第9回湘南藤沢市民マラソン(2019年1月27日)10マイルの感想と評価、体験談(写真多数)

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場つるの剛士

2019年1月27日、第9回湘南藤沢市民マラソンの10マイルに出場しました!

快晴、無風の最高のマラソン日和!!

「日本晴れ」で雪を頂いた富士山がバッチリ見える贅沢な環境の中、完走しました!!

僕にとって今回は7ヶ月ぶりの大会出場。

ケガが長引いて一時期は歩くのも不自由でしたが、なんとか走れるようになりました。

・・・といっても完治ではないので、今回はゆっくりと走ることに決めていました。

とにかく走れるって最高!!(^^)/

走れることが当たり前ではなく、幸せなことであることを実感した10マイル(約16キロでした!!

それでは、順を追って詳しく感想や体験談を書きます。

1)事前郵送物

事前郵送物は驚くほど早く着きました!

到着したのが大会日の5週間前の12月21日!!

はやっ!!(^^)/

第9回湘南藤沢市民マラソン資料

カタログやゼッケン、そして出場者名簿があります。

このときは、まだ「出られるといいなぁ~~」という段階で、全く走り始めてもいませんでした。

12月26日から少~~しずつ走り出しました。

最初はキロ8分程度で、少しでも違和感があったら歩きました。

患部は右足裏のケンで、強く蹴ることができません。

それでも大会1週間前には、キロ7分程度で10キロ走ることができました!

それで大会出場を決意しました!(^o^)

2)会場到着まで

会場の江ノ島に1番近い駅は、小田急線片瀬江ノ島駅

家がある茅ヶ崎からは、JR藤沢駅に行って小田急線に乗り換えます。

片瀬江ノ島駅到着!!まだ夜明け前の6時22分。

第9回湘南藤沢市民マラソン(2019年1月27日)早朝

片瀬江ノ島駅の仮の入り口。現在リニューアル中。

第9回湘南藤沢市民マラソン片瀬江ノ島駅(2019年1月27日)

元の駅はこちらで、入れなくなっています。

第9回湘南藤沢市民マラソン片瀬江ノ島駅

片瀬江ノ島駅から会場まで徒歩15分。江ノ島が見えます。

第9回湘南藤沢市民マラソン片瀬江ノ島駅

国道134号線の下のトンネルをくぐります。

第9回湘南藤沢市民マラソン

江ノ島に通じる弁天橋から見た富士山!

第9回湘南藤沢市民マラソン

観光地なだけにトイレは沢山あります。

トイレと月!!(^o^)

第9回湘南藤沢市民マラソン弁天橋

気持ちいいです!!

第9回湘南藤沢市民マラソン弁天橋

富士山最高です!!

第9回湘南藤沢市民マラソン弁天橋富士山

江ノ島に着いて左に曲がるとスタート地点がありました!

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート地点

会場到着!!広大な駐車場です。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場

江ノ島の崖です。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場

 

3)会場到着からスタートまで

早朝6時50分頃、セレモニー前の会場の様子

 

男子更衣室。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場

仮設トイレ。こことスタート地点近くの2カ所に沢山あります。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場

早朝7時30分頃、セレモニー前の会場の様子。

7時40分に開会式が始まりました。司会の方。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場

ゲストのつるの剛士と「海の女王湘南江の島」です。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場つるの剛士

ゲストは他にラグビー元日本代表の廣瀬俊朗、DJ・HAGGY、穂積ユタカ、LauLa

工藤江里菜、フォーリンラブバービー。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場

スタート30分前にトイレに並ぶのが僕のいつものパターン。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場トイレ

8分の待ちで済んだので計算通りで問題なし!!^^v

スタートに並びます。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場トイレ

スタート地点に15分前に到着しましたが、既に前の方にはいけないようになっていました。ブロック前からA~Dでの人は気を付けた方が良いでしょう。

僕が指定されているのはCブロックなのですが、これは申し込んだ時点での話(^^;)

今日はEブロックぐらいがちょうど良いので、これぐらいでOK!!

スタート5分前の自撮り。

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場自撮り

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート会場自撮り

スタート地点ははるか先です。(^^;)

第9回湘南藤沢市民マラソンスタート

4)スタートからゴールまで

16キロを走れそうだから出場したのだが、まだリハビリ中。

キロ7分程度のペースで最後まで走れればいいが、もちろん途中で患部に違和感が出たら歩いたり棄権することを決めてのスタート。

スターーート前後の約6分。

つるの剛士やフォーリンラブバービーが手を振っています!

弁天橋を渡るところ。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル江ノ島

江ノ島を後にしました。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル江ノ島

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

左に見えるのが江ノ島水族館。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

10マイル約1キロ地点、片瀬海岸

第1給水所、約3キロ地点。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル給水所

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル給水所

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

約4キロ地点、鵠沼海岸。向かいから走ってくるトップランナーと第2グループを見ることができます!

この辺りで気がついたのだが、想定よりも随分早いペースで走っていた。

キロ6分程度だ。

これは練習でもほんの500mぐらいしか走っていないペース。

ゆっくり走っているつもりでも本番になると違うものだと実感!!

ただ、足の調子は良いので安心。

約6キロ地点。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

約6キロ地点での動画

茅ヶ崎菱沼折り返し後の約7キロ地点

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

第3給水所、約8キロ地点、辻堂西海岸

辻堂西海岸でのランニング中の自撮り

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル自撮り

時々恐くてペースを落とすが、それでも結局は平均キロ6分ぐらいで走っている。

これでも息が苦しくないので、本当に気持ち良く、そして周りが良く見える!!

おかげで写真や動画もた~~くさん撮っている!(^_^)v

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

約9キロ地点、辻堂西海岸での動画

右が江ノ島水族館。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

もうすぐ江ノ島手前での折り返し地点

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

江ノ島手前での折り返し地点の動画

折り返し後の給水地点。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル給水所

約13キロ地点。さすがに足が重くなっているが、大きな問題はなし。

完走できそうな喜びの方が強い!

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル

鵠沼海岸折り返し地点の動画(最後の折り返し)

 

ラスト2キロになって足にも体力にも余裕があったので、少しラストスパートをかけた。

弁天橋まで来て、疲れたし、撮影のためペースを元に戻す。

残り約1キロ!

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル江ノ島

右側の富士山の眺め。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル江ノ島

江ノ島。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル江ノ島

弁天橋通過、約15キロ地点

5)ゴールから帰路に着くまで

ゴーーーール!!!

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

ゴール後のスタッフ学生の祝福ハイタッチ!このねぎらいと笑顔が嬉しい!!

ICタグの取り外しをやってもらいます。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

大勢いるので待たないでできます。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

最高に嬉しい余韻に浸りながら大きく回って歩きます。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

アクエリアス500mlがもらえます。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

次に完走賞がもらえます。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

ここまで非常にスムーズでしたが、記録証受け取りではたくさん並んでいます。

結局7分並びましたがそれまでが最高にスムーズだっただけに残念。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

ゴール後の記録証発行時のスタッフの素晴らしい対応

記録証発行。作業自体はスムーズです。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイルゴール後

僕の記録証。

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル記録証

グロスタイム:1時間42分40秒

ネットタイム:1時間38分40秒

順位:3484位

非常に綺麗にキロ6分ペースで走ることができた!!

痛みなく完走できただけでなく、キロ6分ペースだと全然苦しくないことも分かり2重に嬉しい!!もう7ヶ月間、息がはずむ運動をしていないというのに☆彡(*^_^*)

順位も7500人中3484位ということは、平均より上。

制限時間が非常に長い市民マラソンとはいえ、これも嬉しいこと。

完走賞のTシャツ、磁気ネックレス

第9回湘南藤沢市民マラソン10マイル完走賞

食べ物屋台が多いです。

第9回湘南藤沢市民マラソン

表彰式が始まりました。

第9回湘南藤沢市民マラソン表彰式

表彰式、藤沢市民の部女性。プレゼンターはつるの剛士と、フォーリンラブバービー。

大満足で幸福な気持ちで帰路に着きます。

帰りにゴール地点を通ります。まだ2人のMCがランナーを励まして盛り上げています。

第9回湘南藤沢市民マラソン

ちょうど最終走者と出会えました。白い車は救護車。

第9回湘南藤沢市民マラソン

観光地で店が並んでいるのでなかなか進みません。

第9回湘南藤沢市民マラソン

なんとか弁天橋まで着きました。

第9回湘南藤沢市民マラソン

富士山、相変わらずの美しさ!!

第9回湘南藤沢市民マラソン

Tシャツを広げてみました。色もデザインも気に入りました。

第9回湘南藤沢市民マラソンTシャツ

胸のデザインはこれ。

第9回湘南藤沢市民マラソンTシャツ

背中のデザインはこれ。

第9回湘南藤沢市民マラソンTシャツ

 

まとめ

いや~~~何から何まで最高でした!!

気候、景色、復活できたこと、まだ体力残っていたことなどなど全てが。

そして忘れてならないのが、ボランティアスタッフの素晴らしさ!!

明るい声がけが本当に良かった!!

多分、今まで出場した大会の中でも最も良かったと言って良い!

