です。

東京トライアルハーフマラソン2017京成線路線図

新橋から10個目の駅が「押上」。そこから文字が小さいですが3つめが「四ツ木」です。

東京トライアルハーフマラソン2017京成線路線図2

四ツ木駅の改札前には、「木根川橋少年野球場」までの行き方が書かれた看板がありました。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅

会場はその野球場の先なので、そのまま行ってokです。

下記がホームページに掲載されているアクセス地図です。

東京トライアルハーフマラソン会場までのアクセス

引用:ONE TOKYO ホームページ:

ONE TOKYOはランニングスポーツを通じて、チャレンジするひとと、サポートするひとが出会うステージです。

駅前にはすぐに案内の人がいました!!

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅案内

駅を出て右に曲がり、またすぐに右に曲がります。

そして真っ直ぐいくとこの道。国道449号にぶつかります。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅からのルート

そこを左折します。ここでも案内の人が立っています。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅からのルート

まっすぐ行くと、また案内の人が立っています。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅からのルート

ここで右に見える横断歩道を渡ります。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅からのルート

渡って左に曲がると、ピンク色の登りの道入ります。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅から会場までのルート

登り切ると景色が開け、東京スカイツリーが眼前に現れます!

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅から会場までのルート

道なりに行くと案内の人がいて、また右の横断歩道を渡ります。

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅から会場までのルート

東京トライアルハーフマラソン2017四ツ木駅から会場までのルート

東京スカイツリーを正面に見て歩くと、荒川河川敷に着きます。

左を見た景色。この川は荒川と並行して流れている川で綾瀬川です。

東京トライアルハーフマラソン2017会場近くの綾瀬川

右側がこの景色。

東京トライアルハーフマラソン2017会場近くの綾瀬川

案内に従って左に曲がります。

東京トライアルハーフマラソン2017会場手前

左に綾瀬川、右に荒川です。右に白く見えるのが会場です。

東京トライアルハーフマラソン2017会場手前

荒川の立て看板があります。

東京トライアルハーフマラソン2017荒川の看板

会場正面です。東京スカイツリーの存在感がいいですね!

東京トライアルハーフマラソン2017会場正面

2)会場到着からスタートまで

まず手前側にあるトイレに向かいました。

収容車2台がありました。これにだけはお世話になりたくないですね!(^_^;)

東京トライアルハーフマラソン2017収容車

手前が常備してあるトイレでしょう。右に並んでいるのが大会用に設置されたトイレ。

東京トライアルハーフマラソン2017トイレ

まだスタートまで1時間半以上あるので、人は少ない。だからゆっくりできます!(^^)

東京トライアルハーフマラソン2017トイレ

受付場所。ここでゼッケンや計測チップを受け取ります。

東京トライアルハーフマラソン2017受付

男子更衣室。この規模(2千名)の大会の割には小さいだろう。

東京トライアルハーフマラソン2017男子更衣室

僕が入ったときもほぼ一杯で、多くの人は外の芝生の上で着替えていました。

雨が降っていなくて良かった!!

昨日までの天気予報では10時ぐらいから雨が降る予報だったが、

朝の予報では12時ぐらいからになっていた!!ラッキー!

手前が男子更衣室、赤い屋根が女子更衣室、その先が荷物置き場。

東京トライアルハーフマラソン2017更衣室

さっきのトイレとは逆側(奥)にあるトイレ。

東京トライアルハーフマラソン2017奥のトイレ

気温15度で風速2~3M

寒いので僕は更衣室で着替えました。

珍しくゼッケンが胸用と背中用の2枚あり、それぞれ指定されています。

付け始めてから気がつきました。(^_^;)これが背中用。

東京トライアルハーフマラソン2017セッケン背中用

驚いたことに「Bペース4分30秒」と書いてある!

Bとは前から数えたブロックの順番。4分30秒とはキロ辺りの平均ペース。

僕はこのペースで走りきることはできないが、申告したからしょうがない!!ヤバイ!(^_^;)まさか後ろのゼッケンにも書かれるとは・・・。

こちらが胸用。

東京トライアルハーフマラソン2017セッケン胸用

抽選券が付いていて、これをゴール後にちぎって箱に入れると、東京マラソン出場権獲得の抽選が行えるということ。

今回は狭い更衣室又は寒い屋外でゼッケン2枚と計測チップを付けなくてはならない。雨だったら最悪だったでしょう。

事前に郵送して欲しいと思いました。

これが参加賞の「マフラータオル」

東京トライアルハーフマラソン2017の参加賞のマフラータオル

こんなマフラーする人いないだろうし、デザイン性もなし!(笑)

タオルとして使えるだろうけど、これは残念な参加賞。

 

ハーフマラソンのスタートは10時。

9時ぐらいには続々と来るようになりました。堤防の上に列が見えます。

東京トライアルハーフマラソン2017スタート1時間前

これが大会本部。

東京トライアルハーフマラソン2017会場本部

会場給水場。スタート前とスタート後に利用します。

東京トライアルハーフマラソン2017本部給水所

水とスポーツ飲料があります。

東京トライアルハーフマラソン2017本部給水所

9時15分にオープニングセレモニーが始まりました。

東京トライアルハーフマラソン2017本部開会式

東京トライアルハーフマラソン2017開会式

ゲストが壇上に上がりました。

東京トライアルハーフマラソン2017開会式

ゲストの中で一番左の紫のウェアの人が浅井えり子さん。

ちなみにゲストの面々は次の方たちです。

・浅井えり子(ソウルオリンピック女子マラソン代表/国際陸連レベル1公認コーチ)
・園原健弘(バルセロナオリンピック50㎞競歩代表/日本陸連公認コーチ)
・安田享平(日本盲人マラソン協会強化委員長/日本陸連公認コーチ)
・吉澤永一(パリ世界陸上20㎞競歩代表/アジア選手権20㎞競歩優勝)
・前河洋一(日本陸連ランニング普及部長、上級コーチ/国際武道大学教授)

東京トライアルハーフマラソン2017開会式

トイレはスタート30分前には長蛇の列になります。

東京トライアルハーフマラソン2017の30分前のトイレ

準備運動の時間です。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート前体操

トイレは30分前に並べば、特に問題なかったと思いますが、もっと直前だったら危ないでしょうね。規模の大きな大会ほど気を付けなくてはなりません。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート前のトイレ

スタート20分前のスタート地点。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート15分前

プログラムには15分前からスタート地点に整列と書かれていましたが、既に多くの人が並んでいます。特に今回の上位選手は順位にこだわっているでしょうね!

僕も並ぼうとしたら、記念撮影が始まりました。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート15分前記念撮影

東京スカイツリーをバックに素晴らしい写真が撮れていることでしょう!

僕は指定されたとおり、Aブロックの後ろのBブロックに並びました。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート10分前

ただなんかおかしい。。。

周りの人のタイムがみんな5分になっている。

しかもすぐ前のペースメーカーも5分だ。

なぜ???(^_^;)

かといってさすがにAブロックは4分30秒以内で走れる人だけのようなので、僕では行けない。

恒例のスタート直前の自撮り!!(笑)

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート5分前自撮り

スタート3分前。黄色い風船が4つ見えるのは、キロ5分ちょうどのペースメーカーの人たち。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート3分前

3)スタートからゴールまで

条件は曇り16度、風速3m

コースは3回折り返す変速コース。すべて舗装されていて平坦

小さい上り下りは4回ほどある。

東京トライアルマラソンコースマップ

引用:ONE TOKYO ホームページ:

ONE TOKYOはランニングスポーツを通じて、チャレンジするひとと、サポートするひとが出会うステージです。

 

肌寒いのはマラソンには良いが、主にゴールに向かう方向での向かい風はタイムロスがある。

またこの大会の特徴はペースセッターをたくさん置いていること。

1kmを下記のペースで走るペースセッターを設置。
4分30秒、5分00秒、5分30秒、6分00秒、6分30秒、7分00秒。

 

スターーート!!!

 

スタート前後の52秒間!!

ゴール地点に着くまで30秒かかった。

僕が着いていこうと思っていた4分30秒のペースメーカーはかなり先にいっていて見えない。

これは誤算!

4分30秒ペースのゼッケンを付ける僕がそれと同じペースセッターに追いつけないなんておかしい!!

スタート2分後。まだ混んでいた簡単に抜ける状況ではない。

東京トライアルハーフマラソン2017のスタート2分後

最初の折り返しは7キロ地点。右に折り返してきている選手が見えます。

東京トライアルハーフマラソン2017の7キロ折り返し

僕が付きたかった4分30秒のペースセッターが折り返しで見えた!

東京トライアルハーフマラソン2017ペースランナー

2人とも女性か。。

僕もこの集団の後ろの方で、風よけとして利用しながら走りたかった。(^^)/

東京トライアルハーフマラソン2017レース中写真

計算が狂ったこともあり、開き直って今回は感覚だけで走ることに決めた。

そもそも時計で時間を見て走ってもただの気休め。

今の僕の走力では、途中のタイムにに応じてペースを変えても、何も良いことはない。

 

このコースの良いところは、あまり周回遅れにならないところ。

よくある5キロの周回だと、僕は周回遅れにされるし、する。

つまり2周の周回遅れの人がたくさん出る。

今回の僕は周回遅れにされることはなかった。(そもそも周回ではないが・・)

11キロ地点。

東京トライアルハーフマラソン2017レース中写真

給水場所は全部で8回もあり十分!

僕は1回だけ利用した。

5分30秒のペースセッターの集団。

東京トライアルハーフマラソン2017レース中写真東京トライアルハーフマラソン2017レース中写真

5人もいて楽しそう!(笑)

 

ここで僕のレース解説をします。

今回はコンディションが良いので、ベストを狙うために最初少し飛ばしめに行くことにした。

まだ僕には後半にペースを上げるというのはできないので。

結果、ゴールしてから確認して驚いたのが、前半の入りが凄く早かったこと!!

追い風の影響もあっただろうし、周りに多くの早い人がいたことも影響したのだろう。

最初の10キロがほぼ4分30秒ペースだった!

これは「そうなれば良いな」と思っていた理想的なペース。

時計を見ない方が良いようだ!(笑)

11-15キロが4分35秒なので、あまり落ちていない。

ただ最後の7キロはもろに向かい風。

だからここで「ベストは出ないかもな~~。」と思った。

16-20キロが4分53秒

向かい風の中、よく頑張れた!!(^^)/

そして、

 

ゴーーール!!!

 

1時間38分台のタイムを見て歓喜!!(^o^)

ヤッター!!!(^o^)/ベストタイム更新!

