士別ハーフマラソン体験談(第31回2017年7月23日in北海道)

第31回士別ハーフマラソンに参加しました。

一言でいって、大変素晴らしい大会でした!!

今まで出場したハーフマラソンの中で最も楽しめたといって良いです!

1)羽田空港から旭川空港への出発編

事前に送付された郵便物。

「士別ハーフマラソン大会」案内冊子とゼッケンなどが入っていました。

案内冊子にはゲストの増田明美さんと土佐礼子さん、そして招待選手20名、全出場者の氏名が掲載されています。

もちろん僕の名前も出ており、いやがおうにもテンション上がります!!

僕は「一般の部ハーフマラソン51~60歳 男子」

日本陸上競技連盟公認ハーフマラソンコースというところも魅力の1つ!

参加費はハーフマラソン一般で4,500円ですから、非常にリーズナブル!

というより、特典を考えれば安い!!

大会の前日の7月22日(土)羽田発11:15AirDo 旭川行きに搭乗!

旭川行きは便数が少ないし、観光シーズンということもあってあまり格安航空券はなし。(^_^;)

2万1千円ぐらいかかりました。

旭川空港に降りる直前の景色。

スポンサーリンク




2)旭川到着編

旭川空港に着陸しました!

旭川空港内は大いに賑わっていました。

空港で予約してあったレンタカーを借りました。

ニッポンレンタカーから日産ノートe-powerです。

そしてお腹が空いたので、早速あさひかわラーメン村へ。

全く下調べしていなかったので、どこに行けば良いかわからず、とりあえず1周しました。

やはり流行っていそうな店に行きたいもの。

行列が出来ている「梅光軒」を見てみると、「あさひかわラーメン大賞」の

表彰状が出ていた。

ここに決定!

待ち時間の間、観光バスが横付けされて、中国人がぞろぞろ出てきて、

店を物色していた。

「梅光軒」の待ち時間は5分ほどで済んだ。

普通の味噌ラーメン(780円)を食べたが、予想以上に美味かったーーー!!!(^o^)

もやしやネギが凄くたくさん入っており、これがまた味噌に合う!

メンマがぶっとくて、食べ応えあり!!

スープにコクがあるので、僕としては珍しくスープもたくさん飲みました。

ちなみにぎょうざも注文したけど、にんにくが利いていて美味しかったよ!

「梅光軒」のメニュー。

満腹!満足の腹ごしらえができたので、旭川から一路北上して士別へ!!

広大な道北の景色が心地よい!!

まさに北海道らしい北海道!!(^^)/

3)士別到着編

士別に到着!

そして宿泊場所であり、士別ハーフマラソンの開会式・レセプション開催場所である

士別グランドホテルに到着!!

うん?これが?・・・・・・・。(^_^;)

多分、隣の建物がなくなり、むき出しになった結果だろう。。。

でも表側に回ると嬉しい看板が!!(^_^)v

さらにポスターも貼ってある!

やはし普通の市民マラソンのどれではない。

どう見てもアスリートのガチンコレースの写真!(^_^;)

士別グランドホテル前の駐車場に止めたところで、いきなり増田明美さんに会う!!

テンション上がりまくり!

僕の熱い視線に気がついて挨拶してくれた!!

増田明美さんは僕が大学の陸上部だった頃に、勝手にライバル視していた人。

ホントに僕の勝手な話。。。

増田さんは次々の日本記録を樹立している時期で、僕は増田さんの1年上だが、タイムが僕と同じぐらいだった。

ただ、途中から完全に引き離されたのだが・・・・。

チェックインした後、増田さんが歩いていった方向に歩いて行くと、

「溝畑宏講演会」の看板が。

この会場は士別グランドホテルの道を挟んで向かいにある。

無料で自由に参加できるとのことだったのだ、参加しました。

前の席では、増田明美さんとそのダンナさんが座っていました。

溝畑宏さんは、元観光庁長官、そして元大分トリニータ社長で、テレビなどでもよく取り上げられている有名な方。

現在は大阪観光局長。

めちゃめちゃ話が面白かったです!!

タイトルは「『広域連携』によるスポーツ観光振興で北海道を元気に!」

という真面目なものでしたが、本当におもしろおかしく話していただきました。

明日の本番のために、17時30分頃講演を途中で切り上げ、ホテルの食堂でお食事!