声が元気なのは多いが、顔まで笑顔というのはそうない。

また、10マイル出場者7500名の中の4000名が藤沢市民枠ということで、基本的に藤沢市民のための大会。

だから知っている人同士ということが多く、ランナー同士や、応援者とランナーとのあいさつが多く、和気あいあいとした雰囲気も良かった!!

 

また必ず来年も出場します!!(^^)/

 

大会公式ホームページ:

 

 

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ買いました!

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ内側

大流行の(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライを買いました!!

今までの僕のレース用シューズはアシックス派。

でも日本のトップ選手も履いているということで、買わずにおれませんした!(笑)

特に先日のシカゴマラソンで日本新記録を達成した大迫選手が愛用ということで有名です。

もちろん、トップ選手が履いているのはシリーズは同じでも、品質はかなり違うはずではあります。

 

僕は大きさが26.5cmであれば大抵の場合は合うということもあり、アマゾンで購入しました。アマゾンレビューでは、書いた5人全員が最高の星5つ評価です!☆彡

色は黒の白ライン。値段は税込みで¥16,190

【(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ】


最初はあまりに地味すぎるかな~と思っていたが、実際に手に取ってみると、細かなデザインが凝っていてなかなか高級感があります。

遠くからみたら分からないでしょうけど、細部にこだわりがあります!靴の中のデザインが左右違っていたり、メッシュの形状が凝っています。靴紐は密度が濃く、ガッチリしていますね。

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ上から

上から見ると、かなり幅が狭いように感じましたが、履いてみるとピッタリでした!!

フィット感が抜群です!!(^^)/

中のタグにはちゃんと26.5cmと表示されています。

MADE IN VIETNUM(メイドインベトナム)なんですね!

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ中身

これが左右の靴の外側の写真

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ外側

傾きが違うので、デザインが違うように見えますが、どちらも外側で、つま先まで伸びる大胆に大きなナイキマークです。

つぎに左右の内側(土踏まず)部分です。

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ内側

内側は控えめなナイキマークです。

裏側(底)です。

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ裏側

見ただけでは分かりませんが、走りやすい工夫が施されているのでしょう!!

それ以外の角度から撮ってみました。

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ

足の甲のツマの部分が薄いのが分かります。

あと、靴の質感、メッシュやヒモの雰囲気が感じられると思います。

 

重さを量ったら片足230g

レース用としては若干重いですね。

アシックス・ターサージール(TARTHERZEAL)の最軽量では155gがあったので。

しかし、軽いということは底が薄くて足の負担が大きいのは間違いない。

若くてサブ3で走れるような人であればともかく、僕のような高年齢(笑)で走力もしれている者には、まずはケガをしないということが最重要課題。

そもそも身を削るようにタイムを狙うこと自体、ナンセンスともいえます。

実際に故障で既に5ヶ月間走れないでいます。。(^_^;)

そういう意味で、この厚底で足が守られる安心感があります。

それとなんと言っても、歩くだけで明らかに下り坂を歩いているように感じます!!

これはいいですね~~~!!(^_^)v

噂には聞いていましたが、角度1.5度とかいう微妙な話だったので、あまりアテにはしていなかったのですが、はっきりと分かるぐらい前にどんどん進む感じがします!!

フィット感がいいので、練習用はもちろんレース用にも使用したいと思います!!(^_-)

【(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム フライ】

第4回UPRUN品川マラソン大会の感想、評価(2018年7月1日の体験記)

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

2018年7月1日(日)に第4回UPRUN品川マラソン大会のハーフマラソンに出場しました。

関東は観測史上最速の6月29日に梅雨明けをしました!!

大会当日はその2日後ということで、まさかの梅雨明けカンカン照り!!(>_<)

スタートの10時には既に30℃

ゴール時には32℃まで上がる酷暑の中、なんとか走りきりました!!(^_^)v

結果3位のご褒美も付きました!

 

それでは順を追って説明します。

1)会場の大井陸上競技場到着まで

会場の最寄り駅は、モノレール「大井競馬場前」。

僕は京浜急行の天空橋駅からモノレールの天空橋駅に乗り換えます。

第4回UPRUN品川マラソン大会

途中モノレールからの景色。

第4回UPRUN品川マラソン大会モノレール

大井競馬場前に着きました。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井競馬場前駅

駅はこんな感じ。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井競馬場前駅

大井競馬場とは逆の海方向に大井陸上競技場があります。

海方面に向かったところ。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井競馬場前駅

右側の景色。ここは川ではなく海。右に見えるのがモノレール。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井競馬場前駅

標識。スポーツの森方面に行きます。

第4回UPRUN品川マラソン大会

大井ふ頭中央海浜公園、広いです!!(*^_^*)

第4回UPRUN品川マラソン大会

陸上競技場到着!!まだ8時20分なので、設営中。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場

木立に囲まれた良いところ!

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場

2)スタートまで

8時30分から受け付けが始まりました。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場受付

受付は種目ごとに分かれています。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場受付

3キロ、6キロ、12キロ、15キロ、ハーフ、30キロとあり。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場受付

1周3キロのコースを周回するので、種目もほぼ3キロ刻みになっています。

ハーフのエントリー数は32名(うち女性5名)。30キロは40名ほど。

競技場内にはいる。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場

スタンド。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場

中には更衣室、シャワー、トイレが完備している。

トイレをゆっくりしようと競技場100mスタート地点付近から外のトイレに行こうとした。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場トイレ

しかし手前にもう1箇所あったので、そこに行く。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場トイレ

穴場なのか、誰もいない。ちなみに帰りにも来たが僕1人だった。(^_^)v

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場トイレ

最初の種目、9時30分スタートの30キロの説明が始まる。

第4回UPRUN品川マラソン大会大井陸上競技場30キロ

30キロのスタート。

次がハーフマラソンで10時スタート。

自撮り。左手の時計と一緒に巻いているのが、今回使用する計測用バンド。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフスタート

ハーフの説明をやっています。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフスタート

3)ハーフスタートからゴールまで

スターーート!!

ハーフは1周3キロを7周。

ハーフリレーの選手と一緒にスタート。たすきを掛けている選手がリレー出場者。

最初のカーブ。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフスタート

すぐに右に曲がって競技場外に出ます。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフスタート

競技場外は意外と日陰が多く、半分ぐらいは木陰になっています。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフスタート

日向が30℃以上のこのような日には木陰は凄く助かる!

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソン

1番日向が長い厳しい区間。おまけに追い風なので無風に感じて辛い!

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソン

ここでは体中がジリジリと焦がされているようで、「修行」そのもの!!(>_<)

これが21キロ続いたとした完走は無理だっただろう!

風速は5mぐらいあったので、向かい風だと涼しくて助かる!通常ペースが落ちるので向かい風はイヤなものだが、この日だけはそんなこと言っていられない。(^_^;)

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソン

1周して競技場に戻ってきたところ。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソン

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソン

2周目。給水所。

第4回UPRUN品川マラソン大会給水所

給水場は1周に2カ所あり。1.5キロに1回なので、凄く助かった!!

水とスポドリがあり。

僕はコップ2つ取って1つを飲んでもう1つを頭からかける作戦!!

ほぼ全員が給水をするもの凄く忙しい中、切れることなく給水してくれて感謝!!

第4回UPRUN品川マラソン大会給水所

再び競技場内。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース中

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース中

ここは競技場を出てすぐの道。右に競技場が見えます。細いけど日陰なので走りやすい!

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース中

この先に給水所が見えます。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース中給水所

この給水所はスポンジでの水かぶりもあります。ただ水がぬるかったので、1回やってやめました。(^_^;)

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース中

ここでいつものレース解説。

こんな暑い中走ってもあまり練習にならないし、何より辛いので走りたくなかった。(^_^;)

ただ大井陸上競技場が初めてということと、夏場に少しでも力を落とさないためと思って出場を決意した。

当然ベストとはほど遠いタイムしか出ないことが分かっていたので、イマイチ目標がない。

完走はもちろんだが、ラスト5キロに力が残っていることを1つの目標にした。

結果、

最初の5キロがキロ平均5分1秒。

6~10キロが5分11秒。

11~15キロが5分29秒。

16~20キロが5分22秒。

このように前半極力抑えているつもりでも、やはり後半大きく落ちている。

僕より上位の選手はそこがしっかりしていて、ほとんどイーブンペースで走っている。いや、なんとこの暑さでも後半上げている!!(-_-)

だから最初の10キロではあまり差がなく走っていてもそれ以降にあっという間に差が広がっていく。。。

最後の5キロでスパートをかける余力はなかったが、最後の給水ポイントの残り1.5キロから元気が出てスピードを出せた!

最後だけちょっといい感じのラスト!!(^^)/

 

4)ゴールから帰路に着くまで

ゴーーール!!!

ゴール後、後にゴールする人を撮る。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

このようにゴール時に、手首に巻いたリストバンドを計測機械にあてて、計測完了になる。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

ゴール後の給水と食事が充実していて何より!!(^^)/

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

オレンジ系のポカリスエットやバナナ、サンドイッチ、まんじゅう、梅干し、ドライフルーツなど。。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

僕はバナナとドライフルーツ大好き!!(^o^)がばがば食べた!!

完走証を受け取りに並んでいるところ。

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

暑い中、優しい声がけをしてくれて、立ち働いてくれたスタッフに心より感謝!!