しかも大幅!!

とにかく全力で走って良かった!

ゴール後振り返ってゴール地点をパシャリ!

東京トライアルハーフマラソン2017ゴール後

シューズに付けたチップを取るために、台に足をのっけて係員が取ってくれた。

疲労困憊の身体にこれはありがたい!!(^o^)

すぐに記録証発行所に行くも、ゼッケン番号を見て一瞬で発行!

東京トライアルハーフマラソン2017ゴール後記録証発行所

これは素晴らしい!

しかも綺麗なオリジナルデザインのクリアファイルに入れてくれた!!

東京トライアルハーフマラソン2017記録証入れ

記録証はこれ!!

東京トライアルハーフマラソン2017記録証

グロスタイム1時間38分21秒

総合順位331位

年代別(50~59歳)順位68位。

グロスタイムでもベストなので嬉しいがネットタイムがない。。。

これは残念!

トップ選手であればグロスで競うべきだろうが、後ろからスタートする一般ランナーはネットが圧倒的に重要。

ネットで表示してくれなきゃ~~。。(>_<)

僕の場合スタート時間からスタート地点に着くまで30秒かかったので、

ネットタイムでいえば1時間37分51秒(キロ4分40秒平均)ということになる。

それで計算するとベストをほぼ2分更新した!!(^o^)

嬉しいので東京スカイツリーをバックに自撮り!

東京トライアルハーフマラソン2017ゴール後自撮り

給水所。

東京トライアルハーフマラソン2017ゴール後給水

記録速報掲示版。この辺りはしっかりしています!!

東京トライアルハーフマラソン2017ゴール後速報掲示版

男子19歳以上の上位選手。

東京トライアルハーフ男子19歳以上速報

なんと1位から6位までが34秒以内にひしめく大混戦でした。

確かに途中まで10人近くが縦一列でくっついて走っていました。

優勝は1時間9分9秒なので、レベルは高い方と言えるでしょう。

そして僕が載っている部分。331位です。速報らしい速報!

東京トライアルハーフ男子19歳以上速報

結局男子完走者は1380人でした。(女性は355人)

男子表彰式。

東京トライアルハーフマラソン2017男子表彰式

一番左の女性が司会。その右が順に8位~1位。

副賞を掲げる優勝者。素晴らしい!!

東京トライアルハーフマラソン2017男子表彰式

女子表彰式。優勝者が賞状を贈呈されているところ。

東京トライアルハーフマラソン2017女子表彰式

表彰式が終わる12時半まで雨がほぼ降らずで良かった!!

レース中も含め途中パラパラ降ることはあったが、影響があるほどのものではなかった。

13時05分から抽選会があるとのことだが、待っているのも辛いので帰ることにした。

疲れて寒くて空腹な中、抽選が始まるまで30分待つだけでも辛い!レースが全て終わってからということでしょうがないが、であればスタート時間をもっと早くしたほうが良い。

後で知ったことによると、抽選は出場した1800人が対象で10人選ばれたらしい。

その場にいない辞退者が10人ぐらいいたとか。。。

帰りの土手の上から。

東京トライアルハーフマラソン2017全景

まだレースは続いています。制限時間が3時間なので、あともう少し。

東京トライアルハーフマラソン2017

東京トライアルハーフマラソン2017

土手の上の進行方向。

東京トライアルハーフマラソン2017帰路

 

心配していた雨が降らず、好条件の元でベストタイムが出て最高でした!!

しかも5周連続ハーフ以上のレースに出場してすべてしっかり完走できたのが何より幸せなこと!!

大会運営もしっかりしていて素晴らしかった!!

細かい改善点はあるように思いますが・・・。

来年も出場したいです!!

 

 

終わり

 

参考:

ONE TOKYO

ONE TOKYOはランニングスポーツを通じて、チャレンジするひとと、サポートするひとが出会うステージです。

「葛飾ふ~てんマラソン2017いわし雲」感想(写真多数・10月21日体験談、評判、レビュー)

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンMタカシさんと2ショット

<約5400文字:一般完読時間9分>

2017年10月21日(土)、「葛飾ふ~てんマラソン2017いわし雲」に出場しました。

その体験談(感想)を記します。

 

最初に簡単に感想を述べると、

ずっと雨が降っていて残念でしたが、しっかり楽しめる素晴らしい大会でした!

親子マラソンなど種目がたくさんあるし、運営面もしっかりしていました。

コースもフラットで走りやすかった!基本的に5キロを4周の周回コース。

 

そして僕が嬉しかったのが、川内選手のそっくり芸人のM高史(エムタカシ)さんと再会できたこと。

2週間前の横浜サイドビーチマラソンでもMCを務めていたことで知り合ったのですが、今回も偶然にこのレースでMCをやっていたのです。

明るいし、しっかりしているので大会が盛り上がるし、レース中も励まされました!

 

僕にとって4周連続のレース

ハーフ、30キロ、ハーフ、今回のハーフです。

今回のタイムは1時間43分なので、僕としてはあまり良いものではありませんでしたが、この雨と風(3m)ではしょうがないか。。もしかすると疲れが溜まっているのかもしれない。

ただし50~59歳の部では62人中6位だったので、「入賞じゃん!」です!(笑)

気温は18度ぐらい。雨は時間1mmぐらいなので、強いとは言えませんが雨らしい雨ではありました。

 

それでは、レース中の写真もまじえて、会場へのルートからレポートします!

1)「葛飾ふ~てんマラソン2017」会場への到着まで

会場の最寄り駅は京成堀切菖蒲園駅

僕の住む茅ヶ崎からはJR東海道線に乗って山手線の上野か日暮里乗り換えが便利。

僕はいつものように、手前の大きな駅である日暮里駅でトイレを済ませてから乗り換えました。

日暮里駅から5駅で京成堀切菖蒲園駅です。

ちょっと覚えにくい名前ですね。。。(^_^)

改札を出てから左に曲がったところで、振り返って写真を撮りました。

葛飾ふ~てんマラソン京成堀切菖蒲園駅

ホームページに掲載されている駅から会場までのルート図です。

葛飾ふ~てんマラソン2017会場アクセス

引用:葛飾ふ~てんマラソン2017ホームページ

 

詳しい説明があるのでありがたいのですが、実際には分かりにくくちょっと迷いました。。

駅を出て左折後そのまま通りを真っ直ぐいきます。

葛飾ふ~てんマラソン京成堀切菖蒲園駅

大きな交差点も越えます。

そして2つに分かれる道にぶつかるので、ここを左に入ります。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート

この道です。右側に「堀切菖蒲園」の看板が見えますが、とにかくまずはここに向かえば間違いありません。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート

僕が迷ったのはここ。道なりに行くのかと思って「堀切水辺公園」のほうにそのまま行ってしまいました。しかし実際にはここで左折します。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート途中の看板

左に見える居酒屋「後藤」を右折します。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート

そして真っ直ぐ行くと左側に堀切菖蒲園が見えます。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート堀切菖蒲園前

堀切菖蒲園は、残念ながら大がかりな工事中で中はほとんど見えません。

ここを左に見て左折します。

そしてまっすぐ行って、この道にぶつかったら左折します。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート

50m程度行くと、横断歩道があります。ここを渡ります。

そして左側に見える階段を登ります。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート最後の横断歩道

この階段です。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート1つ目の階段

さらにもう1つ階段があります。ここも登ります。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート2つ目の階段

登り切ると景色が開けます!!

手前が荒川の支流?運河?

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート荒川土手の上

ここをそのまま行くと、荒川河川敷に到着です!

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート荒川土手の上

真正面に会場が見えました。ピンクのフラッグがいいですね~!

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート荒川土手の上から会場

時間は9時を過ぎていて受け付けも始まっているのですが、閑散としていてちょっと不安になります。。(^^;)

左側の風景。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート荒川土手の上から左側

右側の風景。青空だともっと綺麗なのでしょうが、それでも広々しているのが分かります。

葛飾ふ~てんマラソン会場へのルート荒川土手の上から右側

 

2)会場到着からハーフマラソンスタートまで

会場に入りました。正面が受け付け。

葛飾ふ~てんマラソン会場受付

ここでICチップ付きのゼッケンや参加賞などを受け取ります。

参加賞は僕にとっては残念ながら以前もらったのと同じランニングポーチでした。。

葛飾ふ~てんマラソンの参加賞のランニングポーチ

使いやすそうではありますが、現在使っているものがある上、以前もらった予備があるので息子にでもあげようかな。

その左にあるのが更衣室。

葛飾ふ~てんマラソン会場更衣室

手前が男子用、その先が女性用。一番奥が荷物置き場。

MCのエムタケシさんが会場案内を始めました!

葛飾ふ~てんマラソンMCのMタカシさん

この景色の感じ、いいね~~!(笑)

葛飾ふ~てんマラソンMCのMタカシさん

会場の奥から撮った風景。真ん中が畑です(笑)

葛飾ふ~てんマラソン会場荷物置き場

僕が到着してからの30分ぐらいが強い雨でした。

しかし、スタート時間前にはかなり弱まって助かりました。

雨のため9時30分から予定されていた開会式は中止。

左に集まっている理由は、屋根がある場所なため。セマッ!(^o^)

葛飾ふ~てんマラソンスタート前

雨の日の大会が大変なのは、雨をしのいで休めるところがないところ。

更衣室は混雑してくると、あまりゆっくり休んでいると迷惑になります。

自分でテントを持ってくるぐらいじゃないとダメでしょうね。。。

 

スタート前とゴール後に利用できる給水所。

葛飾ふ~てんマラソンスタート前給水

水、スポーツドリンクに加えスープがあるのが嬉しい。

雨に打たれるとやはり寒いので。

 

9時50分にチャレンジランがスタートします。

エムタカシさん盛り上げています!!^^

葛飾ふ~てんマラソンチャレンジラン

元気よくスタート!!!

葛飾ふ~てんマラソンチャレンジラン

次に10時に親子ペアマラソンとミニマラソンがスタート!!

葛飾ふ~てんマラソンのミニマラソン、親子ペアマラソン

更衣室内で自撮り!4周連続完走すれば自分にとっての快挙だ!^^

葛飾ふ~てんマラソン自撮り

体感気温涼しいのだからベストタイムも狙いたい!

 

高速道路の下が雨にあたらずウオーミングアップできるということなので、来てみた!