既にほとんどの席が予約席で、「富士通様」「旭化成様」など実業団の名前が机に置かれていました。

士別はサフォークという種類の羊肉が名物なので、ラム肉カレーを注文!

それが由来でこの大会の正式名称が「サフォークランド士別ハーフマラソン大会」

といいます。

肉は凄く軟らかかったが、肉のみで食べたら少し臭みを感じた。

小さい頃からジンギスカンを食べていたので羊肉に抵抗はないが、

塩こしょうだけの味付けのためなのか、ほんの少し違和感があった。。

でもカレーは美味しかったです!!

ラム肉もカレーと一緒に食べれば、美味しかった!!(^_^)v

ゼッケンを付けてますますワクワクします!!

4)開会式・歓迎レセプション編

そして18時30分から開会式・レセプションが始まりました!

なんと、丸テーブルに僕の名前が書かれた札が置かれていました!

こんな本格的なものとは!

うれしい!!(^o^)

式の途中で、招待選手15名が入場して拍手の中、壇上に上がりました。

元祖山の神の今井正人選手、リオオリンピック3000m障害代表の塩尻和也選手、

同じくリオオリンピック女子代表の高見沢安珠選手などがいます。

あわてて撮ったので、写真がぶれて失敗しました!(>_<)

カメラマンとして反省!!

牧野士別市長や順天堂大学顧問の沢木さんなどが挨拶。

そして、増田明美さんと土佐礼子さんも挨拶。

乾杯の後、バイキング形式の懇談会に移った。

増田さんが一生懸命周りにお酌しているところを、

無理いって一緒に写真を撮って頂きました!

増田さんは同じテーブルだけでなくほとんどのテーブルを回ってお酌していたので、忙しい中、迷惑だったはずですが気さくに応じてくれてました!

感謝!!m(_ _)m

素敵な笑顔だ!!

三十数年前の現役の頃のあの「ストイックの象徴」のような雰囲気と全く違う!

本当に良い年の取り方!!

隔世の感がある!!

増田明美さんは、1998年から「士別ふるさと大使」に任命されています。

レセプションの途中では、役員や監督だけでなく、大会の出場者までみんなに紹介された!

僕も「神奈川からお越しの芳川充さん」とアナウンスされ、立ち上がってみんなに深々と礼!

大きな拍手をもらい照れくさいがうれしかった!!!(^o^)

まさかのまさかです!

また、隣に座っていた地元士別からの出場者とも仲良くなり、

マラソン談義、士別談義に花が咲いた!

マラソンの醍醐味はこのように地元の人と交流も持てることも大きい!

お互いの健闘を誓い合った!!(^_^)v

レセプションが終わった後、少し夜の町、士別の歓楽街に繰り出した。

町の大きさから考えると、意外と広い歓楽街だったし、

一番驚いたのが、スナックが多いことだ。

飲食店よりはるかに多い。

これはやはりマラソンの合宿地や観光地としてそれなりに反映している証だろう。

ただし、ほとんど人が歩いていなかったが・・・。

5)士別ハーフマラソン当日編

さて、いよいよレース当日!

朝6時頃に起きて散歩した。

近くの体育館(この裏が会場)ではラジオ体操をやっていた。

非常に懐かしい思いがした。

士別は「合宿の里」

この写真に出ているような実業団や大学が合宿しているんですね。

そしてその裏側の大会会場。

まだ朝早いので、人はまばら。

あこがれの表彰式会場。

僕もいずれは、、、と思うが、今回は無理。(T_T)

会場入り口。

スタート地点の直線。

広くて素晴らしい!!

なぜかマンホールのフタもパシャリ!

一部にマンホールブームとも。。。。

直線平坦コースにワクワク!!

左が士別グランドホテル、

右は昨日溝畑さんの講演があった場所。

ホテルのロビー。

土産物の中では、名寄産のヒマワリ油に惹かれた。。。

スタート1時間30分前の8時頃、会場入り!!

ちなみにホテルから会場まで徒歩3分!(笑)

スタート横断幕が設置されており、テンション上がります!

コース1周10キロを約2周。

すべて舗装されているし、比較的平坦で鋭角的なカーブがない。

凄く走りやすい素晴らしいコース!!

休憩テント内で自撮り!