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

結果、3位というご褒美が付いた!!(^o^)

アップラン恒例のたすき掛け、記念撮影!!

第4回UPRUN品川マラソン大会ハーフマラソンレース後

完走証。1時間48分56秒。32人中3位。

第4回UPRUN品川マラソン大会記録証

3位の賞品はタオル。これなら幾つあっても良い!なんと今治産!

第4回UPRUN品川マラソン大会3位賞品

帰りに給水所があったので、立ち寄って写真を撮る。みんなゆっくり給水、食事している!(^_-)

第4回UPRUN品川マラソン大会

参加賞のそうめん。以前ももらったが意外(?)と美味しかった!

第4回UPRUN品川マラソン大会

公園を降りて振り返った写真。

第4回UPRUN品川マラソン大会

 

<まとめ>

とにかく32℃で完走したことが収穫!!

今までの最高気温が28℃だったので、大幅に更新。

こんなものもう更新したくありませんが。。。(^_^;)

良い自信になった!!

今回は風が強かったのと、日陰が多かったのでかなり助かりました!

特に風速5mほどの風が森林内から吹いてくる区間が涼しくて最高に気持ち良かった!!(^_^)v

それと忘れてならないのが給水が完備していたこと!!

通常は3キロに1回のところが、今回はその2倍あったことに間違いなく助けられた!!

 

競技場が使用できて走りやすいコースなので、今度は涼しいときに参加したい!!(^o^)

 

以上

 

P.S.3日後の7月4日にはホームページに結果が発表されていました。

http://up-run.jp/wp-content/themes/UP_RUN/kekka/300701UPkekka1.pdf

 

参考:

アップランホームページ

スケジュール・受付時間午前8時30分 受付開始~各種目スタート30分前まで ・9時30分 30kmの部スタート…

僕がお勧めするランニンググッズ(用品)~リュック、時計、ウェア、ポーチ、手袋~

[ソレイルドール] ランニングウェア 上下セット パーカー ジャージ ロング パンツ メンズ ブラック L

僕が現在使用していて、お勧めのランニンググッズ(リュック、時計、ウェア、ポーチ、手袋)をご紹介します。

 

1)ランニング用リュック(バックパック)

これはランニングに限らないと思いますが、軽くて容量が大きいリュックは何かと役立つもの!!

次の商品は、デザインがいいし、ポケットも沢山付いているから便利!!

1番底には、横からシューズを入れられるようになっています。

76 BP7600-DG リュック デジタル迷彩

値段も驚くほどリーズナブルですね!!

僕のデザインは上の写真と同じく「デジタル迷彩」。

当初はかなり多くの人が使っているのではないかと思いましたが、実際いはたま~~に見かける程度で、めったに「かぶる」ことはありません。

 

2)ランニング用時計(ウオッチ)

僕は、ランニング時計にあまり多くのことを望んでいません。

最低限のGPS機能とタイム測定ができれば良いと思って、次の商品を買いました!

もちろん目的や求めていることによって、感想は変わると思いますが、僕は最初の導入としてこれで良かったと思います!

[エプソン リスタブルジーピーエス]EPSON Wristable 腕時計 GPS機能 ランニング SF-120G

もう1年以上使っています。

練習、レースとも手放せないですね!

計測を始めると1キロごとにそれを知らせる音がなり、時計を見るとその1キロのタイムが表示されます。数秒すると、スタートからの時間表示に切り替わります。

スマホアプリと連動させて、データを転送すれば、走った場所、キロごとのタイム、1歩当たりの長さとペース、全体を通してのペースの変化などが分かります。

ただし、安いせいか操作性はイマイチですね。。

機能も最低限レベルでしょうから、ランニングウオッチの導入機としては良いですが、ぜひ本格的にやろうという人はもっと高い良いものにした方が良いでしょう。

 

3)ランニングウェア

僕がランニングウェアに求めるものは、スタイリッシュかどうか。

これを着てレースを行うわけではなく、どちらかというと、これで電車に乗ることになるので、やはり格好が良いかどうかが重要。

そういう意味で、次の商品は正解でした!価格も至極リーズナブル!

[ソレイルドール] ランニングウェア 上下セット パーカー ジャージ ロング パンツ メンズ ブラック L

[ソレイルドール] ランニングウェア 上下セット パーカー ジャージ ロング パンツ メンズ ブラック L

(写真はアマゾンより)

僕のは黄緑色。

これも他に着ている人が多いかもしれないと思ったが、少なくとも同じ色は意外とめったに見かけないので安心!

こじんまりとフードがついていて、寒いときは使えます!!(^o^)

 

4)ランニング用ポーチ

僕が欲しいのは、スマホが走っている間でも簡単に出し入れできて、220mlのペットボトルが入れられて、しかも軽くてフィット感があるポーチ。

その全てが叶えられたのがこのランニングポーチ!!

「ランニング ポーチ ViViSun 超軽量 超薄 防水 防汗 超大収納 反射素材 夜間対応 調節可能 スポーツ用 ウエストポーチ ウォーキングバッグ ジョギングポーチ ランニング ベルト 6インチ スマホ 収納可能」

5個目のポーチ

(写真はアマゾンより)

重量70g。

腰に巻いてフィット感抜群!

袋の伸縮性が非常に高く、アイフォン7とペットボトル(220ml)を両方入れても、走りながらアイフォン7の出し入れが苦なくできます!

スペースとしてはまだ少し余裕あるぐらいです。

試してみましたが、500mlのペットボトルも入ります!!

写真は500mlのペットボトルを入れたところ。

理想のランニングポーチ

そしてチャックを閉めたところ。

しかもパンパンにはなりますが、500mlのペットボトルとアイフォン7の両方も入ります!

ホントにパンパンですが・・・。(^o^)

とにかく値段も安く、コストパフォーマンス最高ですね!!(^o^)

いや~~~理想的なポーチを見つけるまで1年近くにわたり、5回かかりました!

もちろん理想的ポーチは人によって違うので、僕の判断が誰にでも合うものではありません。

ただこの体験談、感想が少しでもあなたのためになってもらえれば幸いです!!

 

 

5)ランニング用手袋

ランニングで手袋をする理由は、寒いからですよね。

僕は気温5℃が使用する目安ですが、風の強さにもよります。

向かい風が強ければ10℃でも手袋なしでは手が冷たくて痛くなることがあります。

次の商品は薄くて軽いのでお勧めです!

(アシックス)asics 陸上 レーシンググローブ XTG219

僕のはピンク色。

あえて明るい色を選びました。

デザインも良いのでお気に入り。

冬場の練習で数十回使用していますが、耐久性も問題ありません!

 

 

以上

僕がお勧めするランニンググッズ(商品)~パンツ、シャツ、帽子、シューズ、ソックス、サングラス~

[アシックス] 陸上ウエア ランニングパンツ [メンズ] XT1540

最近、僕が使用しているランニンググッズに関する質問が多くなったので、ここで特に必須なものをご紹介いたします!

参考のために失敗した(あくまで僕にとって)例も載せますね!(^_-)

非常にリーズナブルで格安なものが多いですよ!!

ちなみに僕の体型は、身長173cm、体重63~65kgです。

ほぼ標準体型なので、一般的に服や大会の参加賞TシャツのサイズはもっぱらLです。

1)ランニングパンツ

選ぶ基準で圧倒的に重要なのが、軽いことと価格がリーズナブルなこと。

軽いかどうかは、商品仕様に載っていないので、レビューを参考にしました。

結果として2回目で購入した次の商品が良かったです!!

[アシックス] 陸上ウエア ランニングパンツ [メンズ] XT1540

僕のは赤です。

現物写真。

[アシックス] 陸上ウエア ランニングパンツ [メンズ] XT1540

特徴としては風合いや柔らかく軽いのと、インナーが入っているので、これ1枚で済むこと。

他にたけが短いので、足の負担もありません。

デザインも僕としてはナイス!

価格は4000円代と比べれば安いですね!

ただし、ポケットはありません。

あと、若干のデメリットとしては洗濯後に乾きにくいというのがあります。

 

ところで僕は最初に買ったランニングパンツは次の商品。

(アディダス) adidas ランニングウェア Snova リフレクト リフレクトショーツ

僕のは青でした。

これは、ポケットが付いていて、少し無理すればスマホ(アイフォン6,7)も入ります。

わりと軽いし、乾きやすい素材という利点もあってしばらく使用していました。

しかし、決定的な問題が解決しなかったのでやめました!!

それは「くさい」ということ。。。

ゴムの臭いだと思うのですが、いくら念入りに洗っても異臭がするのです。

ただ他の人のレビューであまりそのことが書かれていないので、たまたま僕のだけそうなったとも考えられますので、念のため。

 

2)ランニングシャツ

特に夏場に少しでも早く走るためにはノースリーブで昔から「ランニングシャツ」と呼んでいた形状のシャツであるべき。

ただこのシャツが意外とアマゾンなどネット通販で少ない!!

そんな中で、次の商品が使用してみて凄く良かった!!