葛飾ふ~てんマラソン雨に打たれないウオーミングアップ場

確かに当たらない場所が結構ある。

葛飾ふ~てんマラソン雨に打たれないウオーミングアップ場

少しだけ走って足に問題ないことを確認したら、すぐに戻った(笑)

葛飾ふ~てんマラソン雨に打たれないウオーミングアップ場

先週のタートルマラソンでは全く走らないままレースをスタートした。

どうせ最初の5キロはアップのような感じで走るので、特に問題ない。

ただし、体操だけは多少念入りに行った。

 

ここの道はコースの逆側なのでレースでは使用しない。

葛飾ふ~てんマラソン走らないコース

この右側が使用するコース。

葛飾ふ~てんマラソンのコース

トイレ。直前は混む。

葛飾ふ~てんマラソンのトイレ

走るままの格好になってから荷物置き場へ。

葛飾ふ~てんマラソンの荷物預かり所

スタートが10時35分。10分前にはもうかなり並んでしました。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンスタート集合

ペースランナーの紹介をしています。

葛飾ふ~てんマラソンのペースランナー紹介

ペースランナーは1時間45分、2時間ちょうど、2時間15分、それぞれ2人ずついます。

これは嬉しいですね!!

僕は1時間40分を切るのが目標なので利用しませんが、刺激と励みになります。

 

スタート5分前。

葛飾ふ~てんマラソンのペースランナー紹介

みんな半袖シャツで、多くの人はその上からカッパを着ている。

そんな中、ガチランニングの僕はチト寒い。(笑)

葛飾ふ~てんマラソンのスタート前自撮り

スタート直前にはエムタカシさんが、平井堅のモノマネを行いました!

めちゃめちゃウマイし面白いんでなごみました!!(^o^)

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンスタート前

スタート1分前。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンスタート前

 

3)スタートからゴールまで

スタート!!!

 

スタート前後20秒程度の動画です!雰囲気が伝わるはずです。(^_^)v

スタート30秒後。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンスタート直後

スタート3分後。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンスタート1分後

頭に風船を付けているのは罰ゲームや仮装ではありません。(^o^)

ペースランナーの証です。

写っている2人は1時間45分のペースランナー。

 

スタート10分後。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンスタート5分後

コースは基本5キロを4周ですが、1周目だけ6キロ強を走ります。

給水は1周に2回あるので、十分だと思います。僕は1回だけの利用でした。

 

写真はスタート2.5キロを過ぎた地点。既に折り返してきたランナーが右に見えます。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンレース中

左のゆるい上り坂を登ります。が1周目だけのことで、2周目からもろフラットです!

 

唯一の下り坂。折り返し地点が見えます。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンレース中

1周目の最後。本部が見えます。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンレース中写真

この左側の本部を四角く回ることになります。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンレース中写真

4回直角に曲がらなくてはならないし、かなり水たまりがあるので走りにくいです。

ただゴールポイント付近でエムタカシさんが「頑張ってくださ~い!」とタッチしてくれます!

ペースが落ちているポイントなだけにじっくり気持ちを込めて笑顔でタッチできるのが良かった!(笑)

 

折り返しの選手が見えるのは励みになりますね!!

1位や2位の選手なんか凄いな~~と感心します!

今回は特に1,2位がデッドヒートを行っているのが手に取るように分かりました。

女性の1位にも大きく差を付けられているのが分かります。(>_<)

そんな選手でも苦しそうな顔をしていると、僕も頑張らねば!と思います!

 

2周目が終わって3周目に入ったところ。つまり11キロを過ぎたところ。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンレース中写真

 

ここで僕のレース解説をします。

僕の当初の予定は11キロまでは今まで通り余裕を持って走る。

11キロから息がだいぶ上がるほどペースを上げていくというもの。

スパートが10キロもあるのでリスクがあるが、それぐらいしないとベストタイムは出ないと思った。

 

実際は最初の5キロが1キロ平均4分47秒

6~11キロが4分49秒だった。

ウ~~ン、平均4分45秒と比べると最初から借金している。。

ちょっとおかしいと感じる。

それでも当初の予定どおり、11キロ地点からペースを上げた。

ところが上げられたのは最初の1キロだけ(^_^;)

あとはもう逆に落ちる一方!!(T_T)

キロ5分ですら走れなくなり、14~18キロは5分8秒

 

走っていた感じたのが、風が強いこと。

風速は3m程度なはずだが、ずっと恒常的に吹き続けている。

本部から出る方向は無風にしか感じないが、帰りが明らかにキツイ!

また路面も川のようになっているところが何カ所かあり、避けようがない。

ビチャビチャしぶきをたてて走るしかない。

靴も重くなっているはずだ。

多分路面が濡れているだけでも、滑るのでタイムロスがあるはずだ。

・・・・と、とうとうと言い訳を並べさせてもらった。(^o^)

 

途中から1時間45分のペースランナーに抜かれるんじゃないかと、背筋が寒くなりました(笑)

3周目には既に上位選手に周回遅れにされています。

ただし、最後の500mで2時間15分のペースランナーを追い抜きました。つまり逆に僕が周回遅れにしたということ!30分以上違うのだから計算上そうなるのは当然なのですが、なんか嬉しい。。。

今回はかなり疲れ切って、いつものラストスパートも出ない。

それでも、、、

 

ゴーーール!!!

 

4)ゴールから帰路に着くまで

 

振り返って、ゴールポイントを撮る。

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンゴール写真

 

ちょうどそこにエムタカシさんがいた!!2ショットのリクエストに応じてもらいパシャリ!

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンMタカシさんと2ショット

さすがいい~笑顔ですね~。

僕も4周連続完走が達成できて晴れやかです!!

 

給水所には定番以外にオレンジ、バナナ、チョコ、梅干しなどがありました!

葛飾ふ~てんマラソンのハーフマラソンゴール後給水、給食

ありがたい!!

特にバナナが美味かった~~~!!!(^_^)v

 

正面の記録証発行所へ。

葛飾ふ~てんマラソンの記録証受け渡し場所

僕が行ったときには既に僕の分は用意してありました!

これが記録証。濡れないように袋に入れてくれているのがありがたい!

葛飾ふ~てんマラソンの記録証、完走証

ふ~てんの寅さんイメージの帽子と鞄が描かれていますね!^^

僕のネットタイムは1時間43分01秒

ラップタイムが出ているのは僕にとって残酷。タイムも順位もどんどん落ちているのが明らかです。(T_T)

最初の6キロが34位でしたがゴールでは41位でした。

総合順位、260人中41位

年代別順位(50~59歳)62人中6位!!

アッ、この順位いい~~!!入賞だ!!

ただ年代別の表彰は普通3位までなので、4位以下にあまり意味はない。

でも嬉しい!!上位10%以内だしね!!

 

今回、目標より3分以上遅かったのは、条件のせいかもしれないし、僕の疲労蓄積のためかもしれない。4周連続だし疲労蓄積していても無理はない。

実は来週もハーフの予約入れてあるのだが、休もうかな~~~。。(^_^;)

 

晴れていれば表彰式も見たかったが、何せ雨だと休むところがない。

 

疲れ切った身体で立って待つ身はツライ。

ということで帰路に着くことに。

まだまだ走っているランナーがいます。

背中を見せているのがもう1周のランナーでしょう。

葛飾ふ~てんマラソンの周回

僕は変な意味ではなくタイムが遅い人ほど凄いと思う。

時間をかけているということは、その分長く苦しんでいるということ。

今日も、ゴールした選手を尻目にもう2周(10キロ)走らなくてはならない人がたくさんいた。

走り慣れていない人の方が確実に辛いはず!!

だから僕は遅い人をも励みにします。

「この人たちの方が苦しいはずなのに、僕が頑張らなくてどうする」と。

 

帰りは結局、京成堀切菖蒲園駅近くの「松屋」で焼き肉定食を食べました!(^o^)

 

<まとめ>

今回も自分のタイムは別にして満足感、達成感ありです!

 

前日までの天気予報では朝10時ぐらいまでは曇りで、それ以降弱い雨が降るというものだったのですが、実際には早朝からガチの雨。

ここ2週間、記録的な雨続きな中でもあり、なかなか元気は出ませんでしたが(笑)その中を押して出場している人が多いのが良かった!

エムタカシさんは今回も全ての進行、MC、表彰式でのハーモニカ演奏、インタビュー、選手への励ましなど、獅子奮迅の活躍!!これだけすべてこなせる人はそういないでしょうね。

平井堅、ビーズなどのモノマネもレベル高いっす!(^o^)

今後注目ですね!!

 

今回のグッドスポーツFUNランニング実行委員会)主催の大会は種目が多くていいですね!

特に小さいお子様から出られるのが凄くいいです。

今回も次の種目がありました。

●チャレンジラン(3~6歳、700m)

●親子ペア(5歳~小6,2キロ)

●ミニマラソン(5歳~小6,2キロ)

●5キロ

●10キロ

●ハーフマラソンがありました。

 

こういう雨の中ではランナーとしては走り始めればどってことないし、むしろ涼しくて良いものです。

ただボランティアスタッフには大変だったと思います。

早朝の強い雨とその後も断続的な雨の中、本当にしっかりと運営していただいたと思います。

心より感謝!!m(_ _)m

 

「葛飾ふ~てんマラソン2017いわし雲」

今回はいわし雲が見られなかったし、すぐ近くにあるはずの東京スカイツリーすら見えませんでした。(^_^;)

景色とタイムの両方のリベンジで、また来年出場したいと思います!!(^o^)

 

終わり

第46回タートルマラソン国際大会の感想(写真多数・2017年10月15日体験談、評判、レビュー)

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真チアリーディングとブラスバンドの応援

<約5000文字、一般完読時間8分>

2017年10月15日(日)、第46回タートルマラソン国際大会のハーフマラソンに出場しました。

これは第20回バリアフリータートルマラソン大会を兼ねています。

つまり知的障害者や目の不自由方が参加される大会です。

それもあって健康のためというのが趣旨で、計測は行うが順位は競わない大会です。

 

まず大まかな感想を述べます。

僕はほぼ思っていた通りの走りができましたが、2週間前のベストタイムには及びませんでした。

コースは1回往復ですべて舗装されているフラットで走りやすいコースです。

記録は出やすいでしょう。

ただ当日は雨が降っていて、水たまりが多く、どうしてもそれを避けなくてはならないことでロスはあったと思います。

雨は1mm以下の小雨でしたが、16度程度の肌寒い天気

そういった理由もありますが、運営面で大きな問題がありました。

特にゴール後。

これは100人中100人が思う不満だと思います。

 

では到着から順を追ってレポートします!