赤すぎですね。(^_^;)

燃えてます!(笑)

出店が並んでいます。

会場本部テント前では、写真撮影が始まりました。

赤い服の方が牧野士別市長

黄緑色の方が増田明美さん

黒い服の女性が昨夜のレセプションと今日の開会の司会を務められた方。

白い服で撮影している方が、昨日講演を行った溝畑さん

白い服の男性が溝畑さん

黒い服の女性が土佐礼子さん

青い服の男性が増田明美さんの旦那さん

ゼッケンには「増田明美の夫」と書かれています!(笑)

僕も記念撮影していただきました!!(^^)/

増田明美さんとは昨日に続き。。。

感謝!!

面白トークショーが行われました!

いよいよスタート15分前!!

なお、スタート10分前までに点呼が必要です!

点呼場所は本部会場から100mほど離れたスタート場所近く。

「もしこれを忘れたらここまで来て走れないのかな?」と不安になりました。(^_^;)

ともかく万事OKで、スタンバイ!!

6)士別ハーフマラソン、レース編!!

【レース体験記】

さて、ここからが実際に士別ハーフマラソンを走った体験記です。

過去4年のデータでは、いずれも気温25.5-26.0℃、湿度55-73%と、

北海道らしくない気象条件。

僕の住む茅ヶ崎で走ってもそう大きくは変わらないような・・・。(^_^;)

だから今回も期待してなかったが、

スタート時点の気温は24℃

少しはマシかな~~、という程度。

招待選手が並ぶスタート地点まで30m程度の場所からスタートできるので、良かった。

心づもりとしては、暑いことは間違いないので、前半は大きく抑えて走ること。

そして、僕がよく犯してしまう最後の5キロのつぶれを起こさないこと。

タイムは20℃程度なら1時間40分を目指したいが、今日の環境では1時間50分以内が目安。

コースは1周約10キロを2周。

スタート!!

意識してゆっくりペース。

ちょっと懸念していた左足の違和感もなく順調。

コース一番の上り坂の2-3キロも難なくクリア。ここはだらだらと20m登る区間。

それ以後はほとんどやや下りか平坦のどちらか。

しかもすべて舗装されており、道幅も広い。

めちゃめちゃ走りやすいコースといえる!!

1周が終わって会場前に戻って来たときには、

今までにないぐらい体がラク!

それだけペースを抑えて走ったにも関わらずタイムは1キロ4分40秒平均ぐらいで、僕としてはかなり良い。

大きな要因として、給水の充実が挙げられる。

10キロの間に3回の給水があり、手前がスポーツ飲料、奥が水と決まっている。

僕はもっぱら水を取ったが、大きなコップにキンキンに冷えた水がたくさん入っている

だから、最初に飲んでから、頭や首にかけるとめちゃくちゃ気持ちいい!!

かぶりごたえアリ!!

生き返る!!(^^)/

さらに他に3カ所ぐらいで、ホースで水まきしてくれる人がいて、

時には頭からかけてくれる!

沿道の応援も多くて力になる!!

運営も素晴らしいが、地元の人のもてなしも素晴らしい!!

ただし、順調だった1週目が終わって2週目に入ってからは体が動かなくなってきた。

例の周回序盤の上り坂が1週目と同じとは思えないほどきつく感じられ、ペースは大幅ダウン!

1キロ5分10秒ぐらいかかった。

その後の緩い下り坂でもあまりペースは回復せず。

2週目では、10キロ出場の実業団の選手が凄い勢いで抜いていく。

これはしょうがない。

激しい争いを演じているのを見ると、むしろ凄い刺激になる!

結局1キロ5分16秒かかる区間があるなど、後半落ちた。

それは当然だ。

ゴール時の気温は29℃だったとのこと!

それでも山や畑から吹いてきた風が涼しく感じられたこともあり、

大きな体のダメージにはならなかった。

最後の5キロはきつかったが、最後の1キロはラストスパートをかけられる力が残っていた。

最後の1キロは4分50秒ぐらい。

結果、トータルタイム1時間44分ぐらい。

この条件で1キロ5分平均を切ったのは良かった!!