僕のは基本白で背中のメッシュ部分が黒です。

現物写真。

(アシックス)asics 陸上プラクティスランニングシャツ PRA SINGLET XT6375

(アシックス)asics 陸上プラクティスランニングシャツ PRA SINGLET XT6375

とにかく軽くて、風通しが良い。後ろがメッシュになっている。

生地が凄く薄いので、片手の手のひらに包めてしまうぐらいコンパクトになる。

大会では毎回ピン留めでゼッケンを付けるが、もう10回以上やっても、変なほつれや破けができないから耐久性もある!!

レース用として自信を持ってお勧めします!!(^^)/

 

3)ランニングキャップ

僕はキャップに求める条件として「脱げない」というのがあります。

頻繁に脱げたて飛んだり、脱げそうになって手に持って走るのだけは避けたいところ。

それから、やはり通気性の良さが必要です。

次の商品は脱げにくいことを目指して作られたキャップ。

実際に使ってみて、本当に脱げません!!(^_^)v

(アディダス) adidas ランニングウェア ノー フライ キャップ LOW92 [ユニセックス]

僕のは白です。

現物写真。もう20回以上使っており、相当くたびれています!(笑)

(アディダス) adidas ランニングウェア ノー フライ キャップ LOW92 [ユニセックス]

(アディダス) adidas ランニングウェア ノー フライ キャップ LOW92 [ユニセックス]

(アディダス) adidas ランニングウェア ノー フライ キャップ LOW92 [ユニセックス]

風速7~8mの強風でも、その力がツバの根元に吸収され、飛びません。

さすがに風速10mほどの向かい風では、レース中だったこともあり、手に持って走りました。

これは万一飛んでしまったら、二度と回収できそうになかったので行ったこと。

もしかするとこの10mでも大丈夫かもしれません。

通気性も良いですし、暑いときに頭から水をかけると頭皮にかかる量が多くて気持ち良いです!

ただし僕はこれを強くはお勧めしません。

なぜかというと2つデメリットがあるから。

1つは少しにおいが取れないこと。いくら香料付きの洗剤で洗濯してもちょっとした異臭が取れません。最初は大丈夫だったのに使えば使うほどそうなってきました。

ちなみに僕の汗はくさいほうではありません!(なはず・・・)

もう1つは写真で分かるように後ろの留め具に不具合があったこと。

全然留まらないので、やむなく大型ホチキスで止めました!!(^_^;)

脱げない帽子という意味ではお勧めしますが、もっと良いのがあるかもしれません。

 

4)ランニングレース用シューズ

僕がレース用に求めるのは、当然ですが早く走れること!^^

やはり軽さが重要なのは言うまでもありません。

最初に買ったのがアシックスターサージール5。

これが良かったので、ターサージール6が発売されて間もなく6を買いました。

[アシックス] ランニングシューズ TARTHERZEAL 6 メンズ

 

僕はこの写真と同じ黄緑色です。

5と比べて重さはほとんど変わらずサイズ26.5で、片方155gほど。

しかしクッションや形状が良くなったのが、推進力が出たような気がします!

使用者ターゲットがフルマラソンサブ3を目指す人なので、僕にはちょっと早いものの、しっくりします。

ただし、レース用なだけに足への負担が大きく練習用には向いてないかもしれません。

僕は練習用にはもっとクッションが効いているシューズにしています。

 

5)ランニング用ソックス

ランニングソックスは理想を求めるなら通気性が良く薄く丈夫なのが良い。

ただ、薄くと丈夫を両方兼ね備えるのは難しいと思うので、丈夫に重きを置くしかない。いくら薄く軽くても、そこそこの値段がするものなので頻繁に破れていてはいけません。

そういう意味では、次の商品は少し厚手ではありますが非常に丈夫で長持ちしています。

既にハーフマラソン15回ぐらい(うちトレイル1回含む)はいているけど、破れる兆しすら見受けられないほど丈夫!!

(Tabio) タビオ レーシングラン・プロ 五本指 ソックス スポーツソックス ランニングソックス トレーニング 靴下 25~27㎝

僕のはオレンジ色です。

傷んでいるところが見当たりませんね!(^_^)v

(Tabio) タビオ レーシングラン・プロ 五本指 ソックス スポーツソックス ランニングソックス トレーニング 靴下

(Tabio) タビオ レーシングラン・プロ 五本指 ソックス スポーツソックス ランニングソックス トレーニング 靴下

実はこのソックスを買う前、店頭で薄いランニングソックスを買いました。

2500円ぐらいしたものでしたが、5回ぐらいはいて親指部分が破れてしまいました。

そこでやはり薄いのに耐久性を求めるのは無理だと思いました。

 

6)ランニングサングラス

僕は普段サングラスをする習慣がないので、ランニングのときに重要なのは、軽くて違和感がないこと!

そして値段リーズナブルであれば言うことなし!

次の商品はそういう面で言うことなし!!

LICLI スポーツサングラス 「 偏光 レンズ uv 紫外線 99% カット 」「 メンズ レディース 男女兼用 フリーサイズ 」「 度付き 対応 インナーフレーム 交換レンズ 5枚 専用ケース 付属 」「 超軽量 豊富な7カラー 」

軽くて違和感なことに感激!!

しかも交換レンズ5枚もついて、価格が安い!!

これは最高です!!(*^_^*)

 

 

以上

第34回西湖ロードレース感想と評価(2018年6月17日体験記)

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

2018年6月17日(日)、第34回西湖ロードレースの2周コース(19.8キロ)に出場しました!

気温17度、曇り、風速2~3mと、この時期にしては願ってもない好コンディションでした!

富士山もゴールしてすぐに雲が晴れて観ることができました!

フラットなコースと聞いていましたが、それなりの起伏があり、登りと下りでは明らかにタイムが変わります。大まかにいうと前半が下り、後半が登りですが、僕には下りが多いように感じたので、よほど調子が良かったのでしょう!(^^)/

2周コース(19.8キロ)と1周コース(10キロ)、富士山コース(3776m・小学生以上、親子ファミリー)の3種目があります。

合計3千名以上の参加で、2周コースだけでいえば、男子のエントリー数991名、女子は185名でした。

僕の走りは、久しぶりに涼しかったことと、最近の練習の成果が出て、ベストな走りができた!実力が明らかに1ランク上がった走りが出来て良かった!!

 

それでは順を追って解説します!

1)事前郵送物

大会のちょうど2週間前の6月3日に下記ハガキが送られました。

第34回西湖ロードレース事前郵送のハガキ

かなり詳しく載っているのでいいですね~。

第34回西湖ロードレース事前郵送のハガキ

2)会場到着から2周コーススタートまで

僕は車で行きます。

茅ヶ崎からは、圏央道⇒中央道⇒河口湖ICのルートが最短。

休まなければ2時間以内で着く距離。

朝4時過ぎに出たので、渋滞もなくスムーズに到着!!

湖西湖グランドという場所。ここに常設トイレがあって良かった!

第34回西湖ロードレース駐車場

他のレビューで駐車場に入れるのが大変だったとの話が多かった。

僕の場合は会場から1キロ以内に入れば、空いている所どこでもいいから入れる方針で成功した。6時半であればまだガラガラ。

仮眠を取ってから会場に向かう!会場まで徒歩5分。

ここを左に入る。

第34回西湖ロードレース駐車場

子供が出場できる種目があるから子供多い!(^_^)

第34回西湖ロードレース駐車場から会場まで

根場民宿」グラウンドという会場に到着!

第34回西湖ロードレース会場

受付が広い。

第34回西湖ロードレース会場受付

僕の受付。

第34回西湖ロードレース会場受付

富士山のゴールがユニーク!!(^o^)

第34回西湖ロードレース会場

出店もたくさん。

第34回西湖ロードレース会場

既にゴール後の水が用意されています。

第34回西湖ロードレース会場

仮設トイレ。

第34回西湖ロードレース会場トイレ

7時20分から開会式が始まりました。

第34回西湖ロードレース開会式

受付でもらったゼッケンと参加賞のTシャツ。

第34回西湖ロードレースゼッケン

僕が敷物を敷いた陣地からの眺め。富士山も見えます(笑)

第34回西湖ロードレース会場

本物の富士山はまだ全く見えません。

開会式後、ゲストのM高史さんが登場しました。

第34回西湖ロードレース会場M高史

関係者に丁寧にあいさつ。

第34回西湖ロードレース会場M高史

彼はランナーもMCもでき、盛り上げ役としても適任なので、関東を中心としたマラソン大会に毎週のように出演しています!!

僕は大会で一緒になるのは6回目ぐらいですが、ファンサービスが素晴らしいのでオススメです!(^o^)

そして持ち芸の準備体操「ジャパササイズ」が始まりました!4分30秒動画。

後で気がついたのですが、目の前でジャパササイズを行っているオレンジ色の女性が2周コースで優勝した鈴木莉砂選手

彼女は書籍「1日10分も走れなかった私がフルマラソンで3時間を切るためにしたこと」の著者で、僕もこの本を愛読しています!(^o^)

M高史さんと2ショット!!

第34回西湖ロードレース会場M高史と2ショット

彼は色々なところで記念撮影を求められ、その都度快く丁寧に対応しています!

第34回西湖ロードレース会場

過去の参加賞シャツがなんと600円で販売していました。

第34回西湖ロードレース会場Tシャツ販売

デザインが良いのが多く、僕も2014年の長袖シャツを1着買いました!