 

1)タートルマラソン荒川河川敷の会場到着まで

2週間前に次の郵送物が届きました!

第46回タートルマラソン国際大会事前郵送物

出走者名簿が出ており、さすが伝統ある大規模大会、パンフレットはしっかりしています。

ゼッケンもICチップも入っているので、事前に付けて会場に向かえるのが良いところ!

 

僕が新たに買ったウエアにゼッケンを付ける!^^

第46回タートルマラソン国際大会ゼッケン

今までより40g軽い70gのウエア。

帝京科学大学代表っぽいけど、ま、いいか。。(^o^)

 

タートルマラソンの会場は北千住駅から徒歩10分の場所。

僕の住む茅ヶ崎からは、東京湘南ラインで東京や上野まで行ってから、常磐線又は日比谷線に乗り換えるのが便利。

今回は一般的ルートの上野経由にしました。

いつものように最寄り駅の北千住ではなく、少し手前の上野でお手洗いを済ませました。

日曜の早朝ということでガラガラでした。

 

そして北千住に着くと、お手洗いは案の定このような状態。^^

第46回タートルマラソン国際大会北千住駅トイレ

済ませておいて良かったーーーー!(^o^)

 

北千住駅の西口を出ます。

第46回タートルマラソン国際大会北千住駅西口

改札を出て西口を出ると、高架橋です。

 

高架橋を真っ直ぐ行くと右側にスポーツウエアを着たたくさんの人が一方向に向かった歩いています。

第46回タートルマラソン国際大会北千住駅から徒歩

もう着いていくだけでいいですね!

 

すぐに住宅街に入りました。

第46回タートルマラソン国際大会北千住駅から徒歩

 

3分ぐらい歩くと案内が出ていて安心です。

第46回タートルマラソン国際大会北千住駅から徒歩

ここを左折して宿場町通りにぶつかると右折します。

 

レンガ色の道を行きます。

第46回タートルマラソン国際大会北千住駅宿場町通り

 

駅から10分程度で荒川河川敷に着きます。

第46回タートルマラソン国際大会荒川近く

 

河川敷手間の道路。左を見たところ。

第46回タートルマラソン国際大会荒川近く

 

だだっ広い会場が見えます。正面。

第46回タートルマラソン国際大会会場到着

 

左側。左真ん中に見える黄色いエアアーチがスタートとゴール地点。

第46回タートルマラソン国際大会会場到着

 

右側。青く見える橋が常磐線。この下で着替えることになります。

第46回タートルマラソン国際大会会場到着

 

正面に案内版がありました。着替え場所が右の方にあるのがわかります。

第46回タートルマラソン国際大会案内版

 

2)到着からスタートまで

当日1週間も前から雨予報でした。

このとき細かい天気予報を見ると、ほぼ終日1時間に0.8mm程度の雨が降ることになっていました。

到着時の気温は15度なので、小雨とはいえ雨が降り肌寒いです。

 

雨をしのげる更衣室が見つからず、結局橋の下へ。

第46回タートルマラソン国際大会着替え場所

この上が常磐線。

この先の川沿いで着替えました。

少し寒いけど雨がしのげるので助かりました。

 

トイレはたくさんあります。「小」の方はほとんど待つこともなく問題ありませんでした。

ただ「大」はスタート時間が近づくにつれて行列がどんどん長くなっていました。

第46回タートルマラソン国際大会トイレ

 

左の階段が僕が降りてきた道。右がトイレ。

第46回タートルマラソン国際大会トイレ

ハーフマラソンのスタートは9時30分

開会式の開会は8時40分

10キロが9時50分。

5キロが10時。

ウオーキング10キロ、5キロが10時5分。

親子ペア1.6キロが12時30分。

 

前日から雨が降っていることで、会場の地面はぬかるんでいます。

開会式を見るためには、始まるまでに荷物を預けたいところ。

ごったがえす荷物置き場。

第46回タートルマラソン国際大会荷物置き場

 

透明なビニール袋だけ渡されます。

荷物にあらかじめ郵送でもらった番号タグを付けて、袋に入れます。

それを写真のような雨ざらしのところに置きます。これが荷物置き場。。。

第46回タートルマラソン国際大会荷物置き場

 

男性用トイレ。

第46回タートルマラソン国際大会トイレ

 

開会式。

第46回タートルマラソン国際大会開会式

雨だし寒いし参加者少ないです。

有名人がゲストで来ているわけではないし、ノリもありません。

 

荷物をスタート50分前に預けました。

そのときに走るまんまの格好にならなくてはなりません。

苦渋の選択で、半袖の上にゼッケン付きのランニングウエアを着ました

折角新調した軽いランニングウエアの意味がありませんが、この雨ざらしの状況で風邪をひくリスクを回避することにしました。

こうして上2枚着ていても、少し寒い。

 

スタート20分前の9時10分にスタート地点に着きました。

スタートまで20分間、こらえなくてはなりません。

橋の下で着替えてから動き出したのが8時30分。

それからスタートまでの1時間を歩くか立って過ごしたことになります。

う~~ん、雨の日がこんなものでしょうか。。。(^^;)

こらがコース図です。折り返しが1回だけという理想的なコース!

タートルマラソンコース

引用:第46回タートルマラソンホームページ

コース図 交通のご案内 北千住駅(西口)より旧日光街道を通り徒歩約10分です。 JR常磐線/上野駅→北千住駅(10分) 東武スカイツリーライン/浅草→北千住駅(15分) 東京メトロ/千代田線・日比谷線・半蔵門線→北千住駅 つくばエクスプレス線/北千住駅 ※一般ランナーの駐車場はありません(近隣の道路には絶対...

 

 

スタート5分前の自撮り!

第46回タートルマラソン国際大会スタート5分前自撮り

 

3)スタートからゴールまで

気温16度、風邪は微風、小雨の中、

 

スターーート!!!

 

スタート前後の動画。雰囲気が分かるでしょう!(^_^)

 

スタート1分後。

第46回タートルマラソン国際大会スタート1分後

 

スタート5分後。

第46回タートルマラソン国際大会スタート5分後

左の金色の仮装の人にはここで抜かれたが、結局僕よりはるかに早かった!(T_T)

 

和太鼓の演奏で応援してくれています!感謝です!

第46回タートルマラソン国際大会和太鼓の応援

 

5キロ地点。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真

 

チアリーディングとブラスバンドの応援!!

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真チアリーディングとブラスバンドの応援

 

ブラスバンドを撮ろうとしたが、手前のランナーが重なってうまく撮れず。。。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真チアリーディングとブラスバンドの応援

チアリーディングの子が可愛いことは写真を見て分かった!(^o^)

レースと取材に集中しすぎかな~~。(笑)

 

ほとんどフラットなコースですが、この右に見える道と左の道の行き来で、

2回登りと下りがあります。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真

 

ここで見た事がある景色が!!

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真

北区赤羽マラソンで走ったコースでした!!

つまり北千住から赤羽まで荒川を沿って上ってきたということ!

 

この水門が特徴的です。この前を通ります。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真

 

7キロ地点、伴走ペアに追い越されました。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真

右の人のゼッケンに「視覚障害者」と書かれています。

伴走者は伴走相手に「50m先登りなので気を付けてください。その後3時に右に曲がります」などと逐一説明をしながら走っています。

大変な仕事ですね!!

 

懐かしき赤羽マラソン!(笑)遠くに見える場所がメイン会場でした。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真

 

ここは下り。

ここで、伴走者2人の会話を聞いたのですが、前に見えている伴走者は目標タイムを聞かれ「90分」と答えていました。

ここ7キロまでのペースは100分。。。

「これから上げていきます!」

うわあ~~~、そうなんだ~~~!(>_<)

 

確かに僕のペースはほぼキロ4分45秒ぐらいで全く落ちていないにも関わらず抜かれてばかり。それが15キロになっても同様でした。

つまりこのレベルで走っている選手はビルドアップ(ペースを上げる)走法をしている人が多いということ!!

僕も身につけなきゃ!!(^_^;)

 

給水場。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真給水所

給水場は全部で8カ所もあるので、ほぼ2.5キロに1回なので十分にありました。

今日は涼しいこともあって、僕は1回しか行いませんでした。(^_^)

 

また距離表示が1キロ刻みで正確に行われていました。

しかも例えば18キロ地点の表示がある約100m先に「あと3キロ」という表示がありました。走る距離は21キロ+約100m(正確には97.5m)ですからね!

ここまで気を遣った表示は初めてでしたm!!(*^_^*)

 

ここで僕のレース解説をします。

今日はいつもに増して慎重な入り。

なにせウオーミングアップもできず、スタートまで20分立ちっぱなしだったので身体が冷え冷え、足も硬直してます。

事実最初の2キロは膝下が無感覚でした。。(^_^;)

最初の5キロがキロ4分43秒平均

6~10キロが4分48秒平均

コースは平坦で舗装もされているのですが、結構水たまりがちょくちょくありました。

涼しいのはプラスですが、水たまりを避けて蛇行したり、着地位置を変えたりするのはマイナスです。路面が滑るのもロスでしょう。

 

11~15キロは4分47秒平均

僕にとってこの5キロが落ちなかったことは初めて!

成長してる!(笑)

16~20キロも4分47秒平均

ここも落ちていないが、ここはラストスパートをかけ始めた区間。

「残り5キロ」「残り3キロ」とハッパをかけてギアを上げたつもりだったが、ペースは上がらなかった。。(>_<)

最後の1キロだけは4分30秒でフィニッシュ!!

合計タイムは僕の計測で1時間40分8秒

 

<後日訂正>

案内では結果はレース翌日にホームページに反映されるとのことだったが、実際には2日後の午後(多分)に反映された。

その結果、僕のネットタイムは1時間40分53秒だから、自分の計測とだいぶ開きがあった。

ハーフ男子4072人中693位。

ま~~~このレベルでこだわってもしょうがない。

こだわるんなら、レース中に写真撮ってるな!って話だ。(笑)

 

約10キロの折り返し地点。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真折り返し点近く

後半はレースに専念して写真を撮らず。

 

4)ゴール後がひどかった!それから帰路まで

 

ゴーーール!!!

 

スタートまでの1時間が立ちっぱなしという今までにない状況でのスタートだったが、

なんとか力を発揮してゴールできた!

達成感あり!!