嬉しい!!(^_^)v

ここから最終結果発表について

特典として、次の日曜日(7月30日)に道新スポーツに全出場者の記録が掲載されます。

僕は神奈川に帰っているので、入手できず。

ただ7月31日(月)にはホームページ(http://shibetsu-half.jp/)に掲載されました。

僕の検索結果は下記。

グロスタイム1:44:05

順位は51~60歳男子の部で133人中26位

上から2割に入っているのでまあまあだが、やはりこのレースのレベルの高さを感じる。

20km地点での制限時間が2時間20分の大会なので、ハーフマラソンでは遅くとも2時間30分で走れる者でなくてはならない。これはかなり厳しい方だろう。

その走力のない人は出場していないはずなので、当然全体のレベルが高いといえる。

僕の51~60歳男子の部の優勝者は1:28:32、10位が1:38:46なので、やはり暑さの影響を大きく受けているのがわかる。

また、別ページには第19回から今回の31回までの成績上位者(各部10位まで)が載っています。

7)士別ハーフマラソン、完走後のもてなし編!!

ヘトヘトになって会場の給水所へ!!

ここでもまた素晴らしい対応が待っていた!!

飲み物は水、スポーツ飲料、麦茶の3種類があり、

どれも氷入りのキンキンに冷えた飲料が振る舞われる!!

中には氷が山盛りのコップも!!(^o^)

僕はもっぱら麦茶派!!

ここでの麦茶、死ぬほど美味い~~~~~!!

結局10杯ぐらい飲んだか。。。。(^_^;)

普通なら胃を壊しそうだが、体が欲しているのだから、問題なし!!(^_^)v

最高!!!

少し我に返って、ゴールしている人を撮影。

お互いお疲れ様!!

また、昨日のレセプションで隣だった方とはスタート前に健闘を誓い合い、

そしてゴール後には健闘を称え合った!

お互い、真夏らしい暑さの中、しっかりと完走できた!!

彼は他の仲間とビールを飲んでいた!これ最高ですね!!

レースチップを係員に渡して、だいぶ落ち着いてから参加賞受け取り。

地元産ミニトマトや、カップ麺、インスタント麺など。

出店では、ラム肉や焼き鳥をはじめ、アイスクリーム、ビールなどもあり。

僕はこれから札幌まで車で運転しなくてはならないので、ビールは飲めない。(T_T)

サフォークラムのシシカバブーには長蛇の列が。。

しかも並ぼうとすると「もうここで終了です!」と。(^_^;)

士別やきとり、大好き!!

もも串と、とりもつ串がある。

とりもつ串には1本にレバーやハツに加え、キンカンが入っている。

これはニワトリが卵を産む前のお腹の中の卵。

北海道ではよく食べられるが、関東ではめったにお目にかかれない。

士別やきとりは内容的には「美唄やきとり」と同じでは?

栄えある表彰式。

参加賞。

日清がスポンサーなのだろう。

こちらも参加賞。

ティーシャツと靴下。

すごく質の良いものなので、嬉しい!!

帰りに士別グランドホテル前で撮影を行っていた。

優勝者ではないと思う。

そういえば今回、なんと福士加代子が一般参加で出場していた。

順位は4位。

まだ飲み足りなくて、炭酸入りなのに100%果汁という贅沢な飲み物。

美味い!!

同様のものでリンゴもあった。

これ、北海道だけかもしれない!!

8)士別の想い出編

士別ってどんなところ?

郊外はこんな感じ。

士別から旭川に通じる高速道路から撮影!

のどか~~~!

夏~~~!

空が広い~~~!

空気が美味しい~~~!

サイコウ~~~!(^^)/

素晴らしい体験、素晴らしい想い出をありがとう!!

また来年必ず帰ってきます!!

スポンサーリンク




コメント

  1. ハミィー より:

    充さん、
    体験談!とっても楽しく拝見させていただきました(^_^)/
    まるで自分が走っていたかのような感じです。
    北海道はやっぱり最高でしょ!!
    来年も楽しんでくださいね。ハミィーより

    • 芳川充 より:

      ハミィーさん、
      早速コメントをいただきありがとうございます!
      お陰様で北海道旅行は全てが最高でした!
      またお会いできるのを楽しみにしています。(^^)

  2. サトケン より:

    芳川さん、面白い~⤴️
    一気に読破させて戴きました‼️

    • 芳川充 より:

      佐藤先生、ありがとうございます!
      大変嬉しいです!
      来年は一緒に楽しみましょう!(^_-)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。