会場周辺。

第34回西湖ロードレース会場

左右にお土産物屋さんがあります。

第34回西湖ロードレース会場

僕はいつもスタート30分前に最後のトイレを行います。

トイレの列は長かったものの、進みが早く今回も予定通り!^^

第34回西湖ロードレース会場トイレ待ち

スタート地点は会場から400Mのところ。歩いていきます。

第34回西湖ロードレーススタート地点

最初に8時40分スタートの1周コース。

そのスタート前後の動画です。1分15秒。

次に2周コースが8時50分スタート。僕の第1目標は1時間30分を切ること!

第34回西湖ロードレーススタート地点

だから1時間15~1時間30分の列に入ります。

スタート10分前の自撮り。非常に快適な気候!気合いが入ります!

第34回西湖ロードレーススタート地点

3)2周コーススタートからゴールまで

スターーート!!

2周コーススタート前後の動画。1分35秒。

スタート直後

第34回西湖ロードレーススタート直後

スタート5分後

第34回西湖ロードレーススタート直後

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

スタート7分後には最初の給水所があり。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中給水所

給水所は1周に3カ所ある。つまり約3.3キロに1回。これは平均的。

ただ、今回水だけのことが多く(又はスポドリがどれか分からない)少し残念。

10分後。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

12分後。僕と同じように写真を撮っている人がいます。(^^)

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

20分後。既に先にスタートした10キロの選手が現れました。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

10キロの遅い選手は左側に寄り、僕は右から抜きます。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

混んでくるとセンターラインをはみ出さなくては抜けないことも発生。

27分後。給水所。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

35分後。8キロ表示が見えます。1キロごとにこのような分かりやすい標識があります。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

42分後。3回目の給水所。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

43分後。1週目の終わり。これで終わる10キロのランナーは右車線に入ります。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

僕はさぁーー、あと1周!!^^

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

63分後。14キロ地点。

第34回西湖ロードレース2周コースレース中

ここで僕のレース解説をいたします。

当初の目標は1時間30分を切ること。正確にキロ4分30秒ペースで計算した場合、もう少し早くなくてはいけませんが、そこまでは細かいことを言いません。

僕の今までの前半ペースはほぼキロ4分40秒。

全体平均でキロ4分30秒で走るためには、最初からそのペース以上で走らなくては!

・・・ということで、普段より100Mで1秒早く走ることを心がけて走り続けました。

しかも下りは下りなりに、登りは登りなりに同じように走ります。

非常に微妙ではありますが、体に覚え込まれたものがあって、結果的に成功しました!

当然後半にかけて負荷がかかるので、最近は毎回目指しているラスト5キロのスパートは望めないのは分かっていました。

前半の5キロが下りだったせいもあって、4分24秒平均。下りが強かったせいか4分11秒という区間もありました。

登り中心の6~10キロが4分35秒平均。

2周目11~15キロが4分31秒。

16キロ~も4分31秒。

つまり2週目もほとんどペースが落ちることなく頑張りきることができました!!

ちなみに今回ランニングポーチを忘れてしまったため、焼津ハーフ以来のレース中「スマホ持ったままランニング」(笑)

パンツの中に入れようかとも思いましたが、それもリスクあるので結局そのまま!^^

4)ゴール後

ラスト5キロはそれまでより頑張ったつもりでしたが、あまりタイムには反映できず。。そのせいかラスト3キロでも何人かに抜かれました。これはこれで良し!

最終タイムが重要!

ただ最後の100Mぐらいはしっかりスパートをかけて

ゴーーール!!!

振り返って1枚。

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

すぐにM高史さんが迎えてくれました!

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

すぐに水を渡してくれます。

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

さすがに嬉しい富士山麓の水!(^_^)v

第34回西湖ロードレース、水

計測タグは自分で取って箱に入れます。

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

ゴール直後まで観られなかった富士山が、急に見えてきました!!(^o^)

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

完走証の受け取り。

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

第34回西湖ロードレース2周コースゴール

このプリンターから出力されます。

第34回西湖ロードレース記録証

もらった記録証。

第34回西湖ロードレース記録証

ネットタイム1時間29分25秒

目標の1時間30分を切って、ほぼキロ4分30秒ペースで走れて嬉しい!!(^_^)v

種目順位114位。(男子2周コースエントリー数991名)

総合順位117位。これは僕より上位に女性が3人いるということ。

今年から年代別記録がなくなったとのことでちょっと残念。。。

2つの富士山とともに喜びの自撮り!!

第34回西湖ロードレース記録証

表彰式。富士山コースの親子の部。

第34回西湖ロードレース表彰式

第34回西湖ロードレース表彰式

男子2周コースの部。当然のことながらシニア世代はいない。

第34回西湖ロードレース表彰式

第34回西湖ロードレース表彰式

女子2周コースの部。1位が既に書いた鈴木莉砂さん。

第34回西湖ロードレース表彰式

よくゲストランナーとしても呼ばれています。フルが中心なせいか僕と一緒になるのは初めて。

想像していたより背が高くて足が長くて驚いた!(^_^)

女子2周コースの表彰式の動画。鈴木莉砂さんのインタビュー含め4分56秒。

これで帰路に着きます。

車を停めている駐車場へ。朝の写真と比べて一目瞭然に晴れています。

第34回西湖ロードレース駐車場

富士山までバッチリ!!もう雪もわずかですね。

第34回西湖ロードレース駐車場

参加賞のシャツ。背中側。

第34回西湖ロードレース参加賞

正面。半袖はたまり続けている中、長袖がありがたい!!

しかも白い服なんて自分で買うことないので逆に嬉しい!(^_^)v

第34回西湖ロードレース参加賞

会場で600円で買った過去の参加賞。2014年第30回のもの。

第34回西湖ロードレース

なかなかいいでしょ!!(^o^)

 

<まとめ>

嬉しい!!本当に嬉しい!!(^o^)

タイムばかり狙っているわけではなく、完走するだけで嬉しいのだが、やはり狙った通りのベストが出たのは最高!!

最近はゴール後、思ったよりタイムが悪く残念だったことが多いのでなおさらだ!!

ここ1ヶ月ぐらいは努めて1000×5本や場合によっては3000,1000,1000,1000,

3000というスピード+肺持久力を高める激しい練習を積んでいた。

練習は間違っていなかった!!(^_^)v

ハーフマラソンに換算すると95分

90分も射程内に入った!・・・といってもまだ遠いが。。。(^_^;)

今回は17度だったがこれが5-10度であればもっと良いタイムが出る計算もできる☆彡

 

また、この5-6月に富士山シリーズとして4回走った!(裾野、山中湖、忍野高原、西湖)

全てで富士山が臨めてラッキー!!晴れ男の面目躍如!!☆彡☆彡☆彡

 

大会としても非常に良かった!!

全てがスムーズに行われていた!!重要な観光地を観光シーズンに通行止めにしてくれてありがたい!!運営者、スタッフ、応援の方に感謝!!

 

また来年も出場したい!!(^o^)

 

 

参考:

第34回西湖ロードレースホームページ:

2018年6月17日(日)に開催される第34回西湖ロードレース【公式】サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧いただけます。

第9回富士忍野高原トレイルレースの完走、評価(2018年6月3日体験記)

第9回忍野高原トレイルレース、スタート116分後

2018年6月3日(日)、第9回富士忍野高原トレイルレースのミドル(23.7キロ)に出場しました!

種目は他にロング(36.1キロ)とショート(14.1キロ)がある。

当日はこれ以上ない快晴!!!

最高の絶景の中、走れたことは一生の思い出!!(^o^)/

標高1000m以上あるので、下界より7度ぐらい低いはず。

僕にとってトレイルレースは初挑戦

思っていた以上に過酷なコースでしたが、ケガもなくしっかりと完走できてハッピー!!(^_^)v

<種目別参加申込み人数>

ロング男子:543人

ロング女子:48人

ミドル男子:672人

ミドル女子:144人

ショート男子:448人

ショート女子:185人

合計:2040人

では順を追って解説します!

1)ミドルスタートまで

僕が出場するミドルのスタート時間は7時50分。

非常に早いので僕も茅ヶ崎を4時半に出て、車で行きました!

この季節ならこれも苦ではない。

自宅から休まなければ東名高速御殿場IC⇒東富士五湖道路山中湖IC経由で90分で到着できます。

この写真は御殿場サービスエリアからの景色!テンション上がるーー!(^o^)

第9回忍野高原トレイルレース御殿場サービスエリア

会場は忍野中学校。先週出場した山名湖ロードレースの会場と目と鼻の先!

その会場に到着!!

第9回忍野高原トレイルレース会場、富士山の絶景

第9回忍野高原トレイルレース会場、富士山の絶景

選手受付。選手を待たせないように受け付けを沢山設けています!ありがたい!!

第9回忍野高原トレイルレース会場、受付

忍野中学校。

第9回忍野高原トレイルレース会場、忍野中学校

山中湖ロードレースもそうでしたが、中学校は既に多くのものが揃っているので会場として便利ですね!!

手前が更衣室、右側が仮設トイレ。

第9回忍野高原トレイルレース会場、更衣室とトイレ

仮設トイレ。もちろん中学校内に一般トイレがあります。

第9回忍野高原トレイルレース会場、トイレ

受付でいただいた袋。

第9回忍野高原トレイルレース会場、参加賞

中にはオフィシャルプログラム

オフィシャルプログラム

そして参加賞の長袖シャツ。長袖というのは非常に珍しいのでうれしい!