 

ただしゴール後の状況が最悪だった。

すぐに長蛇の列に並ぶことになった。

チップと引き替えに参加賞をもらう列だ。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真ゴール後

 

足下はこんな感じの泥んこ状態。ほぼ田んぼ。

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真ゴール後

給水も並んで5分ぐらい経ってから手渡しで水(いろはす555ml)をもらっただけ。

普通、スポーツドリンクはもちろん様々な給食が置かれているものだ。

疲れとのどの渇きで倒れ込みそうな人もいるはずだ。

この泥では気を失うまで倒れられないが。。。

まるで修行!(^^;)

 

正式タイムも分からない。

完走証明書を渡す場所がないようだから、後日にならないと分からないようだ。

大会ホームページを調べると次のような説明があった。

「完走証は後日郵送致します。タイム順位は大会翌日にネットでご確認頂けます」

 

参加賞のTシャツのサイズによって並ぶ列が違うのだが、列の最後尾がわからない。

誰も教えてくれない。

僕はLの列に並んでいたのだが、途中で一番右のLLの列でもLを配っていることがわかり、はるかに短いその列に変えた。(^^;)

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真ゴール後

 

完走して疲れている身に、汗が冷えて寒い

風邪ひきそうだ。

実際、参加賞要らないからチップだけ受け取ってくれ!という人が何人もいた。

そもそもTシャツは郵送の袋に入れておけば良かった話

通常、チップはレースが終わったらすぐに係員が取ってくれるか、回収箱に入れておしまいだ。

この「仕打ち」は誰1人例外なく「ヒドイ」と思っているだろう。。

完走して最も気持ちの良い余韻に浸るべきときに、これとはトホホ!(>_<)。

 

こんな悶々としている時間にあえて笑顔で自撮り!(^_^)v

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真ゴール後自撮り

 

結局20分並んだ。

風邪をひかないギリギリまでいった。

多分上位20%の僕がこれだから、後の人はもっと並んでいる。

実際感想を読んでみると30分以上並んだという人が多かった!(>_<)

 

第46回という非常に伝統のある大会だというのに、このゴール後の対応は驚き!!

雨が降っていなくてもヒドイ。

そもそもバリアフリーの国際大会で、人に優しい大会なのでは?

順位を競わない健康のための大会なのに、最後に最も不健康になってしまうような大会だった。

 

その後荷物置き場で荷物を受け取り、また橋の下でなんとかスペースを見つけて着替え。

更衣室がどこにあるのか結局最後まで分からなかった。。

休める場所も全くないので、すぐに帰路に着く。

 

丘の上からパシャリ。この青い橋の下が僕の着替え場所(笑)

第46回タートルマラソン国際大会レース中写真帰路

 

青く並んでいるのがトイレ。その先と右側が荷物置き場。

第46回タートルマラソン国際大会全景

 

まだとてつもなく人が並んでいます!悲劇!(>_<)

第46回タートルマラソン国際大会全景

第46回タートルマラソン国際大会全景

 

とりあえず、身体があったまって風邪をひかずに済んで一安心。

いや~~ゴール後は酷くて驚きましたが、レース事態は良かった!!

そして途中の和太鼓、チア、ブラバン応援は素晴らしかった!!

この雨の中大変だったろうに、給水地点や医療関係などボランティアスタッフの人たちも声援を送ってくれたりでありがたかった

90%以上良い大会なのに、最後の導線が悪かったために評判が落ちてしまうのは関係者に可哀想。

ほとんどは良かったことはここで断言します!

 

北千住駅への途中。宿場町通り商店街。

第46回タートルマラソン国際大会宿場町通り

食事で寄りたい店がたくさんありましたが、、、

結局北千住駅前のデニーズで食べました!(^^;)

 

これが参加賞のTシャツ。想い出に残るお値打ち品(笑)

背中。

第46回タートルマラソン国際大会参加賞Tシャツ

 

前はなぜか無地。

第46回タートルマラソン国際大会参加賞Tシャツ

 

<まとめ>

良い経験になりました!

レースでいえばイーブンペースで走れたことが自信になるものの、

このままの練習では、これ以上早いタイムは望めないのが分かりました。

大会運営でいえば、雨の日の出場は思った以上に大変なのを実感。

特に今回のように寒いとよほど気を付けないと、スタート前に疲れてしまいます。

大規模大会は高揚感があっていいのですが、色々な場所で待たされるなどの不都合があることも分かりました。

 

このタートルマラソン、ゴール後の導線が改善されればまた出場したいです!(^o^)

 

 

終わり

 

参考:

第46回タートルマラソン国際大会

2017年10月15日(日)に荒川河川敷で開催されるタートルマラソン兼バリアフリータートルマラソン大会の公式サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧頂けます。

 

P.S.

下記「記録証」が11日後に郵送されてきました。当日に発行するところが多い中にあって、これはやはり遅いですね~。

第62回タートルマラソン完走証

第62回タートルマラソン完走証

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンの感想(2017年10月7日30キロ体験談、口コミ、評判、レビュー)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン親子ランスタート

<約4,800文字 一般的完読時間8分>

2017年10月7日、第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンの30キロを走りました!

その感想(体験談)を書きます。

いつものようにレース中に僕が撮った写真も入っています!^^V

 

コースは横浜の八景島の隣にある「海の公園」の1周3キロコースです。
だから30キロだと10周という精神的にきついレースです。
ただ海に面していて変化にも富んでいる面が良かった!
路面は石畳か舗装道路でしたが、石畳が予想外に足にきます。

 

ゲストMCは市民ランナーで有名な川内選手のソックリ芸人のM高史。
最初から最後まで大活躍でした!!

 

僕の大目標は「完走」でした。
なにせ今まで練習でも24キロが最高、レースではハーフマラソン(21キロ)が最高でしたから。。

結果、完走できて良かった!!
とりあえず自信になります!!

ただハーフマラソンとは全然違うことを痛感させられました。
最後の10キロはつぶれました。。(>_<)

 

では、最寄り駅の到着からゴール後まで順を追ってレポートします!!

レーススタートまでが長いので必要ない方は飛ばして読んでくださいね!(*^_^*)

1)八景島駅到着からレーススタートまで

会場の最寄り駅は、金沢(横浜)シーサイドラインの「海の公園柴口駅」又は「八景島駅」

僕の住む茅ヶ崎駅からだと、JR大船駅乗り換えで、京浜東北線で「新杉田」まで。

シーサイドラインにはここで乗り換えます。

下の写真はJR新杉田駅の改札を出る前の看板。第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン

 

シーサイドライン新杉田駅の券売機。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン新杉田駅

 

近代的な作りです。

僕も乗るのは凄く久しぶり!

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン新杉田駅

シーサイドラインとは横浜的なしゃれた名前ですね。

ただ途中までほとんど海は見えませんでしたが。(笑)

 

9駅目の八景島駅まで来てようやく海が見えました!!

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン八景島駅

 

「海の公園柴口駅」又は「八景島駅」どちらでも良いようなので、イメージの良い「八景島」で降りました。

八景島駅前です。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン八景島駅

結果的には大会本部へは「海の公園柴口駅」の方が近かった

「八景島駅」から5分、「海の公園柴口駅」2分という感じです。

写真の右側が八景島方面です。

横浜ビーチサイドマラソンの会場となる「海の公園」は八景島の隣です。

 

駅前がすぐに「海の公園」。イベント告知がありました!

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン告知

 

本部に行くまでの途中の景色。八景島が見えます。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン海の公園

 

ビーチバレー場などがあります。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン景色

 

大きなお手洗い。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンお手洗い

実は「海の公園」にはお手洗いがこれでもか!というほどあります!(*^_^*)

マラソン大会にはこれ凄く便利なことですね!

 

「八景島」から5分ぐらい歩いて、大会本部が見えてきました。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン

 

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン会場

 

受付です。

8時半からの受付でちょうど始まったところ。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン受付

 

既に案内MCを行っていたゲストのM髙史さん

日本代表で市民ランナーでも有名な川内優輝選手のそっくり芸人です!ビーチサイドマラソンM髙史

カメラを向けると快くポースととっていただきました!

ありがとうございます!

 

これも会場すぐ前のお手洗い。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンお手洗い

 

参加賞のポーチ

僕が愛用しているのとそっくりで、これは使えそう。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン参加賞ポーチ

スマホと小さいボトルが入ります。

今使っているのが壊れたら使おう!(^_^)v

 

ゼッケンをユニフォームに付けた!

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンユニフォーム

ゼッケンに付いているQRコードを検索すれば、リアルタイムで今どこを走っていて、タイムがどれぐらいか、前後との差などが分かるそう。

応援者にはありがたいですね!

そういえば、周回コースというのは参加者には過酷に感じますが、応援者にとって良いし、同時に応援される参加者も何度も応援を受けられるので良いことではありますね!!

 

左が女子更衣室、右が男子更衣室。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン更衣室

この日風が強く(風速7M)肌寒い日。

完全に仕切られていてゆっくりできる更衣室があって良かった!

 

荷物置き場。

自分で番号タグを書いて置く簡易的なもの。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン荷物預かり所

 

さて、9時から開会式が始まりました。

最初はほんの少ししか集まっていません。

M高史さんの司会です。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン開会式

実はこの大会でM高史さんは、ものすごい活躍ぶりでした!

会場案内、開会式司会、ランニングのアドバイス、子供と一緒に走ったり、周回のたびにタッチしてくれたり、表彰式の呼び出し、表彰式での「勝利の歌」ハーモニカ演奏、表彰式インタビューなどなど!!(^_^)

コップのゴミ拾いまでやってましたーーー!!(T_T)

普通、ものまね芸人は似ているだけ、笑いを取るだけなのでしょうが、M高史さんは万能のハイパー芸人です!!

 

開会式に徐々に皆さん集まってきました。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン開会式

 

M高史さんが考案したという、「ジャパササイズ」体操を行います。

日本独自の色々なものを身体で表すもので、楽しみながら体操にもなるというもの!

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン開会式

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン開会式体操

 

最初の種目のチャレンジラン。3歳~6歳(未就学児童)が対象で400Mです。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンチャレンジランスタート

 

M高史さんが先頭で走ります!

迷うなど問題が起こらないようにでしょう。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンチャレンジランスタート

 

次は親子ペアマラソンの3キロのスタート。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン親子ランスタート

 

これもM高史さんが先頭で走ります。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン親子ランスタート

調べてみるとM高史は駒澤大学陸上部出身で、フルマラソンのベストが2時間40分という凄い人!