第9回忍野高原トレイルレース会場、参加賞

ただし、僕は明るい色が好きなので、そういう意味では残念。。。

中学校内の荷物預かり所。僕は貴重品を預かってもらいました。

第9回忍野高原トレイルレース会場、荷物預かり

会場の早朝の様子。2分動画。

7時から開会式が始まりました。

第9回忍野高原トレイルレース開会式

中学生ブラスバンドが活躍しています!

第9回忍野高原トレイルレース開会式ブラスバンド演奏

毎回スタートの前に応援演奏を行います。1分52秒動画。

最初のスタートはロングでの第1ウェーブが7時20分、第2が7時30分、第3が7時40分。

ロングの第1ウェーブのスタート!右の2人が先頭です。

第9回忍野高原トレイルレース、ロングのスタート

ロングの第3ウェーブのスタート!1分25秒動画。

もうすぐスタートだというのに景色に見とれます(笑)

第9回忍野高原トレイルレース、会場景色

富士山と一緒に撮りたい!(笑)

第9回忍野高原トレイルレース、自撮り

トレイルレースということで、水の携行が必要なのでベストを着ます。

第9回忍野高原トレイルレース、自撮り

1年前に間違って買っていたのを初めて着る!(^o^)

僕は給水は少なくて済む方なので、200mlボトルだけ。あとスマホの充電器も携行。

それにトレイルレース用のグリップの効いたシューズが本当は必要なのですが、今回だけと思っているので、普段の練習用シューズで参戦!

それもあって滑る滑る!!(^_^;)

スタート5分前!

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート

2)スタートからゴールまでのレース中

気温はスタート時15度で風は至極爽やか!ただしゴール時は20度まで上がりました。

スターーート!!

スタート前後2分16秒動画。

スタート2分後。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート直後

最初の2キロ程度は平地が続きます。ただしほとんど舗装はされてません。

スタート6分後。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート直後

スタート14分後。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート直後

スタート15分後。左折していよいよ山の方向へ!

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート直後

15分後。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート15分後

17分後には完全に山の中です!

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート17分後

デコボコなだけじゃなくて、木々がたくさん落ちていて足元が悪い!

森の中は暗いので、サングラスを帽子の上にかけていましたが、知らないうちに落下!

しかし後ろの人が教えてくれて、さらに後ろの人が持ってきれくれました!

感謝!!

25分後。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート25分後

35分後。ただひたすら登りです。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート25分後

5キロぐらい登りが続きます。急なところはみんな歩きになります。

39分後。

第9回忍野高原トレイルレース、ミドルスタート39分後

5キロの第1給水所。お菓子やバナナ、オレンジなども置いてあります。

第9回忍野高原トレイルレース、給水所

47分後。よくこんな局面で僕も写真を撮った!(^_^;)

第9回忍野高原トレイルレース、スタート47分後

この後7キロ地点から初めて下りが始まりました!あまりに危険で写真に撮れません!

木の根っこだらけだったり、石ごろごろだったり・・・!(^^)/

上に落ち葉が被さっていて足を乗せなくてはどうなっているか分からないところも多い!

実際、けつまずいて横の崖から滑落しそうになった!!

太い木があったために助かりましたが。。(^_^;)

大けがのリスクあり!!(>_<)

途中でケガをしてリタイアしようとしても、結局自力で下山しなくてはならない世界だ。。。

62分後。第2給水所。

第9回忍野高原トレイルレース、給水所

水をかけてくれるサービスもあります!これはありがたい!

第9回忍野高原トレイルレース、給水所

ここで振り返ったところ。

第9回忍野高原トレイルレース、給水所

こうして第2給水所に降りてきました。

63分後。標高差300mの山をほぼ下りきりました!!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート63分後

この辺りは僕のスピードが発揮できるところ。やっぱり舗装された平地がいい!!(^o^)

第9回忍野高原トレイルレース、スタート70分後

非常に走りやすい平地で絶景!!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート73分後

振り返ったところ。今回初トレイルということもあって撮影に力を入れるため、時々振り返って写真を撮ります。(笑)

第9回忍野高原トレイルレース、スタート74分後

少々暑いとはいえ、風が気持ちいいーー!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート74分後

次に2つめの山を登ります。

標高差は300m強ですが、こっちの方がはるかに大変に感じました!!(T_T)

84分後、振り返ったところ。小川が流れています。飛び石で渡ります。

第9回忍野高原トレイルレース、スタート84分後

このあたりもトレイルの醍醐味ですね!!(^o^)

102分後。ハーフマラソンだったらほぼ終わっている時間。

第9回忍野高原トレイルレース、スタート102分後

登りがあまりにキツイ!このような階段が長く続くし、何度も何度も出てくる!(>_<)

第9回忍野高原トレイルレース、スタート74分後

ほとんど歩きだが、終盤はもう足の登りの筋力がなくなりやばかった!!

それでもなんとか登り切って、疲れが癒やされる絶景!!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート107分後

コースには一般客もいる。たくさん走っていて驚いたことでしょう。

第9回忍野高原トレイルレース、スタート112分後

第9回忍野高原トレイルレース、スタート115分後

既に2時間近く走っていて疲れてはいるが、ここは記念撮影しなくては!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート116分後

疲労で顔が固まっています!(^o^)

給水所。

第9回忍野高原トレイルレース、給水所

コース標識があります。ミドルは残り8.7キロ。ここからはほぼ下り!!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート116分後

急な下りは不得意だが、緩やかな下りは得意!!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート125分後

2時間19分後。残り4キロ!

第9回忍野高原トレイルレース、スタート2時間19分

今回も残り5キロでラストスパートができるよう意識したが、既に足が残っていなかった。。

足場の悪い中での急な登りと下りを繰り返したダメージは大きい!!

ともかくケガがないことが何よりだ!

ただしそれでもラスト3キロでは他の選手を抜くだけで誰にも抜かれなかった。

数十人抜いたものの、他の種目の選手と一緒になっているのでミドルでどうなのか分からない。

やっぱり僕はロードの人間であることを実感☆彡(^^)/

3)ゴールから終了まで

ゴーーール!!!

 

富士忍野高原トレイルゴール

上の写真は主催者が撮ってくれたもの!ありがたい!!

ちなみに右にいるピンクの女性はショートの人。僕が負けたわけではありません!(^_^;)

ゴール後、両足に付けた計測タグをスタッフに取ってもらう。

1つだと取れる恐れがあるからだろう。

2つあるので、2人がかり。

第9回忍野高原トレイルレース、ゴール

すぐに緑色のタオルをもらう。完走賞だろう。

第9回忍野高原トレイルレース、ゴール記録証配布

次に記録賞の発行。

第9回忍野高原トレイルレース、ゴール記録証配布

僕の記録賞。

第9回忍野高原トレイルレース、結果

2時間37分2秒

ミドルの全体順位109位(エントリー数672名)、50歳以上で25位(エントリー数約245名)。

凄く時間かかった印象だが、逆にいえばこれだけ長く走っても大丈夫ということで自信になる!

順位的にはロードレースより少しだけ悪いかも。

写真撮りまくって(ここに掲載しているのは一部だけ)、前代未聞のレース中の自撮り記念撮影までしたので仕方ない面はある。。(^_^;)

特にトレイルが弱いわけではないことが分かって良かった!!

次に水などをもらう。

第9回忍野高原トレイルレース、完走賞配布

次に豚汁!

第9回忍野高原トレイルレース、豚汁

このあっという間の流れ、素晴らしい!!(^^)/

豚汁。沢山入っていてありがたい!!

第9回忍野高原トレイルレース、豚汁

テント内には椅子が置かれていて、食べられるようになっている。いいね!

第9回忍野高原トレイルレース、休憩

もらった「経口補水液」。スポーツ用というより病人用にも思えるが。。。(^_^;)

第9回忍野高原トレイルレース、完走賞

富士の名水!なぜかph9.7のアルカリ水!

第9回忍野高原トレイルレース、完走賞

お土産になる忍野名産のそば!!

第9回忍野高原トレイルレース、完走賞

表彰式。なぜか表彰台がない!なぜ???(^_^;)

僕が走ったミドル男子一般。左から1位~6位。

第9回忍野高原トレイルレース、表彰式

ミドル女子一般。同じく左から1位~6位。

第9回忍野高原トレイルレース、表彰式

ゴール直後にもらったタオル。

第9回忍野高原トレイルレース、完走賞

今回ゲストランナーと関わる機会がなかったが、ゲストは次のお二人。

シンガー&ランニングドクターの福田六花(ふくだりっか)さん。

「山梨イチの快足女」荻原真紀さん。

年代別参加人数で驚いたのが、参加者の大部分が40歳以上なこと!

40歳代が38.3%,50歳以上が36.5%なので、40歳以上が74.8%

実に4人に3人が40歳以上。

ちなみに30歳代が19.2%、29歳以下が6.1%だけ!!

過酷なのにシニアスポーツなのか!?(^^)/

 

<まとめ>

本当に最高だった!!