 

10時にフルマラソンスタートです。

なんと14周です!(>_<)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンフルマラソンスタート

 

さすがにこれにM高史さんは走りません。(^o^)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンフルマラソンスタート

 

コース地図はこれです。

横浜ビーチサイドマラソンコース地図

出典:http://yokohama-beachside-run.net/map.html

 

既に終わった種目の表彰式です。

M高史さんが、「勝利の歌」のハーモニカ演奏を行っています(笑)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン親子ラン表彰式

 

フルマラソンのランナーが1周してきました。

黄色い風船を頭に付けているのがペースランナー(3時間30分)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンフルマラソン

 

ピンクの風船を付けているのが4時間のペースランナー。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンフルマラソン

 

30キロで走ってもらえるペースランナーの紹介をしているところ。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンペースランナー

この大会は、3週間後の横浜マラソンの調整を兼ねている人が多いとのこと。

それもあってか、ペースランナーがいます。

これ、ありがたいですね!!

ただし、僕は2時間30分より早く走りたい思いがあって利用しませんでした。

その結果は???

下記を読んでください(笑)

 

2)横浜シーサイドマラソン30キロスタートからゴールまで

30キロのスタートはフルマラソンの30分後の10時30分。

ちなみにハーフマラソンは11時30分スタートです。

さらに12キロは13時です。

 

10分前から整列を始めました。

30分刻みで実力に合わせて整列させているので、非常に良い感じです。

恒例の自撮りをパシャリ!^^

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン30キロスタート前

 

僕は前の方ではありますが、当然のことながらトップクラスではないので

これぐらいの場所。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン30キロスタート前

 

スターーーート!!!

 

↓スタート直前と直後の動画です。

 

気温は20度ぐらい。風は風速7メートルというぐらい強い。

前半は曇っていて涼しめだったが、後半は日が照って少し暑くなった。

23度ぐらいになっただろう。

給水は1カ所ですが3キロに1回あるということなので問題ありません。

水とスポーツドリンク、オレンジやお菓子などがありました。

 

スタート3分後の様子。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン30キロスタート直後

 

スタート7分後ぐらい。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン30キロスタート直後

 

眼前に見える海の景色が心地よいです。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真

 

なんと「八景島駅」前を通ります。

時間の経過とともに八景島に向かう観光客が増えて、大人数とすれ違うようになりました。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真八景島駅前

 

間違って撮った路面。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン路面

このようななめらかな路面だと走りやすいのですが・・・・。

 

或いはこのような普通のアスファルトも走りやすい。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真登り

1周に2カ所ある「中くらい」の登りのうちの1つ。

前半はどってことないと思っていても、30キロの中に20回あるわけなので、後半は足にきます!!(>_<)

 

1周に1カ所だけある折り返し点。

右に折り返して走ってくる選手が見えます。

ここ以外は鋭角的に曲がる場所はありません。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真唯一の折り返し点

この路面の右側にある石畳がくせもの!!

これが本部前の直線を始め、全体の半分ぐらいを占めます。

表面が不統一に微妙に傾斜しているうえ、石の間の間隔が広いところがあったり、

結果として1歩1歩微妙に足の角度が変わるのです。

しかも石なので、足への圧力も強い。

M高史さんも、表彰式インタビューでも話題になりましたが、このダメージは少なくないようです。

 

最も走りやすい直線。しかもここは追い風でした!

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真最も走りやすい直線

風速7メートルということでかなり風が強かった!

向かい風をまともに浴びる場所もあって、これもちょっと厳しい条件の1つ。

 

僕のレース解説をします。

とにかく完走が一大目標。

とはいえ、1週間前にハーフマラソン100分を切っているので、このときにキロ平均は4分45秒。

30キロでは5分平均以内、つまり2時間30分以内を目標にしました。

あわよくば2時間25分。

 

前半は当然今までで一番慎重なスタート。

最初の1キロも5キロもキロ4分40秒台のペース。

途中、多少足が痛くなった場面もありましが、15キロぐらいまでは比較的順調でした。

キロ5分以内をキープしていましたから。

ただ15キロを走ってもまだ半分だけ、というところに今更ながら愕然とします!(^_^;)

気持ちも消極的にならざるを得ません。

ま~、それより根本的に体力がなくなってきたのが一番ですが・・・。

 

16キロからは、風と登り、石畳との戦いが激しさを増しました(笑)

20キロ前後にはキロ5分30秒前後まで落ちました。

これは明らかに1週間前のハーフのときより落ちています。

あとはズルズル!!!(^_^;)

25キロ前後では6分ぐらいまで落ちました。

22キロ地点では2時間30分のペースランナーに抜かれました!!

もうちょっと保てるかと思いましたが、、僕の落ち込みが急激すぎました!

 

ふと、最初からペースランナーに付いていた方が良かったのか?と思います。

今まで最初からキロ5分で走り続けることをやったことがないので、利用しませんでしたが、

今後一度はやってみる価値ありですね!

 

20キロを過ぎた辺りから、腰も痛くなりました。

今までこんな痛い経験はなかった。

特に最後の6キロ(2周)は、ヤバいかもと思うぐらい。

1週間後にもレースがあることを考えると不安にもなりました。

経験したことのない長い距離を走ったからか、石畳の影響かはわかりません。

 

それでも!

第一目標である完走のために必死で走りました!!

「もうこれからはハーフで十分」と思いながら!(笑)

 

写真は本部前の直線。

この正方形の石畳がくせ者。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真本部前直線

 

左にカメラマンがいます。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンレース中写真本部前直線

本部前ではM高史さんが笑顔で「頑張って下さい!」とタッチをしてくれます。

僕も4回ぐらいやりました!(^o^)

 

3)ゴールから帰路に着くまで

 

そしてゴーーーール!!!

 

ヘトヘトですが、凄く嬉しいです!!

足も腰も痛い。

ゴール後1分もすれば成績表(完走証明書)をもらえます。

これをもらいました。

ビーチっぽくてデザインいいですね!(*^_^*)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン30キロ完走証

ネットタイム2時間34分8秒

キロ平均5分8秒。

総合順位167人中34位。

年代別(50~59歳)順位53人中9位。

1周3キロごとのラップがでているのですが、

最後の3キロ以外、走るごとにすべてペースが落ち続けていました!(T_T)

上級者から言わせると最悪のレースと言われるでしょうね!!(^_^;)

 

男子30キロマラソン総合の表彰式。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン表彰式

 

男子ハーフマラソン総合の表彰式。

海が見える良い角度ですね。(*^_^*)

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン表彰式

 

女子の表彰式。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン表彰式

 

男子フルマラソン総合の表彰式。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン表彰式

表彰は男女に分けて、各種目総合が6位まであり。

また、年代別表彰は、50代以上は10歳刻みで1~3位に賞状を授与。

 

表彰の間もレースは続いています。

右側がゴールコース、左側が走行コース。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンゴール付近

走行を続ける選手は、ゴールする選手の喜びを目にしながらもう何周かするのです。(^_^;)

 

ゴール直後は、ハーフマラソンでは味わえない疲労度でしたが、1時間ぐらい休んだり写真を撮ったりしていたらかなり回復しました。

幸い、足も腰もほぼ大丈夫でした!!

大会は15時半ぐらいまで続くようです。

 

僕はなんとかびっこを引かないで歩けるようになり、帰路に着きます。

午後は晴れました。

やはり青空だと海も綺麗です。

レースにはマイナスですが。。。

第1回横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソン景色

 

<感想まとめ>

またまた良い想い出ができました!!

途中つぶれたとはいえ、初の30キロを完走できて、それほど悪くないタイムでした。

前半をどういうペースで走るべきかを含め、今後の課題ができました。

第1回にしては運営がしっかりしており良い大会でした!!

よく1回目からたくさんの種目をふんだんに取り入れたものだと思います。

何よりM高史さんの進行ぶり、活躍ぶりが素晴らしかった!!

緑と海に囲まれたコースも良かった!!

 

また機会があったらぜひ出場したいです!!(^_^)v

 

 

終わり

 

参考:

横浜(YOKOHAMA)ビーチサイドマラソンホームページ

シーズン初戦のフル・目標のフルの距離走として30㎞を開催します!制限時間も緩く、初30㎞・初フルの方にも是非お薦めです!

第26回ベジタブルマラソンin彩湖感想(埼玉県戸田市2017年9月30日体験談、口コミ、評判、レビュー)

ベジタブルマラソンin彩湖紹介チラシ

<約4,200文字 一般的完読時間7分>

埼玉県戸田市で第26回ベジタブルマラソンin彩湖でハーフマラソンに出場しました!!

その体験談を記します。

 

気候は気温20度前後で曇り時々晴れ

眺めの良い走りやすいコース。

そして運営もしっかりしていて、イベント性もあるので、大変良いでした!!

 

個人的には、ベストタイム更新!!

しかも狙い通り100分を切ったので最高の結果でした!!

ぎりぎりだったので最後のラストスパート頑張らなかったら切れなかったでしょう!(^_^;)

 

それでは到着からレース終了まで詳しくお伝えします。

 

1)北戸田駅から「ベジタブルマラソンin彩湖」会場到着まで

最寄りの駅は埼京線北戸田駅

僕の住む茅ヶ崎駅から色々な行き方があるのですが、

今回は湘南新宿ラインに乗って「赤羽駅」降りました。

目的はお手洗いをしっかり済ますため。

わかりますね!マラソン前の「大」の方はめちゃめちゃ重要な問題。

会場の最寄り駅のトイレは凄く混むでしょうし、

会場の簡易トイレだと不安ですから。。(^_^;)

 

赤羽駅から北戸田駅まで埼京線で5駅。

北戸田駅西口に出ようとすると看板がありました!

というより持ってくれている人がいました!(笑)

ベジタブルマラソンin彩湖北戸田駅

シャイなのかな、、、、顔見えない。。。

 

しつこく後ろから撮影。

北戸田駅西口です。

ベジタブルマラソンin彩湖北戸田駅

矢印通り、シャトルバス乗り場は右に曲がってすぐにありました!

目の前です。

ベジタブルマラソンin彩湖北戸田駅無料送迎バス

会場までの無料シャトルバスに乗って10分程度で着きます。

写真は降りているところ。

ベジタブルマラソンin彩湖北戸田駅無料送迎バス

バスを降りてすぐに河川敷に見られるような階段があります。

登るのがワクワクするところです!!

ベジタブルマラソンin彩湖

ベジタブルマラソンの看板があります!

ベジタブルマラソンin彩湖会場への道

階段を上るとドーーーーーーーンと広大な景色が広がりました!!

ベジタブルマラソンin彩湖会場の公園

左を見ても広い!!

球場があります!

ベジタブルマラソンin彩湖会場の公園

右を見ても広い!!

ベジタブルマラソンin彩湖会場の公園

そのまま真っ直ぐ歩いて行きます。

彩湖・道満グリーンパーク(サイコドーマングリーンパーク)の看板があります。

ベジタブルマラソンin彩湖会場の道満グリーンパーク

公園内を歩きます。

桜並木ですね。

ベジタブルマラソンin彩湖会場の道満グリーンパーク

右に陸上競技場が見えます。

今回の大会には使用しません。

ベジタブルマラソンin彩湖会場の道満グリーンパーク

2)会場到着からスタートまで

バス停から5分ぐらいで会場到着です!!

広いし華やかだし、胸が踊ります!!(^_^)v

ベジタブルマラソンin彩湖会場テント

参加者受付所でゼッケンや参加賞チケットの付いた案内チラシなどを受け取ります。

ベジタブルマラソンin彩湖会場参加者受付

チラシの端っこに付いている引換券をちぎって係員に渡すと、参加賞の野菜がもらえます!!(^_^)決められた数を自分で袋に詰めるスタイルです。

ベジタブルマラソンin彩湖会場参加賞配布所

ジャガイモ2個、タマネギ2個、ニンジン1個、サツマイモ1個、しめじパック1個です!!

(^_^)/

ベジタブルマラソンin彩湖参加賞の野菜

手荷物預かり所も十分な係員がいて、しかもテキパキはたらいてくれます!

ベジタブルマラソンin彩湖会場荷物預かり所

ただ、荷物を預けた控えに番号の書かれた引換券をもらいます。

僕のように一人で来た者は、それをポケットに入れて走らなくてはならないので、ちょっとイヤ。汗で濡れるし。

ゼッケンの確認ということでいいのではないか!?

 

トイレも十分にあります。

レース直前の行列もそれほど長くなりません。

ベジタブルマラソンin彩湖トイレ

更衣室です。

ベジタブルマラソンin彩湖更衣室

「第26回ベジタブルマラソンin彩湖」のチラシ。

ベジタブルマラソンin彩湖紹介チラシ

コース見取り図。

ハーフマラソンは4周しますが、1周目で多めに走って調整します。

ベジタブルマラソンin彩湖コース図

今までの写真で出ていたテントの向かい側にもテントが並んでいます。

ベジタブルマラソンin彩湖出店

手前がゴール後の給水などのサービスのテント。

向こう側には、スポーツ用品や飲食の出店が並んでいます。

 

ゼッケンを付けて自撮り!!

頑張るぞ!!(^_^)v

ベジタブルマラソンin彩湖自撮り

ここがゴール地点。

ベジタブルマラソンin彩湖ゴール地点

ウオーミングアップのために少しジョギングする。

彩湖のいい~~眺め。ここの周りを走ります!

ベジタブルマラソンin彩湖風景

ベジタブルマラソンin彩湖風景

9時から開会式始まる。

ベジタブルマラソンin彩湖開会式

ゲストランナーはマイクを持っている松本翔さん。

東大卒のサラリーマンランナーでフルマラソンのベストが2時間13分台というのだから凄い!!

 

ベジタブルマラソンin彩湖開会式

右の黒人はサイラス・ジェイさん。フルマラソンベストが2時間14分台で、今年の北海道マラソンで2位だったとのこと!

真ん中の女性はスタート&ゴールMCの山口あやさん。

左側の女性はベジタブルマラソンイメージガールの下川原利紗さん。

 

ランナーへの応援のためのよさこい音頭の披露がありました。

ベジタブルマラソンin彩湖開会式よさこい音頭

3)スタートからゴールまで!!

 

ハーフマラソンのスタートは9時30分

暑くなる前なので嬉しい!

ちなみに5キロと10キロのスタートは12時30分なのでハーフが終わってから。

面白い構成になってますね。

 

スタートの並びは走力に応じて3段階に分かれています。

一番前が1時間30分以内。

次が1時間30分から2時間。

最後が2時間以上。

だからスタートがかなりスムーズに行きます!

ベジタブルマラソンin彩湖スタート地点

スタート直前の僕が入った走力1時間30分から2時間のブロック。

ベジタブルマラソンin彩湖スタート地点

恒例のスタート直前の自撮り!(笑)

ベジタブルマラソンin彩湖スタート地点自撮り

 

スタート!!!

 

スタート直後の状況。まだゆっくりです。

ベジタブルマラソンin彩湖スタート

スタート直前と直後の動画です!!
雰囲気と空気感が伝わると思いますよ!!(*^_^*)

天気はスタート時曇りで気温20度。最初少し風がありましたが、後半は風がやむ代わりに晴れて少し暑くなりました。

道路は概ねどこも広いし、途中のわずか約30m以外はすべて舗装されているので走りやすい!!

大きな登りは2カ所ありますが、いずれも長さ300m程度。若干急ではありますが、タイムとしてはその分の下りでかなり取り返せそう。だからマラソンコースとしては平坦と言って良いでしょう。

給水所は1周(5キロ)に3カ所あるので十分!!これは凄い充実ですね!

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

写真は1周目の距離調整区間の折り返し地点。

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

折り返して走ってくるランナーが見えます。

ゲストのサイラズ・ジェイさんが先頭でものすごい早さでした!!

 

橋から左を見た彩湖。スタンドアップパドルボードをやっている人が見えます。

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

眺めの良い橋の上。

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

橋の右側の風景。

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

1周に2カ所ある急な登りはこの先の道を右に上がっている道。

遠くに見える段の上まで上がります。

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

これ自体知れているのですが、1周に2回あるので、4周で8回ある。。

最後の周は足のバネがなくなっているのでヤバかった!!

 

3周目にしてトップに周回遅れになったところ。

とんでもない早さで追い抜かれた!!(>_<)

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

黄緑色のユニフォームの人がトップのサイラス・ジェイさん。

ただこのコースが面白いのは、僕が周回遅れにされた選手もいるが周回遅れにする選手もいたこと。むしろ周回遅れにする方がずっと多くて励みになった。

 

3周を終えたところ。

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

MCや沿道の人の声援が嬉しいです!!

ベジタブルマラソンin彩湖レース中写真

ここでゲストの松本翔さんがレース中ずっと応援のために立っていてくれて、タッチをしてもらえました。これもパワーになります!

 

目標タイムはズバリ100分!!

練習では101分だったが、身につける重さなどを考えれば十分狙える。

今回のレースは、ほぼ周回4周なので組み立てやすかった。

方針としては、最初の5キロは極力抑えて走るのと、16キロまでもしっかり余力を残すように走ること。

結果、最初の5キロがキロ平均4分41秒だったので計算通り!

6~10キロがキロ平均4分45秒。よしよし!

11~15キロが4分49秒。さすがに落ちてきた~~。。。

後半は日差しが照ってきて暑い!

16キロ以降はキロ4分50秒~5分の区間が続く苦しいとき!!

17-18キロは4分59秒。

しかし、18キロ地点であと3キロと思うとだいぶ元気が出てきた!!

19,20キロと4分40秒台に回復した。

 

目標の100分はギリギリだろうと思っていたので、ラストスパートもかけがいがある!!

本格的にラスト2キロから上げて、最後の200mは得意のスプリントが出た!!

 

そして、、、

 

ゴーーーーーール!!!

 

4)ゴールから帰路に着くまで

ゴール後すぐに係員にチップを取って渡した。

そして、美味しい~~ベジタブルジュースを一気飲みした後、

完走証発行所へ!

ベジタブルマラソンin彩湖完走証発行所

結果、、、、

 

ネット99分49秒!!!

 

なんと11秒差で目標達成!!(^_^;)

 

ヤッターーー!!!(^o^)

ベジタブルマラソンin彩湖完走証

間もなく男子の表彰式始まる。

年齢別では40歳以下と39歳以上があるだけ。

54歳の僕としては50歳以上の部があって欲しいところ。。

写真は男子39歳以下の表彰式。

ベジタブルマラソンin彩湖表彰式

ベジタブルマラソンin彩湖表彰式

次は男子40歳以上の表彰式。

このとき写真を撮っていたら、この大会の委員のような人から「タイムはいかがでしたか?」と聞かれた。そこから色々と話をした。

コースに起伏やら暑さについて心配していたようだったが、僕はなんでもないと答えた。

特に暑さは4月のレース以来、毎回26度以上で走ってきた僕にとっては救いの涼しさだったし!!(*^_^*)

ベジタブルマラソンは普段1800人ぐらい出場するのが今回は1300人だったとのこと。

色々意見を聞いてきたので、こういうところでも運営の改善に努力してるんだなと思った。

ベジタブルマラソンin彩湖表彰式

こちらは女子39歳以下の表彰式。

1位の女性は2連覇!

ベジタブルマラソンin彩湖表彰式

ゴール近くで冷凍みかんを配っていたので1個もらった!

あまりに興奮したので珍しく僕の人差し指が写ってしまった。(^o^)

 

ベジタブルマラソンin彩湖冷凍みかん

久しぶりに食べる冷凍みかん、

口と頭に響く冷たさが強烈だったが、もちろん美味しかった~~!!

こういう気配りも嬉しいですね!!

 

最後は出店でコーラを飲み、カレーライス(500円)を食べた。

タマネギがしっかり入っていて美味しかった!!

食事ができる店は2軒だけだったので意外と少ないと思った。

 

まだまだ盛況の会場を後にします。

ベジタブルマラソンin彩湖会場

帰路に着きました。

公園内の芝生がテント場になっていて、凄く賑わっていました。

ベジタブルマラソンin彩湖会場

着た道をそのまま帰ります。

バス停に続く下りの階段。

ベジタブルマラソンin彩湖帰路

行きでもそうでしたが、帰りのバスも5分程度ですぐに発車したので、非常に快適でした!!

 

いやあ~~~、本当に最高の大会でした!!

僕が劇的ギリギリで目標の100分を切ったのはもちろん、運営も素晴らしかった!!

運営はすべてがスムーズなことに加え、プロと思われるMC(司会)が安定して良かったし、ゲストも豊富で雰囲気が明るかった!!

スタッフの気遣いやおもてなしもありがたかった!!

 

ベジタブルマラソンは色々な場所でやっているようなので、別の場所でもぜひ参加します!!

 

 

 

p.s.

ベジタブルマラソン凄い!!

レース結果がレースの終わったその日の夜にホームページに掲示されていた!!