景色の良さ、気持ち良さ、運営の良さすべて満足だ!!

初のトレイルレースでこれだけの経験を積めるとは思わなかった!

参加賞、完走賞がこれだけ沢山もらえるのも珍しい!!

ただ本文でも書いたが、甘く見ては極めて危険なことが分かった。

シューズはやはりトレイル用が必要だ。

自分の命を守るモノとして必須と言って良いだろう。

今回のように地面が乾いていても危険なのだから、濡れていたら命がけかも!(汗)

転んでケガするのが紙一重だったので、今回はラッキーだったと思うべきだろう!

 

また当然のことながら足への負担は通常のハーフマラソンの比ではない。

足のどこかに故障があったら出場できない。

そんなレースを完走し、平気でいられる自分にある意味感動を覚える!!(^o^)

 

最後に、スタッフの方々、ボランティアの皆さん、消防団、自衛隊、沿道の皆さんが一体となって大会を素晴らしいものにしてくれて深く感謝します!!

 

また来年出場しよう!!(^^)/

ロングは標高差700mらしいので、とんでもないサバイバル!

僕はミドルでOK!!(^o^)

 

P.S.

大会翌日の6月5日にはホームページに結果が反映されていた!

第9回富士忍野高原トレイルレースのエントリーページです。

 

参考:

第9回富士忍野高原トレイルレース公式ホームページ

2018年6月3日(日)に開催される第9回富士忍野高原トレイルレースの【公式】サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧いただけます。

 

 

 

 

 

第38回スポニチ山中湖ロードレースの感想、評価(2018年5月27日体験記)

第38回スポニチ山中湖ロードレース、

2018年5月27日(日)、第38回スポニチ山中湖ロードレースのハーフマラソンに出場しました。

種目は他に山中湖1周(13.6キロ)がある。

出場者は、ハーフが約5400名、1周が約7,600名の、合計約13,000人

天気は快晴微風という最高のコンディション!

気温はネットの天気概況では20度ですが、会場アナウンスでは24度と言っていました。

場所によって違うのでしょうが間をとって、平均22度ぐらいとしておきましょうか。。^^

走ると当然暑かったですが、時折風邪が強く吹くと涼しく感じました。

富士山も早朝には完璧に見えて感激!ただスタートする頃にはかなり雲に隠れてしまいました。

運営面、サービス、歓待とも素晴らしく、大変楽しめました!!

ただ当日完走証(記録証)が出ない点だけが残念でした。

それでは順を追って説明します。

1)事前郵送物

大会18日前の5月9日に下記ハガキが届きました。

第38回スポニチ山中湖ロードレース事前ハガキ

第38回スポニチ山中湖ロードレース事前ハガキ

参加賞、ゼッケンとも事前送付してくれる方がありがたい。

2)会場到着まで

僕が住む茅ヶ崎からは公共交通機関より、車が便利。

圏央道⇒東名高速⇒富士五湖道路のルートで、早朝であれば90分で着きます。

山中湖ICからの景色。絶景!!(^^)/

第38回スポニチ山中湖ロードレース早朝

6時前に山中湖到着。目の前が湖畔の駐車場に止める。

第38回スポニチ山中湖ロードレース山中湖畔

第38回スポニチ山中湖ロードレース山中湖

景色も空気も素晴らしく、楽園のよう!!(^_^)v

第38回スポニチ山中湖ロードレース富士山

会場から徒歩10分ぐらいのこの駐車場にも仮設トイレがあり。

第38回スポニチ山中湖ロードレース仮設トイレ

スタート地点。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート地点

会場の山中湖中学校に行く途中の仮設トイレ。

第38回スポニチ山中湖ロードレース仮設トイレ

湖畔から曲がって会場へ通じる道。ここがラスト300mの登りになる!

第38回スポニチ山中湖ロードレース

会場前。21キロ地点の看板が出ています。

第38回スポニチ山中湖ロードレース21キロ地点

会場到着しました!!いやはや絶景です!!

第38回スポニチ山中湖ロードレース会場から見える富士山

3)到着からハーフマラソンスタートまで

さすが大規模大会、トイレの数が凄い!

第38回スポニチ山中湖ロードレース会場

グランド内のゴール地点。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、ゴール地点

中学校校舎。右側にステージ。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、山中湖中学校

豚汁や給水ののぼり。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、山中湖中学校

大会本部と救護所。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、本部

選手受付。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、山中湖中学校受付

選手受付の模様の動画。33秒。

もらったゼッケンや資料。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、配布ゼッケン

参加賞Tシャツ。毎年デザインは同じで色が違うようだ。今年は紺色、昨年は緑色。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、参加賞Tシャツ

計測タグは靴への装着型。

山中湖ロードレース計測タグ

初めてのことだが、このタグはもらえる!裏には富士山の写真あり。

スタート前の給水がないようなので、水道水を飲む。

第38回スポニチ山中湖ロードレース、水道

カレンダーに使える!(^o^)

第38回スポニチ山中湖ロードレース、

会場の雰囲気。45秒。

貴重品預け所。

第38回スポニチ山中湖ロードレース貴重品預かり

開会式の前に体操が始まりました。

第38回スポニチ山中湖ロードレース体操

開会式の整列。中央がゲストの瀬古利彦総監督

第38回スポニチ山中湖ロードレース開会式

開会式が始まりました。

第38回スポニチ山中湖ロードレース開会式

山中湖町のあいさつ。4分17秒。

瀬古利彦DeNAランニングクラブ総監督他の面白いあいさつ!

第38回スポニチ山中湖ロードレース開会式瀬古利彦

4分48秒動画。

ゲストのスピードスケート加藤条治さんのあいさつ動画。1分44秒。

昨年までハーフ女子一般で7連覇した山口遥選手の表彰。

第38回スポニチ山中湖ロードレース開会式

記念撮影。^^

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前

スタート30分ぐらい前になるとトイレに長蛇の列。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前

スタート地点の湖畔道路に向かいます。会場からは500mぐらい。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前

スタート地点の応援太鼓。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前

僕は前から2番目のBブロックに整列。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前

自撮り!

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前自撮り第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直前自撮り

司会と瀬古監督が雰囲気を盛り上げてくれます。2分動画。

4)スタートからゴールまで

スタート前後の1分50秒動画。

スタート直後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直後

スタート5分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直後

スタート10分後。ほとんど常に湖が見えます。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート直後

スタート20分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート16分後

給水所。

第38回スポニチ山中湖ロードレース給水所

水とスポーツドリンクが置いてあって、量がしっかり入っていて良かった!

第38回スポニチ山中湖ロードレース給水所

手渡しも多いのも取りやすくいい!(^o^)

給水所は湖1周で6カ所ある。つまり約2.3キロに1回あるということなので手厚い!!

28分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート28分後

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート28分後

37分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート37分後

40分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート40分後

富士山の上の方が隠れています。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート40分後

給水所。

第38回スポニチ山中湖ロードレース給水所

43分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート43分後

50分後。

第38回スポニチ山中湖ロードレーススタート49分後

ここで僕のレース解説をします。

当初のプランは終盤の16キロまでほぼイーブンで走って、ラスト5キロでペースアップすること!

体調は良いし、最近はかなり「スピード練習+肺活量アップ」の練習をしたので、コースコンディションさせ良ければベストが出るはず。

しかし、やはり気温20度を超えるとそれも難しい。。。

さらにコースはフラットかと思っていたが、1週目の最後の方でのぼりが2キロぐらい続くところがあって、参った。2キロで約40m登っている

ラスト5キロもあまり余力がなかったためペースアップはできなかった。

僕の見せ場であるはずのラスト300mは残念だった。(^_^;)

登りなうえに、1周(13.6キロ)に1時間26分かかっている人がいっぱいで、なかなか抜けない!

僕を含めハーフの選手の平均ペースはキロ4分48秒に対して、1周の選手は平均6分19秒だ。

その差キロ1分30秒だから100m9秒の違いだ。

これだけペースに差がある選手同士がラスト300mで一緒になり走路に詰まっている状態なのだ。。

特に最後の最後は気持ち良く終わりたいので、ここは改善して欲しい。

左右を縫うようにして走るラストスパート!(^_^;)

なんじゃこれは・・・(笑)

5)ゴールから帰路につくまで

ゴーーール!!(^o^)

振り返ってパシャリ!

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後

タイムは自分の時計でネット101分ぐらい

すぐに完走証が出ないのは至極残念!!ここは改善して欲しいところです!