僕は男子40歳以上で332人中59位ということが分かった。

男子40歳以上リザルト:

http://www.v-marathon.com/contents/dijest_result/pdf/26_saiko/half_o40_m.pdf

 

 

参考サイト:ベジタブルマラソン

ベジタブルマラソン公式WEBサイトです。年間を通して東京都・埼玉県・千葉県を中心に関東地域でマラソン大会を開催しています。フード・アクション・ニッポン後援のマラソン大会です。

 

 

終わり

5個目にして理想のランニングポーチに出会えた!!(体験談、口コミ、評判、レビュー)

5個目のポーチ

<約2,900文字 一般的完読時間5分>

ついに5個目にして理想のランニングポーチに出会えました!!

僕の走る距離に応じたニーズにピッタリ!!

もちろん、これは僕個人が理想なだけであって、誰にでも適用されるものではないでしょう。

僕が「無駄だった」と思ったものでも、人によっては重宝することはいくらでもあること!

また、逆もあるでしょう。

幸い試した5個とも簡単に壊れるというような不良品としての問題はありませんでした。

これまで何を選びどこが失敗だったかの過程、経緯を説明することは、ランニング(マラソン)を行う人にとって参考になると思うので、写真入りで詳しく説明します。

購入はすべてアマゾンで行いました。

1)1個目

「FITFORT アームバンド キーポケット付き スポーツ用 4.7インチまでのiPhone/Androidスマホに対応 ブラック」(参考価格770円)
ランニング用アームバンド

(写真はアマゾンより)

まずはスマホでしっかりと計測したかったので、それを留めるアームバンド(ホルダー)が欲しくなりました。

この腕に巻くスタイルだと耳に近い位置にあるので、音声が聞き取りやすいという利点があります。

アマゾンのカスタマーレビューがたくさんあって、しかも非常に良いので安心して買えました。レビュー100件以上あって平均評価4.3でした。

10回ぐらいこれで走りましたが使用感は悪くないです。

ただ、ホルダー内部とスマホの画面が接着しているので、たまに誤作動を起こすことと、

腕の重みが少々気になるところです。

また、走っている途中での出し入れが不便です。

僕の場合、たまに途中で良い景色があると写真を撮りたくなることがあります。

そのときに、どうしてもひっかかってしまうので立ち止まって取り出すしかありません。

この商品の詳細↓

FITFORT アームバンド キーポケット付き スポーツ用 4.7インチまでのiPhone/Androidスマホに対応 ブラックがアームバンドストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

2)2個目

「ランニング サイクリングに 伸縮 フレックス ベルト ポーチ グリーン」(1.482円)

ランニングポーチ

(写真はアマゾンより)

なるべく重みを感じることなく、しかも簡単に出し入れできるものはないかと選んだのがこれ。

1個目と比べると非常に良くなった!

製品重量50gと軽い。

腰に巻くのでフィット感があり重みを感じません

音声が聞こえやすいように、肩の上からたすき掛けでも試してみましたが、それだと遊びができてしまい、イマイチフィット感がありません。

また、伸縮性が凄く良いので、アイフォン7を走りながらでも出し入れできます。

ただし、アイフォン7を入れるとほぼいっぱいなので、走りながらだと出し入れに少し手間取ります。また、他に入れられるものは小銭程度だけになります。

当然、給水用ペットボトルは入りません。

この商品の詳細↓

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ランニング サイクリングに 伸縮 フレックス ベルト ポーチ グリーンを ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

3)3個目

「Ohuhu ランニングポーチ アウトドア ランニング ジョギング サイクリング用」(参考価格4,999円⇒1,599円)

ランニング用ポーチ3個目

(写真はアマゾンより)

季節が暖かくなってきて、どうしても給水用ペットボトルが入れられるポーチが必要になりました。

この商品、アマゾンレビューが100件以上あって、平均が4.2と非常に高い評価だったこともあり購入。

結果、数回使用して止めました!

一番の理由は重くてかさばること。

そのものの重さは110gだからたいしたことはないのだが、出っ張りが大きい。

太った人にも合うようにしているせいか、バンドが僕には無駄に長い。

僕は練習は長くでも20キロまでしか走らないし、あまり多くの給水を必要としない体質だと思います。

ですからこのポーチのホルダーに合う500mlは必要ありません。

ただ、それより小さいペットボトルはなかなかないのも事実。

そこで色々探し回って見つけたのが、220ml程度のボトル。

これはダイソーでウーロン茶2個で100円で売っていたボトルです!(^o^)

ボトルの重さが30gなので、飲料を一杯入れると250g。

写真左が220ml、右が500ml。

大きなちがいですよね!

ペットボトルの220mlと500ml

これを入れて走ると、やはりボトルがゆるゆるなので、ときどきスポッと落ちてしまうことがあり参りました。

当然フィット感もありません。

これでは走っているとき気になって仕方がありません。

アイフォン7を含めると全体重量はちょうど500gではありますが。。

この商品のレビューが良いということは、みんな重い(500ml)ペットボトルを入れて走ってもあまり気にならないということでしょうか。

僕には向いていませんでした。

この商品の詳細↓

Ohuhu ランニングポーチがランニングポーチストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

4)4個目

「Terra Hiker ランニングバッグ 超軽量 サイクリングバッグ アウトドア ハイドレーションバック スポーツ用 ウォーキングバッグ ジョギング マラソン レース 登山 遠足 (水袋は付属していない)」(価格2,590円)

(写真はアマゾンより)

アマゾンレビュー29件で平均4.2なのでこれも評判良し。

しかし結果的に僕にとっては一番無駄だった!!

しかも値段は今までの中で圧倒的に高かった。。(T_T)

ひと言で言って、大袈裟すぎた!!

100キロなどのウルトラマラソンやトレイルレースあたりだと良いでしょう

暑い日に練習で30キロを走るようなことがあれば使えそうですが、そんなことは1年に1回あるかどうか・・・。

何を入れてもフィット感が良さそうではありますが、いかんせんここまで必要なかった。

重量は260gで、ポーチだったらあり得ない重さ。

この商品の詳細↓

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、Terra Hiker ランニングバッグ 超軽量 サイクリングバッグ アウトドア ハイドレーションバック スポーツ用 ウォーキングバッグ ジョギング マラソン レース 登山 遠足 (水袋は付属していない)を スポーツ&アウトドアストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は...

5)5個目(現状、理想のランニングポーチ)

「ランニング ポーチ ViViSun 超軽量 超薄 防水 防汗 超大収納 反射素材 夜間対応 調節可能 スポーツ用 ウエストポーチ ウォーキングバッグ ジョギングポーチ ランニング ベルト 6インチ スマホ 収納可能」(価格950円)

5個目のポーチ

(写真はアマゾンより)

とにかく僕が欲しいのは、

スマホが走っている間でも簡単に出し入れできて、220mlのペットボトルが入れられて、

しかも軽くてフィット感があるポーチ。

その全てが叶えられたのがこのランニングポーチ!!

この商品はアマゾンレビュー45件で平均4.6とやはり非常に評価高い!!

重量70g。

腰に巻いてフィット感抜群!

袋の伸縮性が非常に高く、アイフォン7とペットボトル(220ml)を両方入れても、

走りながらアイフォン7の出し入れが苦なくできます!

スペースとしてはまだ少し余裕あるぐらいです。

試してみましたが、500mlのペットボトルも入ります!!

写真は500mlのペットボトルを入れたところ。

理想のランニングポーチ

そしてチャックを閉めたところ。

しかもパンパンにはなりますが、500mlのペットボトルとアイフォン7の両方も入ります!

ホントにパンパンですが・・・。(^o^)

とにかく値段も安く、コストパフォーマンス最高ですね!!(^o^)

いや~~~理想的なポーチを見つけるまで1年近くにわたり、5回かかりました!

もちろん理想的ポーチは人によって違うので、僕の判断が誰にでも合うものではありません。

ただこの体験談、感想が少しでもあなたのためになってもらえれば幸いです!!

僕の理想的ポーチはこれ↓

ランニング ポーチ ViViSun 超軽量 超薄 防水 防汗 超大収納 反射素材 夜間対応 調節可能 スポーツ用 ウエストポーチ ウォーキングバッグ ジョギングポーチ ランニング ベルト 6インチ スマホ 収納可能がランニングポーチストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は...

終わり

「第6回UP RUN川崎多摩川河川敷オータムマラソン」15キロ(K)感想(2017年9月3日の体験談、口コミ、評判、レビュー)

<約4,400文字 一般的完読時間7分>

2017年9月3日(日)、多摩川河川敷で15キロを走りました!!

「第6回UP RUN川崎多摩川河川敷オータムマラソン」です。

アップランの大会は、皇居15キロを走って以来の2回目。

記録会的な大会ですが、運営はしっかりしているので良いと思います。

種目数は多いのが特徴で、今回も5キロ、10キロ、15キロ、

ハーフマラソン、30キロ、フルマラソン、そしてリレー、親子ランなど、

本当にてんこ盛りな大会!!(^o^)

僕は夏場はスピード練習しかしていなかったうえ、この時期まだ暑すぎる可能性があるので、ハーフではなく15キロにエントリーしました!

ガチに早い人が少ないはずで順位を狙えるということも頭に入っていました。

 

結果をいうと、最高の想い出ができました!!

15人中1位で優勝!!

タイムは今日の条件下では納得いくぐらい。

競技場を中心に走ることができることに特別感あり!!

それぞれがそれぞれの種目で頑張っているところも大変刺激を受けました!

 

それでは順を追って体験記を語ります。

1)JR川崎駅から古市場競技場の会場到着まで

会場は少々不便な場所です。

最寄りの鉄道駅は、南武線鹿島田駅でそこから徒歩17分

僕からするとこれは許容範囲外。

なのでJR川崎駅からバスを利用しました。最寄りのバス停からは徒歩3分!

ただこれ、少々迷いやすいです。

バス停は、JR川崎駅西口北のバス乗り場。

東急バスと川崎市バスがありますが、乗るのは川崎市バス。

87番乗り場の「川73系統 上平間行き」

乗り場番号と系統番号を混同しやすいので気を付けてください。

僕もてっきり73番乗り場とばかり思っていましたが、これがさっぱり見つかりませんでした。東急バスの運転手さんに教えてもらってようやく分かりました。

87番乗り場です。

 

川73(土手周り)上平間行きの時刻表。

頻繁にあるので安心できますね。

日曜日の朝8時台だって、10分に1本あります!

 

87番乗り場は、ラゾナ(LAZONA)というショッピングモールのすぐ前です。

右に見えるタリーズの少し右側正面です。

 

川崎市バスが来まし