アクエリアスを受け取る。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後

僕の陣地からの写真。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後

豚汁の配給に並ぶ。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後

ここの豚汁、特別野菜と肉の具が多く、凄く美味しかった!!(^o^)

オレンジが食べ放題!めちゃうま!!10個は食べた!!サンキスト最高!(^o^)

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後

表彰式始まる。

1周男子壮年の部。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

1周女子一般の部。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

1周女子壮年の部。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

ハーフ男子一般の部。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

ハーフ男子壮年の部。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

ハーフ女子一般の部。

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

優勝者山口遥はなんと8連覇!!!おめでとう!!(^o^)

第38回スポニチ山中湖ロードレースゴール後表彰式

速報掲示板。

第38回スポニチ山中湖ロードレース速報版

帰路に着きます。最後ののぼりを走っている選手がいます。

第38回スポニチ山中湖ロードレース

湖畔の道路に出ると、1周コースの最終走者がいました。

第38回スポニチ山中湖ロードレース

6)参加賞Tシャツデザイン

参加賞Tシャツのデザイン。前。C3fitといのはランニング用靴下のメーカー。

第38回スポニチ山中湖ロードレース参加賞

後ろ。なかなかいいです。

第38回スポニチ山中湖ロードレース参加賞

今回からはいたランニングパンツ。

ランニングパンツ

以前の青いのは105gに対してこれは75g。

しかもインナー入りなので、中のパンツが要らない。これはいい!!(^_^)v

 

<まとめ>

総じて大変楽しめました!!(^^)/

やはりこの時期は少しでも涼しいところで走りたいので、標高1,000mのここはおあつらえ向き!標高0mの場所と比較して、計算上7度低いはずだが、そこまでは低くなかったようだ。

また、空気は10%薄く90%とのこと。

これ、どれぐらいの影響があるのだろうか!?よく分からない。

天気に恵まれたこともあるが、景色と空気がいいというのは素晴らしいこと!!

毎年出場している人がたくさんいるのが分かります!

地元のボランティアの方たちの働きと声がけも素晴らしかった!!

改善して欲しいところは本文の中で書きましたが、最も重要なのは完走証の当日配布

今では大多数の大会でそれを行っているので、当日に正式タイムも順位も分からないというのはモヤモヤしたものが残ります。

 

また来年も出場しよう!!(^_^)v

 

P.S.

大会5日後の6月1日にはホームページ上で結果が発表されていた。

それによると僕はのタイムは1時間41分22秒(グロス)

ハーフ壮年男子の部で1645人中107位

上位6.5%だから僕にしては良いように見えるが、これはあくまで50歳以上というくくり。

55歳の僕はかなりの若手だからね!!(笑)

 

さらにP.S.

大会17日後の6月13日に、完走証ハガキが送られてきた。

山中湖ロードレース完走証

これでようやく結果詳細が分かった!!

ネットタイムが1時間40分47秒

「50代以上」の順位が107位(1645人中)

「男子50歳代」の順位が96位(1198人中)

気温24.9度、湿度48%、風速0m(午前8時現在)

こんなに暑かったのなら、このタイムでも仕方ない!

湿度が低いから涼しく感じたのだろう!(^^)/

 

参考:

山中湖ロードレースホームページ

結果:http://www.yamanakako-roadrace.com/result.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第42回富士裾野高原マラソンの感想、評価(2018年5月13日体験記)

第42回富士裾野高原マラソン、会場到着

2018年5月13日(日)、第42回富士裾野高原マラソン大会のハーフマラソンに出場しました。

天候は途中から雨が降ってきたものの、15度と涼しく良い環境でしたが、やはり高低差220mというアップダウンの激しいコースが厳しかった!

最初の5キロはほとんど登りで、その後も断続的にアップダウンが続き、最後の5キロはほとんど下りという、登りと下りの両方の能力が試されるコースと言って良いでしょう。

運営は非常に良く、特に給水所が多いのには驚きました。

富士山は早朝には綺麗に見えていましたが、スタートする頃からは見えなくなり残念でした。

僕としてはタイムこそ良くありませんでしたが、この時期にしては珍しいほどの涼しさの中で走れて気持ち良かったし、良いアップダウンの練習になりました!

それでは順を追って解説します。

1)事前郵送物

大会当日約2週間前の4月27日に次のハガキが送られてきました。

第42回富士裾野高原マラソン、事前郵送物

事前発送の方が嬉しいのですが、これはこれで必要項目がしっかり書かれています。

特に「交通の御案内」は必須ですからね。

2)裾野市陸上競技場会場到着まで

会場は静岡県裾野市の陸上競技場

僕は三島駅からの臨時バスに乗ります。片道720円、往復1440円です。

50分かかるので、有料なのはしょうがないか。。

7時頃行くと、三島駅南口正面に、登りを持った人が立っています。

第42回富士裾野高原マラソン、三島駅

第42回富士裾野高原マラソン、三島駅

1本目のシャトルバスは7時30分からとのことでしたが、ありがたいことに7時20分に出発しました。

第42回富士裾野高原マラソン、三島駅

バスの中から雄大な富士山が見えます!

第42回富士裾野高原マラソン、富士山

分厚い雲があったので、心配でしたが見えて良かった!!

このバスで会場に到着しました。

第42回富士裾野高原マラソン、会場到着

3)会場到着からハーフマラソンスタートまで

さすが名前が「裾野市」。見事な富士山です!(^o^)

第42回富士裾野高原マラソン、会場到着

受付窓口が並んでいて、これまた壮観です(笑)

僕はハーフ50~59歳の部。

第42回富士裾野高原マラソン、会場受付

受付を済ませて歩いて行くと競技場前に出店が沢山並んでいます。

第42回富士裾野高原マラソン、出店

逆から見たところ。

第42回富士裾野高原マラソン、会場

受付でもらったゼッケン。2枚あって1枚に計測用リグがついています。

第42回富士裾野高原マラソン、ゼッケン

最近は正面だけに付ける場合が多く、後ろにも付けるのは少し面倒。

ただ、前を走っている人がどういう人か確認できる面では少し役立ちます。

今回もゼッケン番号を覚えて、後でどういう人かと最終的なタイムを確認しようと思っています(笑)

参加賞Tシャツ。デザインいいですね~!!42回と日付がしっかり書かれています。

第42回富士裾野高原マラソン、参加賞Tシャツ

プログラム。ここに年代別の出場者のリストが出ていて、エントリー数も分かります。

第42回富士裾野高原マラソン、プラグラム

招待選手紹介のページ。

第42回富士裾野高原マラソン、プログラム

1人は小林祐梨子さん(1500m日本記録保持者)、もう1人は永田幸栄さん(裾野市出身)。

裾野市陸上競技場の正面玄関。

第42回富士裾野高原マラソン、裾野陸上競技場

競技場のスタンドが自由に利用できて、多くの人がここで着替えています。

第42回富士裾野高原マラソン、陸上競技場

僕は雨風がしのげる競技場の軒下に陣地を構えました。(^_^)v手前の青いシートです。

第42回富士裾野高原マラソン

会場の奥の方。

第42回富士裾野高原マラソン

荷物預かり所があります。

第42回富士裾野高原マラソン、荷物置き場

係員に貴重品をどこに預けたら良いか訪ねたら、荷物預かり所を案内されました。

普段だったら最低点のお金しか持ってきませんが、今回は大阪出張の帰りだったため、フルな財布があります。ここに預けるのはかなり不安でしたが、仕方がありません。

開会式までのアトラクションの太鼓ショー。力強いです!!

第42回富士裾野高原マラソン、太鼓演舞

9時から開会式が始まりました。

第42回富士裾野高原マラソン、開会式

普通は選手がフィールドに入って、役員はスタンドを背にして話すものですが、今回は逆です。選手に労力を使わせないという配慮でしょう。

スタンドから見るとこんな感じ。

第42回富士裾野高原マラソン、開会式

自衛隊が豚汁を作ってくれています!

第42回富士裾野高原マラソン、会場到着

コース図。

第42回富士裾野高原マラソン、コース図

9時半ぐらいになると、多くの人が練習をしています。

第42回富士裾野高原マラソン、会場到着

僕は走るのは少し。ただし入念にストレッチを行います。

スタート20分前の9時40分に整列。

 

第42回富士裾野高原マラソン、スタート整列

目標タイムごとに分かれています。僕は1時間20~40分の場所。

第42回富士裾野高原マラソン、ハーフスタート

ある人が他の人に「なんで前の方で横入りするんだ!」と怒っていた。

マラソンスタートの整列でよくあることだが、そもそも横入りしなくては入れない場合が多い。決められたブロックの後ろ側にスペースがあれば良いがない場合はどこかに入るしかないのだ。後ろが詰まっている場合は、詰まっていない前の方に入るしかない。

今回がまさにそれ。

主催者はブロックのスペースに余裕を持たせる必要があるし、ランナーはそういった実情を考えなくてはならない。

スタート10分前の自撮り!頑張るぞ!

 

第42回富士裾野高原マラソン、スタート

競技場スタートは気持ちいい!(^_^)v

第42回富士裾野高原マラソン、自撮り

男性ナビゲーターと女性ゲストが盛り上げています。

第42回富士裾野高原マラソン、スタート地点

4)スタートからゴールまで

10時にスターーート!!!

スタート直後。

第42回富士裾野高原マラソン、スタート

競技場半周後。

第42回富士裾野高原マラソン、スタート

スタート2分後。

第42回富士裾野高原マラソン

太鼓チームの応援。

第42回富士裾野高原マラソン

スタート5分後。最初の5キロはずっと登りです。

第42回富士裾野高原マラソン

スタート10分後。トラックの荷台から太鼓の応援!(^_^)

第42回富士裾野高原マラソン、太鼓応援

スタート12分後。

第42回富士裾野高原マラソン

給水所。凄く頻繁にあって助かります。きっと暑いことも想定してのことでしょう。

第42回富士裾野高原マラソン、給水所

しかし今日は気温15度と久しぶりに快適!僕としては3月以来。

第42回富士裾野高原マラソン